<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2012年 01月 29日
若桜橋
鳥取県八頭町の近代建築その2

鳥取から播磨へ至る因幡街道は、若桜宿を越えた先で八東川を渡ります。この地点に架けられた若桜橋は、三連アーチの美しいコンクリート橋梁として昭和9年に竣工しています。
f0116479_10193241.jpg

若桜の古い町並みを抜けた先、町の東玄関にあたる場所をこの若桜橋が渡ります。鳥取南東部の中核として栄えた若桜の町の象徴として、70年余りを過ぎた今日も竣工当時の姿を湛えています。
f0116479_10195112.jpg

f0116479_10201780.jpg

f0116479_10205449.jpg

f0116479_1021840.jpg

大正期から昭和初期にかけて各地に数多く架けられた、鉄筋コンクリート上路アーチ橋の鳥取県に於ける先駆けとなった橋です。
この橋が架けられた昭和9年当時、鉄筋コンクリート上路橋は既存の技術として珍しい物ではありませんでしたが、この様な地方町村に於いては、初めて目にする近代橋梁として人々に大きな感銘を与えるものとなりました。
f0116479_10234627.jpg

橋長83メートル、3連のアーチが連なるこの橋は、当時のコンクリートアーチ橋としては規模が大きく、豊かな装飾表現と相まって、竣工時より当地の名所となりました。*詳細資料はこちら
f0116479_10265827.jpg

f0116479_1027121.jpg

f0116479_10243319.jpg

f0116479_1025659.jpg

f0116479_10253314.jpg
f0116479_1026893.jpg

f0116479_10255584.jpg

橋上のクローズアップ。親柱や高欄は竣工当時の姿が良好に残されています。
f0116479_1032515.jpg

f0116479_10332564.jpg

f0116479_1034559.jpg

f0116479_10353296.jpg

f0116479_10362879.jpg

f0116479_10361539.jpg

f0116479_10365726.jpg

f0116479_10223971.jpg

f0116479_1021375.jpg

f0116479_10372615.jpg

f0116479_10375619.jpg

f0116479_10384148.jpg

町の成り立ちに川が密接に関わっている事例は数多くありますが、若桜も八東川と街道が交わる交通の要衝として栄えた町でした。
竣工以来70年以上を経た今も、街道の要として重要な役割を果たすこの若桜橋は、川と共に栄えた若桜の町のランドマークに相応しい存在感を示しています。
f0116479_10294232.jpg


by sunshine-works | 2012-01-29 18:54 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 25日
三架橋
香川県観音寺市の近代建築その2

讃岐山地を発して三豊平野を西流し瀬戸内海に注ぐ財田川の河口近く、観光名所の琴弾公園の手前に三連のアーチ橋が架かっています。日本百名橋にも選ばれたこの橋は、四国では珍しい鉄筋コンクリート橋として昭和10年に架けられました。
f0116479_18203898.jpg

観音寺の中心市街地から宅間方面へ伸びる街道が財田川を渡る箇所に架けられた三架橋は、西讃の中心都市だった観音寺の交易を支える橋として代々重要な役割を担うと共に、町の中央を貫く財田川を彩る景観の要としても親しまれていた橋でした。
木橋だった旧橋の架け替えに際しては、三連の太鼓橋だった江戸期の橋の姿を再現するようなコンクリートアーチ橋が採用され、ランドマークとしての橋の役割を考慮した美しい橋となりました。
f0116479_1826158.jpg

f0116479_18262664.jpg

f0116479_18272349.jpg

f0116479_18281976.jpg

f0116479_18284155.jpg

f0116479_1829914.jpg

コンクリート橋は歴史としては古くからあるものですが、近代橋梁としてのコンクリート橋は鉄筋コンクリート技術が確立された大正期以降に普及していきます。当初はそれまで石や煉瓦で造られていた上路アーチ橋の素材をコンクリートで置き換えたものが殆どでしたが、橋梁技術が進むにつれてこの様な下路式のコンクリートアーチ橋が開発されます。
特に戦時色が強まる昭和10年代には、鉄材の不足を補う目的で導入されて行きました。
昭和10年に架けられた三架橋が鉄筋コンクリートアーチ橋となった経緯にもこの様な理由があったと推測されます。
f0116479_183057.jpg

f0116479_18301896.jpg

f0116479_18304196.jpg

f0116479_18312167.jpg

橋上に滑らかな曲線を描くアーチ部分。コンクリートアーチならではの優雅さです。
f0116479_18423447.jpg

f0116479_18323976.jpg

f0116479_18332555.jpg

f0116479_1834743.jpg

f0116479_18343637.jpg

f0116479_18345121.jpg

旧市街地を抜けた先から橋の南詰を眺めます。橋の向こうは寺社が建ち並び、古くから市が立てられた賑やかな一角でした。
f0116479_1836330.jpg

f0116479_1836458.jpg


f0116479_183733100.jpg


by sunshine-works | 2012-01-25 22:28 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 21日
田井橋
岡山県高梁市の近代建築その2

