<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2012年 07月 26日
仁風閣
鳥取県鳥取市の近代建築その7

鳥取城址に広がる久松公園の一角に、西日本を代表する洋風建築が残されています。
明治40年、旧鳥取藩主池田仲博公爵の別邸として建てられ、時の皇太子(後の大正天皇)の山陰行啓に際しては宿泊所として使用されました。
f0116479_12403819.jpg

広大な敷地に建つ白亜の巨大な木造2階建ての建物です。
設計を手掛けたのは、3つの国立博物館や東宮御所の設計で知られ、明治期の日本の近代建築界を代表する片山東熊工学博士。皇室関連施設の設計に数多く携わり、宮廷建築家と称された片山東熊ならではのルネッサンス様式の本格的な洋館建築です。
*各部の意匠や内装についての解説はこちらを参照下さい。
f0116479_12413788.jpg

f0116479_12431824.jpg

f0116479_1243699.jpg

f0116479_12423468.jpg

f0116479_12424511.jpg

池田家の別邸として建てられたとされていますが、これ程巨大な邸宅の起工から完成まで要した期間は僅か8ヶ月、むしろ皇太子の行啓に併せて急遽建てられたものとも思えます。
因みに鳥取初の電灯が灯されたのがこの仁風閣で、道路や町並みも急速に整備される等、皇太子行啓に併せて近代化が進められました。
仁風閣の建設費用だけでも当時の鳥取市の年間予算に等しく、市内のインフラ設備や街区整備を合わせるとその額は更に莫大なものとなりました。
この皇太子行啓は鳥取市の威信を掛けた大イベントだったと思われます。
f0116479_12435246.jpg

f0116479_1244456.jpg

f0116479_12442377.jpg

f0116479_12443773.jpg

f0116479_12444970.jpg

f0116479_12584843.jpg

鳥取城の堀を挟んだ遠方から側面を眺めます。
f0116479_139536.jpg

f0116479_1391533.jpg

f0116479_1393166.jpg

f0116479_1310361.jpg

建物側面から反対側へ廻ります。側面に添えられた八角形の張出部分は階段室になっており、内部には螺旋階段が据えられています。
f0116479_12451846.jpg

f0116479_12453222.jpg

建物南面です。小さな池を配した庭に面してバルコニーが設けられています。
f0116479_12463657.jpg

f0116479_1247253.jpg

f0116479_12472323.jpg

f0116479_12474264.jpg

f0116479_12473354.jpg

館内は一部区画を除いて見学自由。1階から見て行きます。
f0116479_17121356.jpg

f0116479_17112638.jpg

f0116479_17115148.jpg

どの部屋も建具や調度品の多くは当時の状態で保たれています。
壁紙や床張り、天井等の内装材は後年に張り替えていますが、当初の物に準拠した仕様としています。
f0116479_17124274.jpg

f0116479_17132663.jpg

f0116479_17553542.jpg

f0116479_1713886.jpg

裏庭に面したテラス部分です。
f0116479_1815199.jpg

f0116479_1756345.jpg
f0116479_1812435.jpg
f0116479_18123752.jpg
f0116479_18122696.jpg
f0116479_1812183.jpg

f0116479_1813544.jpg

先程外観を眺めた螺旋階段部分。階段は支柱を持たず、一繋がりになった構造自身で支えられます。
f0116479_1813551.jpg

f0116479_181410100.jpg

f0116479_18144143.jpg

f0116479_1816478.jpg

残念ながら、この階段は使用禁止。別の階段で2階へ上がります。
2階の各部屋です。
f0116479_1818140.jpg

f0116479_18181230.jpg

先程のテラスの2階部分。こちらはガラス窓で塞がれた閉鎖式バルコニーです。
f0116479_18184483.jpg

f0116479_1819996.jpg

f0116479_18192095.jpg

f0116479_18193094.jpg

当時の東京や京都の西洋建築を凌ぐ建築意匠、贅を凝らした内外装、城跡や背後の山並みを借景とする素晴らしい景観等々、西日本の邸宅として随一ともいえるこの仁風閣ですが、皇太子の御座所となったのは僅かに数日、その後池田家の別邸として使われた期間も短く、建物の歴史の殆どは、公会堂や科学博物館等の公共の用途に使われました。
昭和47年に県から払い下げを受け、修復、復元を行った後の昭和51年に公開施設として現在に至ります。
四季折々に様々な景色を見せる城跡に映えるこの美しい建物は、鳥取県の近代洋風住宅として唯一の重要文化財に指定されています。
f0116479_18194699.jpg


by sunshine-works | 2012-07-26 21:04 | 近代建築 鳥取県 | Trackback(1) | Comments(2)
2012年 07月 22日
旧佐々木家住宅
鳥取県鳥取市の近代建築その6

