<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2012年 05月 29日
山陰本線千代川橋梁
鳥取県鳥取市の近代建築その4

鳥取県最大の河川、千代川は県南部の中国山地を発し、鳥取平野を北流した後に鳥取市の中心部で日本海へ注ぎます。
鳥取駅と湖山駅の間でこの千代川を越える山陰本線千代川橋梁は、明治41年の開通当時の姿を留めています。
f0116479_1256650.jpg

千代川の河口近く、約400メートルの広い川幅を渡ります。
22のプレートガーダーが連なるこの千代川橋梁は県内の鉄道橋梁としては最大の橋長を誇ります。
*詳細はこちらをご覧ください。
f0116479_12581058.jpg

f0116479_13234325.jpg

f0116479_1312499.jpg

f0116479_16353573.jpg

千代川を渡るこの地点には、現在2つの橋梁が架けられています。下流側に開業当初のプレートガーダー橋、上流側にトラス橋が並んでいますが、プレートガーダー橋はトラス橋と重なって見えるため、遠方からは一つの橋に見えます。
このうち山陰本線として使われているのは上流側の新橋で、旧橋は車両基地の引込線へ続く路線として使われています。
f0116479_1256525.jpg

f0116479_12572585.jpg

橋脚は当時の標準的な楕円系断面の石積橋脚。昭和6年に桁上げした際に上部をコンクリートで補強されています。
橋脚に渡される22連のプレートガーダーは作35年式と呼ばれる形式で、制定されて間もない新しい規格のものが使われました。
f0116479_13294286.jpg

f0116479_14514358.jpg

f0116479_13475918.jpg

f0116479_13553891.jpg

f0116479_1349338.jpg

f0116479_13555744.jpg

f0116479_1450398.jpg

f0116479_15491123.jpg

プレートガーダーの規格は数種類のものが混在しています。一部は後年に取り換えられたものもあるようで、鉄道省の四角い橋銘板の他に、国鉄時代の楕円形の橋銘板が確認出来ます。
f0116479_14542458.jpg

f0116479_14544692.jpg

f0116479_1456071.jpg

f0116479_14553920.jpg

f0116479_14564677.jpg

f0116479_14562277.jpg

本線と呼ばれる主要幹線に於いて、明治期に架けられた橋梁が今尚現役で使われている数少ない事例です。
古い鉄道施設が数多く残る山陰本線の中でも、大規模橋梁としては全線で最も古いものとなるこの千代川橋梁は、当時の技術を今に伝える資料として貴重な鉄道遺産です。
f0116479_15068.jpg


by sunshine-works | 2012-05-29 22:22 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 25日
美歎水源地施設
鳥取県鳥取市の近代建築その3

鳥取市中心部から南東方向へ山道を上っていきます。郊外の景色が次第に山深い風景へ変わり、人家が疎らになった一角に開けた区画が広がっています。
この一帯は鳥取市に初めて近代水道が敷かれた大正4に浄水施設が設置された場所でした。
この地に置かれた美歎浄水場は、その後70年に亘って鳥取市の水源としての重積を果たしますが、昭和59年に新しい浄水場の完成に伴って役目を終えます。
閉鎖されて30年近く経過するこの旧水源施設には今尚多くの施設が竣工時の姿で残されています。
近代建築Watch鳥取編の今回は、年1回の見学会に限って公開されるこの旧水源地の施設群を紹介します。
f0116479_1459664.jpg

広い敷地内には貯水池、暖速濾過池、量水施設等の浄水施設を始め、門や橋などの付帯施設が良好な姿で残っています。
各地に創成期の水道施設が残されている例は数多くありますが、これだけの数が揃って現存する例は珍しく、土木遺産として貴重な資料となっています。
f0116479_14595578.jpg

