<   2012年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2012年 08月 29日
旧智頭小学校板井原分校
鳥取県智頭町の近代建築その7

智頭町中心部から北東方向、赤波川に沿った細い山道を進んで程なく、小さな集落に行き着きます。
平家の落人伝説が伝わるこの智頭町板井原地区には江戸期から昭和中期までに建てられた古い民家が幾つも残されており、古き時代の山村集落の姿を留める貴重な文化遺産として知られます。
この集落の中央部、向山神社の隣に1棟の小さな木造建物が建っています。この建物は、旧智頭小学校板井原分校の校舎として半世紀に亘って使われていました。築年については諸説ありますが、昭和初期のものと思われます。
f0116479_15131447.jpg

林業や養蚕業が栄え、かつては100棟以上の建物が並んだこの集落も、産業の衰退と交通網の発達によって昭和後期から急速に過疎化が進行し、現在は高齢者を主とした20人程にまで人口が減少しています。
唯一置かれていたこの分校も生徒数の減少により今から20年程前に廃止され、その後は地区の公民館として今日まで使われています。
f0116479_15341828.jpg

f0116479_15135589.jpg
f0116479_2221425.jpg

木造2階建て、下見板貼り。上部を漆喰壁で仕上げ、切妻屋根には鉄板瓦を葺きます。
簡素・素朴な建物で、装飾表現らしきものは殆どありません。大きな引戸が並び、軒が張り出す正面側の意匠は一見すると民家や商家のような印象を受けます。
f0116479_1514338.jpg

礎石を積んだ一段高い基礎の上に、斜面を背負う形で建てられています。
西の側面に小さな入口を設け、片廊下の南面に教室を配置。東側面の張出部に手洗いを構えます。
f0116479_21473100.jpg

f0116479_1533554.jpg

f0116479_15351128.jpg

下見板の壁面。南面に引戸が並びます。文化遺産オンラインに拠ると、「広く間口を開放できる構造とし,舞台を兼用している」とありますので、公民館になった後の改修とも思えます。
f0116479_15355845.jpg

f0116479_15361030.jpg

冬季には豪雪に埋もれ、近年まで自動車の乗り入れも叶わなかった秘境とも言えるこの板井原は、村落全体が古き時代の山村集落の姿を留める貴重な歴史遺産となっています。
この集落の中心部に位置する旧分校の校舎は、地域の景観に資する需要な建物として有形登録文化財に認定されています。
f0116479_15364471.jpg


by sunshine-works | 2012-08-29 22:11 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 25日
旧坂出高等商業学校本館
香川県坂出市の近代建築その6

坂出駅の西側、商業地区の裏手に木造2階建ての旧校舎が残されています。
坂出市郷土資料館として使われているこの建物は、大正年8年に坂出高等商業学校の本館として建てられました。
f0116479_1027222.jpg

木造2階建て下見板貼り、中央に車寄せ庇を張出し、左右シンメトリーに棟を配置、中央屋根に三角破風を飾り、日本瓦で葺かれた屋根にはドーマー屋根と小さな塔屋を乗せています。
大正中期の学校建築の特徴が良く現わされており、県内では翌年に建てられた粟島航海学校本館と並ぶ大正期の校舎建築の現存例となります。
f0116479_10282539.jpg

f0116479_10294449.jpg

f0116479_10302244.jpg

f0116479_10305855.jpg

西讃の拠点都市だった坂出には、明治34年に県内2番目となる商業学校が開かれていました。この時設置された香川県立商業学校は、その後市立高松商業学校と統合される事となり、代わって大正3年に設立されたのが坂出商業学校の前身となる綾歌郡立商業学校でした。
この校舎は同校が県立坂出商業学校へと改編される際に建てられたものとなります。
f0116479_1034752.jpg

f0116479_10351740.jpg

明治期の学校建築に特徴的な豪奢な装飾を施した重厚な意匠も、この時期になるとモダンで洗練された校舎へと変わっていきます。この坂出商業学校校舎に見られる1階と2階の窓の配置に連続性を持たせ、垂直方向のラインを強調する手法は、学校や庁舎等の木造建物に数多く使われます。
f0116479_111238100.jpg
f0116479_11122017.jpg
f0116479_1112435.jpg

f0116479_11125184.jpg

正面玄関とその周辺部の詳細です。
f0116479_11203832.jpg

f0116479_1121454.jpg

f0116479_11194070.jpg

f0116479_1121178.jpg

f0116479_1122062.jpg

下見板貼の外壁。合わせ目に段差が無いドイツ下見板です。
f0116479_11284059.jpg

f0116479_1129253.jpg

f0116479_11291714.jpg

側面と裏側にも小さな入口が設けられています。
f0116479_11334777.jpg

f0116479_1133415.jpg

坂出高等商業学校は戦後に県立坂出商業高校として引き継がれ、前身の綾歌商業学校から数えると約100年に及ぶ長い歴史を持つ商業学校として今日に至ります。
60年に渡って商業学校の学舎として使われたこの建物は、商業の拠点として栄えた坂出を象徴する貴重な歴史遺産となっています。
f0116479_11351520.jpg


by sunshine-works | 2012-08-25 17:57 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 21日
旧倉敷幼稚園舎
岡山県倉敷市の近代建築その2