鳥取市の中心街の北東、町並みが山に差し掛かる一角に緑豊かな公園が置かれています。
この樗谿公園の向かいに昭和初期に建てられた洋風住宅が残されています。
昭和5年に個人住宅として建てられたこの建物は、戦後暫くを進駐軍の宿舎として、その後は一時期ホテルとして使われました。その後数度変遷を経て、現在はアパートとなっています。
f0116479_170391.jpg

木造モルタル2階建。敷地は植栽や置石で飾られ、モダンな建物に趣を添えます。
f0116479_171896.jpg

f0116479_16375028.jpg

f0116479_1785246.jpg

この建物は戦後に進駐軍宿舎として使用されるに際し増築されています。建物の左側が当初の部分、右手側が増築された部分です。
f0116479_1772864.jpg

f0116479_1644484.jpg

f0116479_16465143.jpg

f0116479_1645774.jpg

アパートとして使われていますが、大半の区画は空室と思われます。使われていない区画は劣化が進んでおり、少々心配な状況です。
f0116479_16442973.jpg

f0116479_16451970.jpg

f0116479_16484791.jpg

こちらは昭和5年に建てられた部分。2階には小さなバルコニーが設けられています。
f0116479_1648722.jpg

f0116479_17102055.jpg

f0116479_1649375.jpg

昭和27年の大火によって中心街の大半が焼失した鳥取市には、戦前築の洋風住宅の現存例は極めて僅かです。
被災を免れたこの建物は貴重な建築遺産として、平成8年に選定された鳥取の建物100選では洋風住宅の二例中の一つに選ばれています。
f0116479_16492882.jpg


by sunshine-works | 2012-07-22 18:28 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2012年 07月 18日
旧堺家住宅洋館(倉の館三角邸)
香川県宇多津町の近代建築

宇多津の中心部に、肥料商として成功を収めた堺家の別邸が残されています。
純和風様式で建てられたこの建物の一角に、急勾配の三角屋根を持つ小さな洋館部分が添えられています。昭和初期に主屋と共に建てられたこの建物は、宇多津町に現存する唯一の戦前築の洋風建築となります。
f0116479_13271554.jpg

丸亀と坂出に挟まれた宇多津は香川県で最も小さな自治体ですが、海に面したこの地には古くから製塩業が栄え、また讃岐の特産品が集まる交易の拠点として発展を遂げました。
肥料の商いで大きな財を得た堺家が昭和の初期に迎賓施設として建てたのが、和風建築の主屋と洋館からなるこの別邸です。
f0116479_13275527.jpg

f0116479_13283884.jpg

f0116479_132919100.jpg

尖った屋根が遠くから良く目立つ洋館。敷地の北側に建てられています。
一階、二階ともに間取りは一部屋づつ。独立した建物では無く、基礎や外壁の一部は主屋に繋がっています。
一階が書斎兼応接室、二階は子供の勉強部屋に充てられていたとの事です。
f0116479_13303116.jpg

f0116479_1329372.jpg

f0116479_13305792.jpg

f0116479_13311455.jpg

外装の一部は近年に改装されています。屋根は当初のスレート葺きから平瓦に変更され、ステンドグラス風の窓が追加されました。屋根瓦については然程の違和感は無いものの、おそらくアクリル製と思われるステンドグラス風窓は質感に乏しく、建物の風合いとも馴染まない、些か残念な結果になっています。
f0116479_13312783.jpg

f0116479_13313459.jpg

建物の高さの三分の一を占める大きな屋根。屋根の先端には避雷針が付けられています。
f0116479_18161075.jpg

f0116479_13352614.jpg

f0116479_1336223.jpg

入母屋造2階建ての主屋。内装、外装共に贅を凝らした造りです。
f0116479_17255648.jpg

f0116479_13415989.jpg

f0116479_1738031.jpg

敷地の外から主屋を眺めます。
f0116479_17291438.jpg

f0116479_17292622.jpg

f0116479_17293965.jpg

住居の一部分を洋館風の造りとする例は、邸宅から個人住宅まで規模の大小を問わず当時広く行われていました。慣れ親しんだ日本家屋を生活の場とし、洋館部分は接待や社交の場とするのが一般的だったようです。
戦後、住宅スタイルが両者が融合した形に進化するにつれてこの手法は廃れ、「日本家屋」や「洋館」といった名称も過去の物となっていきました。
f0116479_13351257.jpg


by sunshine-works | 2012-07-18 20:16 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(2)
2012年 07月 14日
旧後藤医院
香川県坂出市の近代建築その5

前回紹介した木田歯科医院から南へ進んで程なく、赤く塗られた屋根が印象的な洋風建築が見えてきます。この建物も旧医院として建てられ、閉院した後も当時の姿を保ったまま残されています。大正9年築。
f0116479_11323278.jpg