敷地の北側に位置する堰堤。美歎川を堰止めて水道用水を蓄えます。完成当初は土盛で築かれましたが、大正7年に洪水で流されてしまいます。その後、神戸の水道ダム豊稔池堰堤を手掛けた佐野藤次郎の指導の基、礎石を積んでコンクリートを充填する現在の堰堤が大正11年に完成します。
f0116479_14572881.jpg

f0116479_1503621.jpg

f0116479_151555.jpg

堰堤上部です。
f0116479_1534857.jpg

f0116479_153267.jpg

f0116479_1532457.jpg

f0116479_1542491.jpg

上流側からの眺め
f0116479_155212.jpg

貯水池に蓄えられた水は、鉄管で場内5か所の濾過池へ導かれます。
池底に敷かれた砂と生物作用で長い時間を掛けて濾過する暖速濾過法は当時の一派的な浄水法でしたが、大量の処理には向かず、その後に開発された急速濾過法に置き換わっていきます。旧美歎浄水場では昭和59年の廃止までこの方式が使われ、良質な浄水を供給していました。
f0116479_157710.jpg

廃止後は水が抜かれ、側壁や池底を詳細にみる事が出来ます。5つある濾過池の内一つは水が貼られ、当時の雰囲気を伝えます。
f0116479_1573595.jpg

f0116479_158562.jpg

f0116479_1582672.jpg

濾過池に付随する施設を順に見て行きます。これら施設は築後100年近くを経過してコンクリートの劣化が進んでおり、保護する為に仮設の覆いが架けられています。
f0116479_159896.jpg

調整井と呼ばれる施設。水位の調整をするバルブが収められています。
f0116479_15105814.jpg

f0116479_1512395.jpg

f0116479_1512249.jpg

f0116479_15135223.jpg

f0116479_15132660.jpg

f0116479_1513368.jpg

f0116479_15113163.jpg

各貯水池から送られた浄水は接合井に集められます。
f0116479_15143251.jpg

f0116479_15145293.jpg

f0116479_15153189.jpg

接合井に集められた浄水は、この量水器を経て市内へ給水されていきます。
f0116479_15164371.jpg

f0116479_1517156.jpg

f0116479_1517204.jpg

f0116479_15174765.jpg

f0116479_15181810.jpg

場内に巡らされた管理道路の数箇所には当時架けられた鋳鉄製の橋が今も残っています。
f0116479_15205716.jpg

f0116479_15243221.jpg

f0116479_15245068.jpg

当時の正門と思われる門柱と門扉。
f0116479_15254534.jpg

f0116479_1526219.jpg

f0116479_15262040.jpg

f0116479_15264855.jpg

鳥取市の近代水道が共用を開始した当時、鳥取市の人口は約3万人で、この時代に近代水道を設けた都市としてはかなり小規模なものでした。
現存する旧美歎水源施設は、地方都市に於ける先駆的な水道事業の導入事例として、更に創成期の水道施設の全容を垣間見る良例として、極めて需要な歴史遺産となっています。
f0116479_1518347.jpg


by sunshine-works | 2012-05-25 22:51 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 21日
豊稔池堰堤
香川県観音寺市の近代建築その3


観音寺の市街地から県道を南へ進むこと約10キロ、讃岐山地を越える峠道の途中に巨大な石積堰堤が見えてきます。
日本の近代土木史にその名を残す豊稔池は、農業用ダムとして昭和5年に竣工しました。
f0116479_94555100.jpg

古くから干ばつに悩まされて来た讃岐地方の中でも、豊稔池周辺の大野原地区は水利が特に悪く、安定的な農業用水の確保は長年の夢となっていました。大正末年に県の事業として始められたこの巨大ダムの工事は、地元農民を総動員する工事の末昭和5年に完工します。詳しくはこちらを参照下さい。
f0116479_9481026.jpg

f0116479_9425720.jpg

日本で2例のみ現存する貴重なマルチプルアーチダム。石積みで造られたものとしては唯一の例です。
多連式アーチとも訳されるこの形式は、アーチを繋げて遮水壁を構成します。
それぞれのアーチが繋がる部分には巨大な柱状の堤体が組まれ、さながら城壁を思わせる景観を為します。
f0116479_9465063.jpg