白壁の蔵が並ぶ倉敷の美観地区の南東、市庁舎の一角に現在資料館として使われている古い木造建物が建っています。この建物は旧倉敷幼稚園舎として大正4年に建てられ、昭和51年まで使われていました。設計は県内で多くの学校建築を手掛けた江川三郎八とされています。
f0116479_19321550.jpg

元々の園舎はここから1キロほど北の倉敷市の中心部に建てられていました。当初、取り壊される予定だったこの園舎については保存を求める声が強く、一旦解体された後の昭和56年に当地へ移築されています。(移築に際しては建物の一部が省かれ、左右両翼が短縮されています)
f0116479_1931876.jpg

f0116479_1933115.jpg

玄関の両脇に応接室と保育室を並べ、その奥に八角形の遊戯室を設けます。八角形の遊戯室は、同じく江川三郎八の作となる岡山旭東幼稚園舎や同時期に県内数箇所に建てられた幼稚園に見られ、他県ではあまり見かけない独特のものです。また、この園舎の八角屋根は中央に支柱を持たず、壁と屋根組で支える工法が採り入れられています。
詳細はこちらをご覧ください。
f0116479_19335942.jpg

f0116479_19424254.jpg
f0116479_19345295.jpg

大きなアーチで飾られた正面玄関。これ以外にも随所に江川三郎八の作品に共通する建築意匠が見て取れます。
f0116479_19342183.jpg

f0116479_19352229.jpg

f0116479_19354611.jpg

開放式の廊下から館内を伺います。
明治41年に建てられた岡山旭東幼稚園は遊戯室を中心に4方向に棟が繋がるユニークな形状でしたが、7年後に建てられたこの園舎は至ってシンプル且つオーソドックスな構造です。
敷地効率や使い勝手に配慮してこの配列へ進化していったようです。
f0116479_19433356.jpg

f0116479_19435428.jpg
f0116479_19442083.jpg

遊戯室の側面です。向って右が玄関側、その裏手に遊戯室が繋がります。
f0116479_12485477.jpg
f0116479_20285054.jpg
f0116479_1250275.jpg

f0116479_19484866.jpg
f0116479_1947737.jpg

遊戯室の背部です。
f0116479_12501514.jpg

f0116479_12493868.jpg

f0116479_19475521.jpg

義務教育機関だった小学校に比べると、戦前に設置された幼稚園の数は少なく、その現存例となるとさらに限られたものとなります。
これらの中でもこの旧倉敷幼稚園舎の優れた機能性と豊かな装飾表現は、学校建築史の上で極めて貴重で価値の高いものとして平成12年に有形登録文化財の指定を受けています。
f0116479_12531854.jpg


by sunshine-works | 2012-08-21 20:22 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 17日
倉敷西中学校校舎
岡山県倉敷市の近代建築その1


倉敷駅の北西、静かな住宅地の一角に倉敷市立西中学校の校舎が並んでいます。同校では前身の倉敷実業学校時代に建てられた木造校舎や体育館、特別教室棟、図書室棟等の多くの建物が現在も使われています。昭和12年築。
f0116479_20255343.jpg

昭和12年に倉敷実業学校と倉敷高等小学校、倉敷青年学校の3つの学校が同居する校舎として設置されました。このため都市部の学校としては広大な敷地を持っており、同校は現在の倉敷市で最も大きな中学校となっています。また、実業学校時代は農業科が設けられていた事も広い校地を有している理由の一つと思われます。
詳細はこちらをご覧ください。
f0116479_20263612.jpg

f0116479_20264882.jpg

2棟が並ぶ校舎、校庭に面して建つ特別教室棟や体育館、正門等、学校の主要な施設の殆どが当時のまま使われており、その多くは良好に竣工時の姿を留めます。岡山県内に数多く残る木造校舎の中でもこれだけの規模で現存している例は他にありません。
f0116479_2027073.jpg

f0116479_20275037.jpg

築年が昭和12年と戦前の校舎として晩期、立地も都市近郊とあって、全体的に洗練され垢抜けたモダンな意匠です。装飾表現を玄関部分に集め、壁面は付け柱や窓枠で水平・垂直にアクセントを付ける手法は先日紹介した篠山の八上小学校と共通するものがあります。
f0116479_20284384.jpg