大正9年に内科医院として建てられ、戦後の昭和36年から昭和63年までは産婦人科医院として使われました。その後現在に至るまで医院として使われる事なく、空家となっています。
f0116479_11112767.jpg

f0116479_11114856.jpg

木造モルタル2階建て、大きなマンサード屋根の傾斜面にドーマーを張出します。外壁は平面を基調としたセセッション風の意匠、垂直方向に柱型が添えられ、柱型上部に花弁状のレリーフを飾ります。
華美な装飾はありませんが、広い壁面空間に程良いアクセントが添えられ、個性的な屋根とバランス良く調和します。
f0116479_1113289.jpg

f0116479_11122979.jpg

こちらは南面です。1階が診療室や待合室、2階は病室として使われていました。
f0116479_1114495.jpg

f0116479_11134298.jpg

各窓の中間に添えられた柱型。窓の下にもレリーフが飾られます。
部分的に残る化粧タイルは元々の仕様。現在は一部を残して塗り重ねられています。
f0116479_11155320.jpg

f0116479_11164258.jpg

建物南側の狭い路地からの眺め。当初西側にあった入口は塞がれ、この路地に沿って東に増築した別棟に出入口が移されています。
f0116479_11204519.jpg

f0116479_11205657.jpg

f0116479_11202059.jpg

これまでも香川県に残る古い医院建築を数多く紹介してきましたが、一例を除いて他は全て閉院し空家となっています。
全国的に見ても、都市部に建てられた古い個人医院の多くは廃業と共に放置されたままとなっているのが実状です。地域の近代化を支えたこれらの個性的な医院建築は、やがて朽ち果て、いつの間にか町の風景から消え去っていくのでしょうか。
f0116479_11212142.jpg


by sunshine-works | 2012-07-14 18:05 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(0)
2012年 07月 10日
旧木田歯科医院
香川県坂出市の近代建築その4

坂出駅の北側、商店街の裏手に、かつて歯科医院として建てられた建物が残されています。詳しい築年は不明ですが、昭和初期に建てられたものと思われます。
f0116479_20231763.jpg

商店街の裏筋に位置するこの一帯は、住宅街の中に古くから続く店舗や事業所が点在する、いわゆる住商混合地域として栄えた地区でした。
駅前から続く道沿いに各種施設が揃い、多くの人出で賑わうこの一帯には医療機関が多く開かれました。
f0116479_20235991.jpg

f0116479_20244475.jpg

f0116479_2034043.jpg

f0116479_2026221.jpg

f0116479_2028413.jpg

1階と2階の縦長窓の間に木造モルタル2階建て。
建物左側を僅かに張出しますが、フラットに平面を組み合わせた方形の外壁に陸屋根を乗せ、ぐるりとパラペットを巡らせるます。当時の商業建築や医院建築に良く使われたモダンな意匠です。
f0116479_20252610.jpg

f0116479_20355092.jpg

f0116479_2025314.jpg

f0116479_20254826.jpg

f0116479_20375896.jpg

1階と2階にそれぞれ縦長窓を並べ、その間を緩くアールを描く壁面で繋ぎ、円形のメダリオンを飾ります。
f0116479_2027326.jpg

f0116479_20274328.jpg

f0116479_2028337.jpg

f0116479_20383128.jpg

f0116479_20385580.jpg

建物左手に配置された正面入口。玄関扉は後方斜めに設けられています。
f0116479_20365442.jpg

f0116479_20371472.jpg

f0116479_20373615.jpg

地方都市の中心部に建てられた個人医院の多くは、廃業後に居住区画だけを残して使用される例もあれば、空き家となって放置される事例も数多いようです。地方都市に共通する中心部の空洞化は、このように価値ある医院建築の存続についても大きな影響を及ぼしています。
f0116479_20402922.jpg


by sunshine-works | 2012-07-10 23:14 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(0)
2012年 07月 06日
旧若原眼科医院(清澄家住宅)
岡山県早島町の近代建築その1


旗本領の陣屋を中心に発展した早島町は、町域の中央を縦断する金比羅往来沿いに古い町並みが今尚残り、交易の中継点として栄えた往時の姿を偲ばせます。
この旧道から宇野線早島駅に続く狭い道を進んで行くと、住宅街の一角に古い木造2階建ての洋館が見えてきます。
眼科医院兼住居として明治41年に建てられたこの建物は、早島町に残る唯一の明治期の洋風建築であり、岡山県内では数少ない戦前築の木造医院建築の現存例でもあります。
f0116479_1452750.jpg