f0116479_959151.jpg

f0116479_9474116.jpg

f0116479_9472194.jpg

f0116479_9571171.jpg

f0116479_9574458.jpg

f0116479_9593241.jpg

f0116479_1003117.jpg

一定量を越えた水を排出する為に空けられた洪水吐。増水時に大量に放出される様子は圧巻です。
f0116479_10321826.jpg

f0116479_1033225.jpg

f0116479_10334411.jpg

f0116479_10415328.jpg

f0116479_10421861.jpg

f0116479_10342060.jpg

傍らには改修の際に取り外された古い設備が置かれています。
f0116479_11102445.jpg

f0116479_11193224.jpg

f0116479_11195782.jpg

この豊稔池の設計には数名の技師が携わっていますが、顧問として佐野藤次郎の名があります。
神戸市の水道ダムの設計者としても知られる佐野藤次郎は、各地で多くのダムや水道施設を手掛け、創成期の日本の水道事業に於いて中心的な役割を果たしました。
この豊稔池は氏の晩年の作となり、昭和5年の竣工を見る事なく昭和4年に没しています。
f0116479_11452710.jpg

f0116479_11443935.jpg

遊歩道を上って湖面へ。堰堤の眺めです。
f0116479_11471251.jpg

f0116479_11475211.jpg

f0116479_11481988.jpg

f0116479_11515962.jpg

f0116479_11543098.jpg

f0116479_11484486.jpg

遠方から眺めた堰堤。
f0116479_11571156.jpg

f0116479_11575724.jpg

f0116479_11564523.jpg

戦前に築かれたダムとして最大規模を誇るこの豊稔池は、その技術的な価値も然ることながら、見る者を圧倒する素晴らしい景観に於いても特筆されるべき存在と言えます。
f0116479_1205171.jpg


by sunshine-works | 2012-05-21 12:21 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 17日
牛島灯台
香川県丸亀市の近代建築その4

四国と岡山の間に浮かぶ塩飽諸島は大小28の島々からなり、古来から廻船業が盛んな島として栄えました。
この塩飽諸島の中で丸亀から最も近くに位置する牛島には昭和初期に建てられた灯台が今も現役施設として使われています。
f0116479_17292334.jpg

丸亀港の沖合い約8キロ、面積0.7平方キロ・人口16人の小さな島、牛島に向います。
丸亀港を出て間もなくすると、奥手の本島(ほんじま)に重なるようにして牛島が視界に入ってきます。更に近づくと、港から沖合いに延びる防波堤の先によく目立つ赤色の灯台が見えてきます。
別名赤灯台とも言われるこの牛島灯台は、水深が浅く、幅の狭いこの海峡の安全を守る為に昭和9年に設置されました。
f0116479_17294519.jpg

f0116479_17295631.jpg

f0116479_1730543.jpg

港から70メートル程先の浅瀬に海中から突き出す様に建っており、厳密に言うと灯標に分類されるものです。
高さ約10メートル、構造はおそらく鉄筋コンクリート造と思われます。沿岸灯台として設置されたものではないので灯台の規模としては中程度のものです。
f0116479_17305291.jpg

この灯台は沖合い遠くに設置されていますが、まっすぐ伸びる防波堤の上を進んですぐ傍まで近づく事が出来ます。
f0116479_17324842.jpg

f0116479_17323383.jpg

f0116479_1814717.jpg

防波堤の先端近くから眺めます。
円錐形の本体上部に灯器を収める灯室を据え、頂部を鉄製のドーム屋根で覆う極めて一般的な形状です。良く見ると表面にはタイルが貼られており、基礎部分の赤色は塗装ではなくタイルの色のようです。
f0116479_1732650.jpg

f0116479_17312623.jpg

f0116479_17314120.jpg

f0116479_17315419.jpg

過酷な自然環境に晒される灯台ですが、寿命は比較的長く、中には明治初期に建てられ今尚現役で使われている例も数多くあります。
これらはどれも長い時間を経る中で美しい風景に溶け込み、その地のシンボルとして欠かせない存在となっています。
f0116479_17325715.jpg


by sunshine-works | 2012-05-17 18:36 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 13日
川辺橋
岡山県総社市の近代建築その2

南流してきた高梁川は、総社市を通過する頃には川幅も広く流れも緩やかになっていきます。
伯備線清音駅の傍、川辺に掛けられた橋長450メートルを越えるこの大きな橋は昭和8年に竣工しています。
f0116479_9127100.jpg