f0116479_2365558.jpg

長く突き出した玄関庇。大きなアーチが側面を支えます。
f0116479_20352495.jpg
f0116479_2343837.jpg

f0116479_20361188.jpg

f0116479_20363050.jpg

f0116479_2037963.jpg

f0116479_20372553.jpg

f0116479_20385627.jpg

北側の校舎から順に廻っていきます。
f0116479_20382660.jpg

f0116479_20392087.jpg

中庭を挟んで南側の校舎が並びます。
f0116479_2040199.jpg

f0116479_20404453.jpg

f0116479_20412953.jpg

f0116479_20475015.jpg

補修はされているものと思われますが、各窓には当時と同様な木製の窓枠が保たれています。
f0116479_20472786.jpg
f0116479_20491262.jpg

f0116479_20484761.jpg

f0116479_20481699.jpg

f0116479_20493583.jpg

f0116479_204954100.jpg
f0116479_2050314.jpg

更に進んで校庭側に出ます。左手に見えるのは同時期に建てられた雨天体操場(体育館)です。
f0116479_20515871.jpg

反対側からの眺め。
f0116479_20551435.jpg

f0116479_20561140.jpg

f0116479_20572588.jpg
f0116479_2057727.jpg

体育館の手前には特別教室棟が並びます。
f0116479_2304742.jpg

f0116479_20583520.jpg

この二つの棟を繋ぐ渡り廊下。
f0116479_20593666.jpg

f0116479_20595817.jpg

f0116479_2102335.jpg

f0116479_2105355.jpg

f0116479_2111279.jpg

校庭から眺めた南側の校舎です。
f0116479_2123260.jpg

f0116479_20523458.jpg

f0116479_212832.jpg

f0116479_213432.jpg

f0116479_2132585.jpg

南側には小さな棟が2棟並びます。
f0116479_2142021.jpg
f0116479_2144411.jpg

f0116479_2151478.jpg

f0116479_2154427.jpg

f0116479_22573930.jpg

本校舎と繋ぐ渡り廊下です。
f0116479_217131.jpg

築70年を越える校舎ですが、程良く手入れされ、素晴らしい状態で保たれています。
これだけの規模で現存する戦前の中学校校舎は全国的にも珍しく、数多く残る岡山の木造校舎の中でも昭和初期の学校建築を代表する良例として重要な資料となっています。
f0116479_2173917.jpg


by sunshine-works | 2012-08-17 22:44 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2012年 08月 09日
旧岡山農学校堆肥舎
岡山県岡山市の近代建築その26

岡山市の郊外、備中高松駅の南に岡山県立高松農業高校の広大な敷地が広がります。
この一角に同校の資料館として使われている茅葺屋根の洋風建造物が残されています。
前身となった岡山農学校時代に堆肥舎として建てられました。明治42年築。
f0116479_2054202.jpg

演習農場や温室が並ぶ校舎南側の一角に建てられています。
煉瓦造平屋建、外壁上部を漆喰で仕上げ、茅葺屋根を葺きます。
欧州の農業建物に倣ったものと思われますが、和風要素も入り混じった独特な意匠となっています。
f0116479_2055114.jpg

f0116479_20555291.jpg

f0116479_20565394.jpg

f0116479_20571566.jpg

煉瓦壁はフランス積。2か所に設けたバットレスで支えます。
f0116479_12132336.jpg

美しく整えられた茅葺屋根。上部には小さな破風が付けられています。
f0116479_1294547.jpg

f0116479_1291313.jpg

特殊な用途の建物なので装飾表現は殆どありません。窓枠に虫籠窓と呼ばれる日本建築の様式が使われていますが、これは後年に付け加えられたものです。
f0116479_1248010.jpg

f0116479_12105123.jpg

入口は表と裏に2か所。窓が少ないのは建物用途からと思われます。
f0116479_12101934.jpg

f0116479_12122390.jpg

f0116479_12124586.jpg

f0116479_1213375.jpg

2か所の入口はほぼ同じ造り。こちらは南面。
f0116479_12443170.jpg

建物西側から北側です。
f0116479_1214761.jpg

f0116479_12134616.jpg

農村部の茅葺家屋の多くは、材料である茅の入手難や職人の減少によって急速にその数を減じています。
茅葺屋根をこのように美しく維持していく労苦は並大抵な事ではありません。
f0116479_12451316.jpg

f0116479_12143092.jpg

f0116479_12144311.jpg

各地に旧農学校の建物が現存していますが、この種の施設が残されている例は僅かです。
茅葺屋根を持つ洋風建築として極めて珍しく、資料的価値の高い建物です。
f0116479_1215117.jpg


by sunshine-works | 2012-08-09 20:52 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(2)
2012年 08月 05日
八上小学校校舎
篠山の近代建築その4