資料によると明治41年に眼科医院兼住居として建てられ、昭和4年に歯科医院を併設、昭和26年に眼科医院が廃止された後は平成2年までを歯科医院として開業していたそうです。建てられた当時は現在の建物の他に入院用の病棟が併設されていたとの事で、明治期の地方の単科医院としては本格的な概要を備えていたものと思われます。
f0116479_1443997.jpg

f0116479_145525.jpg

木造下見板貼、寄棟屋根に桟瓦を葺き、屋根の頂部には棟飾りを飾ります。建物正面側は洋風意匠で設え、側面・背面には縁側を備えた純和風の棟を繋ぐ和洋折衷様式。正面側のコの字型に張り出した両翼とその奥の区画が医院と応接室、奥の和室が住居となっています。
f0116479_18321561.jpg

f0116479_1463550.jpg

f0116479_1461360.jpg

f0116479_1494063.jpg

f0116479_1503773.jpg

f0116479_293455.jpg

小さな庇を備えた玄関。引戸式の玄関扉や上げ下げ窓が竣工当時のまま残ります。
f0116479_213438.jpg

f0116479_203360.jpg

f0116479_205084.jpg

f0116479_21595.jpg

裏手に設えられた日本式の庭園。その奥に縁側を備えた和室が繋がります。
f0116479_1543430.jpg

f0116479_154588.jpg

明治に入って各地に広まっていった西洋医学は、それまで対処できなかった様々な疾病を癒し、多くの人々に文明の恩恵をもたらします。
各町に建てられたこのようなモダンな洋館造りの医院は、地域の近代化を象徴する存在として人々に親しまれていきました。
f0116479_222453.jpg


by sunshine-works | 2012-07-06 20:45 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2012年 07月 02日
旧四本萬二邸
篠山の近代建築その2

篠山市郊外にある観光施設「お菓子の里丹波」の広い敷地の一角に、大きな洋風建築物が建っています。
大正7年に四本萬二氏の邸宅として神戸市垂水に建てられたこの建物は、戦後の昭和24年から昭和61年までを垂水警察署の庁舎として使われました。新庁舎の完成に伴い一度解体保存された後当地へ移築され、現在の用途に使われています。設計:宗兵蔵
f0116479_12281472.jpg

広大な芝生広場に建つ木造2階建の巨大な洋館です。
神戸に現存する大規模邸宅の例としては須磨離宮の旧西尾邸がありますが、建てられた年代はどちらもほぼ同じ、共に当時の関西を代表する設計者が手掛け、セッセションを基調とした意匠で建てられている点も共通します。
更に、双方の邸宅共に本来の用途に使われた期間は極僅かで、人手に渡った後は全く異なる使われ方となります。まさに大正バブルを象徴するような建物です。
神戸の経済界が活況を極めていたこの時代に、贅を凝らして建てられた大邸宅の貴重な現存例です。
f0116479_12291149.jpg
f0116479_1229188.jpg
f0116479_12285648.jpg

西側からの眺め。湖面にシルエットを湛える、西洋の古城の様な美しい光景です。
f0116479_12301566.jpg

f0116479_12303080.jpg

南東側に戻ってエントランスの詳細です。
f0116479_12354484.jpg

f0116479_12364295.jpg

f0116479_12361975.jpg

f0116479_12373186.jpg

入口から奥へ。館内にはレストランや各種のショップが並びます。
f0116479_15155081.jpg

f0116479_12403185.jpg

f0116479_1240433.jpg

長く警察庁舎として使われたこの建物は用途に合わせて内装変更を加えていたようです。移築に際しては極力オリジナルに近い姿に復されています。
f0116479_12405259.jpg

レストランを抜けて、湖に面したバルコニーに出ます。
f0116479_1243152.jpg

f0116479_12432771.jpg

f0116479_12435698.jpg

f0116479_12441486.jpg

f0116479_12442454.jpg

f0116479_12444255.jpg

f0116479_12445821.jpg

外側から眺めます。
f0116479_12471545.jpg

f0116479_12484354.jpg
f0116479_12475887.jpg

f0116479_12472539.jpg

f0116479_12473251.jpg

f0116479_12474174.jpg

f0116479_1249818.jpg

f0116479_12491912.jpg

東の住吉・御影と並ぶ邸宅街として知られた神戸西部の須磨や垂水ですが、戦後は多くの邸宅が取り壊され、往時の面影はすっかり薄れてしまいました。都市近郊でこれだけの規模の邸宅を個人が維持する事は相当に難しくなっているようです。
幸いにもこの建物は早い時期に自治体に買い上げられ、その後長きに亘って行き届いた管理が施された上で、適価で民間企業に払い下げられるという、恵まれた条件の下でその命脈を繋ぐ事が出来ました。財源縮小で余裕が無くなっている自治体に期待するのは酷として、この手の建物の再生には民間企業に頼らざるを得ないのが現状のようです。
f0116479_12493344.jpg


by sunshine-works | 2012-07-02 18:48 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)