3連のトラス桁に15連のプレートガーダー桁が繋がって一つの橋となります。
3連のトラスの内、真中のトラスは前後のトラスより一回り大きく造られ、独特の外観となっています。
f0116479_9125253.jpg

f0116479_9131788.jpg

f0116479_9134255.jpg

f0116479_1012580.jpg

f0116479_9143371.jpg

f0116479_9145232.jpg

f0116479_9161950.jpg

広い河川敷をプレートガーダーで渡り、川面を渡る部分は桁長を確保する為に下路式の単純桁トラスを渡します。
トラス桁はその後県内各地に架けられた室戸台風復興橋と共通する造りで、この時代のトラス橋として標準的なものです。
f0116479_9165287.jpg

f0116479_9163483.jpg

f0116479_9173114.jpg

f0116479_9174910.jpg

この川辺橋が竣工した翌年、室戸台風によって県内の橋梁の多くが被害を受けましたが、川辺橋は流失を免れます。
広い河川敷を持つ下流域故に流量が分散された事がその理由の一つと思われますが、前述した桁配置の工夫も相応の効果をもたらしたようです。
流失を免れた川辺橋は、交通路が寸断された中で対岸へ渡る貴重な橋となりました。
f0116479_918681.jpg

f0116479_9182862.jpg

f0116479_9185370.jpg

f0116479_9191621.jpg

f0116479_9194315.jpg

f0116479_9201822.jpg

後方に見える桁は後年に掛けられた現川辺橋。
川辺橋付近は交通量が多く、車線幅の狭い戦前の橋に代わって新橋が架け直されました。旧川辺橋はそのまま残され、人道橋として利用されています。
f0116479_1035153.jpg

f0116479_1043380.jpg

f0116479_1071242.jpg

f0116479_104319.jpg

f0116479_1041967.jpg

f0116479_107092.jpg

川面から眺めた橋脚。楕円形断面のコンクリート製橋脚は当時の標準的な仕様です。
f0116479_10311151.jpg

f0116479_10101013.jpg

f0116479_109538.jpg

多くの橋梁を押し流した昭和9年の室戸台風でしたが、このように被害を免れた橋梁も僅かながらありました。
当時の姿のまま残されたこの橋は、復興橋梁以前の大規模橋梁の現存例として貴重な資料となっています。
f0116479_101034100.jpg


by sunshine-works | 2012-05-13 23:58 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 09日
福知山線柏原駅跨線橋
丹波の鉄道遺産その2

丹波の中心にある柏原駅は明治32年の同区間開通時に設置され、今日まで中心駅として重要な役割を担ってきました。
この柏原駅の駅舎は平成2年に開催された国際花と緑の博覧会(花博)の施設を移設したものですが、2つのホームを結ぶ跨線橋には鉄道院時代の大正4年に造られたものが使われています。
f0116479_2056481.jpg

「大正4年2月」「東京月島機械製作所」「鉄道院」の銘が確認できます。
f0116479_20595399.jpg

f0116479_2101580.jpg

f0116479_20573748.jpg

f0116479_20582699.jpg

f0116479_2057586.jpg

f0116479_20584766.jpg

f0116479_2120222.jpg

部材の風合いから察すると支柱とフレームのみが当時のもののようです。他の現存例から推測すると当初は床が板貼り、外壁は下見板もしくは羽目板貼りだったものと思われます。
f0116479_2059336.jpg

鋼材を組んだフレームに床・壁・天井を貼るこの種の跨線橋は、基本的には現在の物と同様な構造をしていますが、多用されるボルトやリベット、張り渡された筋交い、鋳鉄製の支柱はいかにも時代を感じさせます。
f0116479_21122.jpg

f0116479_2112073.jpg

f0116479_2114211.jpg

f0116479_21224847.jpg

f0116479_2125287.jpg

f0116479_2131090.jpg

f0116479_21122135.jpg

跨線橋は橋梁に近い構造なので、橋梁同様に他所で不要となったものを移築再利用する事例が多々あります。
この柏原駅の跨線橋も他所から移されてきたものかも知れません。
f0116479_215669.jpg

f0116479_21546100.jpg

ホーム上屋を支える支柱には古レールが再利用されています。
f0116479_2184962.jpg

f0116479_2181560.jpg

f0116479_2174753.jpg

古い駅舎が現在も使われている例は数多くありますが、跨線橋は運行本数が少ない駅にはあまり設置されず、対向ホームを持たない駅には必要の無い場合が殆どなので古い跨線橋の現存例は駅舎程には多くありません。
この柏原駅跨線橋は数少ないこれらの現存例として貴重な鉄道遺産です。
f0116479_2132730.jpg


by sunshine-works | 2012-05-09 18:13 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(2)
2012年 05月 05日
丹波の駅舎
丹波の鉄道遺産その1