篠山の中心市街から篠山川を渡り、京都方面へ進んで程なく、道の右手側に濃茶色の外壁が目を惹く木造建物が見えてきます。
この八上小学校は篠山に唯一残る戦前築の現役木造小学校校舎となります。昭和12年築。
f0116479_20235413.jpg

県道に面して北校舎、南校舎が並びます。北校舎に玄関が設けられている以外は同規模・同規格。二つの校舎は中央の渡り廊下で結ばれます。
木造2階建て、下見板貼、一部モルタル仕上げ。屋根にはセメントの平瓦が葺かれています。
f0116479_20253295.jpg

f0116479_2026077.jpg

f0116479_20281723.jpg

戦前の木造校舎としては晩期となるこの時代の校舎らしく、セセッションやアールヌーボーの流行を取り入れた意匠。
装飾表現を玄関周りに集め、壁面を窓や付柱による水平・垂直ラインで引き立たせます。
f0116479_20294062.jpg

f0116479_20285915.jpg

f0116479_20301259.jpg

f0116479_2215458.jpg

f0116479_22153721.jpg

f0116479_2031845.jpg

f0116479_220405.jpg

黒塗杉材の下見板に押え縁として添えられる白塗りの垂直材。単調な壁面を引き締めています。
f0116479_2215268.jpg

f0116479_222775.jpg

f0116479_2223727.jpg

f0116479_2225366.jpg

f0116479_223308.jpg
f0116479_2242675.jpg

f0116479_225251.jpg

f0116479_225489.jpg

渡り廊下で繋がる南校舎です。
f0116479_22688.jpg

f0116479_2263175.jpg

f0116479_2264872.jpg

渡り廊下から南校舎を眺めます。
f0116479_227252.jpg

f0116479_228387.jpg
f0116479_2274883.jpg

校庭から。ほぼ同じ規格で並ぶ2棟の校舎。
f0116479_22413912.jpg

古い木造校舎については耐震性を巡って、改修・建て替えの2案が問われています。
築70年を超えるこの八上小学校校舎も両案が検討されましたが、最終的には現存校舎の補強で対応可、との判断で兵庫県として初の木造校舎の耐震補強工事が施工される事となりました。
現在補強工事が進むこの八上小学校は、古い木造校舎の行く末を定める重要な事例として、今後注目すべき存在と思えます。
f0116479_2242140.jpg


by sunshine-works | 2012-08-05 18:21 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(1)
2012年 08月 01日
篠山小学校講堂
篠山の近代建築その3

篠山市立篠山小学校は篠山地区で最も古い教育機関として明治5年にその前身が設置され、その後篠山城址に校地を移して篠山小学校として開校します。
現在使われている5棟の木造校舎は昭和30年前後に建てられた築50年を超える古いものですが、講堂の築年は更に古く、昭和10年に建てられたものが今尚使われています。
f0116479_11525520.jpg

広い敷地の南側、5棟の校舎の中程に挟まれる様に建っています。鉄骨木造、外壁はモルタル仕上げリシン搔き落とし。玄関周りを人造石で飾り、切妻屋根と玄関の庇にスパニッシュ瓦を葺きます。各部に意匠を凝らしたモダンな講堂です。
f0116479_11531556.jpg

f0116479_11532778.jpg

f0116479_1158474.jpg

正面の壁面を飾る不思議な数字。この講堂が起工した昭和9年を皇紀で表しています。
f0116479_11581469.jpg

玄関周りです。入口を左右に分けているのは人の流れをスムーズにする配慮でしょうか。中央には同校の校章が描かれています。
f0116479_13125553.jpg

f0116479_13113277.jpg

f0116479_13133232.jpg

f0116479_1312010.jpg
f0116479_13114786.jpg

f0116479_13121524.jpg

側面の景色。腰回りに装飾タイルを巡らせます。
f0116479_13153337.jpg

f0116479_13154391.jpg

f0116479_13155424.jpg

f0116479_1316889.jpg

各校舎を繋ぐ渡り廊下から講堂を眺めます。
f0116479_13193396.jpg

f0116479_131999.jpg

左手に並ぶのが戦後に建てられた木造校舎です。
f0116479_13165621.jpg

校庭からの校舎遠景。
f0116479_1321423.jpg

戦前の小学校に於いて、一定規模の学校には行事や発表の場として講堂が備えられていましたが、戦後は室内運動場としての用途を主とする体育館に置き換わっていきます。
戦前の小学校校舎の現存例は数多くありますが、講堂に限るとその数は少なく、中でも、優れた意匠表現が表現されたこの篠山小学校講堂は、貴重な現存資料として高く評価されるべき存在です。
f0116479_13173416.jpg


by sunshine-works | 2012-08-01 19:57 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)