丹波・篠山両市からなる丹波地方には、大阪から福知山へ至るJR福知山線と、加古川~谷川を結ぶJR加古川線の2つの鉄道路線が敷かれています。
両路線の丹波区間は明治中期から大正後期にかけて敷設されましたが、この線区には戦前に建てられ今尚現役で使われている駅舎が幾つか存在しています。
今回は丹波地方に残るこれらの古い木造駅舎を紹介します。
f0116479_206345.jpg

加古川線の終着駅、谷川の一駅手前にあたる久下村駅は加古川線の最終工区が大正13年に開通した際に設置されました。
同年に建てられた駅舎が現存します。
f0116479_2064477.jpg

f0116479_2065847.jpg

地方ローカル駅らしい小さく素朴な駅舎。凝った装飾はありません。一部改修されていますが、概ね竣工当時の面影を留めてます。
f0116479_207157.jpg
f0116479_2072431.jpg
f0116479_2073874.jpg
f0116479_2075257.jpg
f0116479_208970.jpg

駅舎右側は近年に改修されたと思われ、明確に外観が異なります。
f0116479_2081976.jpg
f0116479_2082834.jpg
f0116479_2085119.jpg

加古川線は終着の谷川駅で福知山線と結ばれます。この谷川駅は明治32年に開業した古い歴史のある駅です。
昭和13年に建替えられた際の駅舎が現存します。
f0116479_2017233.jpg

f0116479_20191884.jpg

f0116479_20182486.jpg

f0116479_20184965.jpg

入口の飾り縁には、斜め模様が互い違いに交差するこの時代の駅舎によく見られるパターンが使われています。
f0116479_20204614.jpg

f0116479_2021720.jpg

f0116479_20212785.jpg

改札を抜けてホームへ出ます。ホームは2面3線。両ホーム共に昭和13年築のホーム上屋が残っています。
f0116479_20215630.jpg
f0116479_2022450.jpg

f0116479_20222196.jpg

f0116479_20225482.jpg

f0116479_20232863.jpg

f0116479_20231334.jpg

f0116479_20241473.jpg

f0116479_20243359.jpg

f0116479_2023552.jpg

谷川駅から2駅先の石生駅も明治32年に開業した古い駅です。この駅には昭和17年に建てられた駅舎が現存しています。
f0116479_21101184.jpg

中心から左へ寄せて設けられた入口。この時代の倣いとしては右に寄せる事が殆どですが、この石生駅では左寄せとなっています。
f0116479_21133844.jpg

f0116479_22423333.jpg

f0116479_2114780.jpg

玄関の車寄せ。長く突き出した庇を太い丸柱で支えます。
f0116479_21172214.jpg

f0116479_21174119.jpg

f0116479_2118211.jpg

f0116479_21185171.jpg

入口脇には大きな丸窓が添えられます。この時代の駅舎にはこの種の丸窓を飾る例が多く見られます。
f0116479_21211834.jpg

内側からこの丸窓を眺めます。
f0116479_212258.jpg

f0116479_21221910.jpg

待合室は閑散として人気がありません。
f0116479_2123419.jpg
f0116479_21242556.jpg

f0116479_654187.jpg

f0116479_2125582.jpg

この駅も2面3線のホーム構成。跨線橋は後年に架けられたものです。
f0116479_21285835.jpg

f0116479_21291969.jpg

f0116479_21294420.jpg
f0116479_21301358.jpg

対向ホームには、ホーム上屋と同年に建てられた待合室が現存します。
f0116479_21312491.jpg

f0116479_21322479.jpg

f0116479_21331662.jpg
f0116479_21342185.jpg
f0116479_21334982.jpg

丹波に残るこれらの駅舎は、鉄道遺産として採り上げられる機会は然程多くありませんが、当時の地方ローカル線区の駅舎の姿を伝える優れた現存例として極めて貴重なものです。
f0116479_2135787.jpg


by sunshine-works | 2012-05-05 22:11 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)