蛇行しながら南流する高梁川は、備中川面駅の手前で一旦流れを北東へ変えます。大きな屈曲部となっているこの地点の先端には対岸へ渡る大きな橋が架けられています。
昭和11年に架けられたこの田井橋は、室戸台風の復興橋としては最大の径間を渡る橋となりました。
f0116479_1023994.jpg

山裾の小さな集落を抜けると巨大な橋が見えてきます。主要幹線ではなく、ごく普通の地方道の橋として架けられています。
f0116479_1063388.jpg

f0116479_1065122.jpg

f0116479_1071044.jpg

川中に橋脚を設けずに80メートルの川幅を一跨ぎします。巨大な桁を架ける必要から、アーチ橋の一種、ランガートラスと呼ばれる形式が採り入れられています。現在では80メートルを超える桁は珍しくありませんが、当時としては最大級のものでした。
f0116479_1081216.jpg

f0116479_109212.jpg

f0116479_1010688.jpg

f0116479_10331664.jpg

f0116479_10121673.jpg

同時期に旭川に架けられた旦土大橋も80メートル級の桁を用いていますが、曲弦トラス形式の旦土大橋に対してランガーアーチ式の田井橋はトラスがすっきりとして軽快な印象に映ります。
f0116479_10103270.jpg

f0116479_10113764.jpg

f0116479_10353469.jpg

f0116479_1023955.jpg

f0116479_10105035.jpg

f0116479_10123298.jpg

田井橋は、高梁川がU字に折れ曲がる頂点に架けられています。この様な箇所では増水時に流速・流量が増えて橋脚が押し流されたり、流下物が橋脚や橋桁に絡んで川を塞ぎ、氾濫を引き起こす危険性があります。
室戸台風で先代の田井橋が橋脚を流された教訓を踏まえ、川中に橋脚を設けず、当時の技術で最大のスパンを渡せるこの形式が選ばれました。
f0116479_10142968.jpg

f0116479_10132882.jpg

f0116479_10372449.jpg

f0116479_10384545.jpg

f0116479_10381394.jpg

f0116479_1123115.jpg

長閑な山村に巨大な橋が融け込む美しい風景です。
f0116479_10391959.jpg


by sunshine-works | 2012-01-21 11:40 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 17日
中井橋
岡山県高梁市の近代建築その1

高梁市の北部、国道180号線から分岐して伯備線方谷駅へ至る短い県道が結ばれています。僅か170メートルのこの県道の半分以上を占める中井橋も、室戸台風からの復旧橋として昭和12年に架けられています。
f0116479_012648.jpg

高梁川と並行して進む国道から、対岸にある方谷駅へ渡る橋として90メートルの川幅に2連のポニーワーレントラスが渡されます。
f0116479_015630.jpg

f0116479_043749.jpg

f0116479_04729.jpg

f0116479_0234048.jpg

f0116479_020502.jpg

前回紹介した広石橋とはトラス部分の桁長がほぼ同じ、トラスの数や鉛直材を添えている点も同じで、見た目は非常に似通っています。
制作は桜田機械製造所で、広石橋を手掛けた松尾橋梁とは異なるものの、寸分互わぬ程に統一された2橋から推測すると、岡山の復旧橋梁には規模に応じた幾つかの標準規格が用いれられていたと思われます。
f0116479_074045.jpg

f0116479_08343.jpg

f0116479_026764.jpg

f0116479_091114.jpg

f0116479_08414.jpg

f0116479_094356.jpg

f0116479_0132381.jpg

f0116479_013495.jpg

f0116479_0152740.jpg

f0116479_0154864.jpg

黎明期の鉄道橋にも用いられたこの形式のトラスは、構造が簡単で経済性に優れる特徴を活かして全国各地に架けられます。プレートガーダーでは届かない桁長の橋梁に於いて、おおよそ50メートルまでは主としてこの形式が用いられました。
f0116479_0115229.jpg

f0116479_0364111.jpg

f0116479_0342150.jpg

f0116479_01651.jpg


by sunshine-works | 2012-01-17 23:35 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 13日
広石橋
岡山県新見市の近代建築その3

井倉橋を渡り高梁川に沿って国道を南へ。高梁市との市境近くで再び道路は高梁川を跨ぎます。
昭和47年に架けられた現在の広石橋の手前を側道に逸れると、錆の浮いた古いトラス橋が現れます。この地点では昭和12年に架けられた先代の広石橋と現在の広石橋が隣り合ってそれぞれ高梁川を越えていきます。
f0116479_2157302.jpg

数多く架け直された一連の復旧橋は、設置条件に合わせて様々なタイプの橋梁が架けられました。広谷橋に採用されたこの形式の桁は、トラス橋の中では構造が簡単で自重が軽く鉄材も節約できる為、中小規模の径間を渡る橋桁に多用されました。
f0116479_21242985.jpg

f0116479_21231969.jpg

f0116479_21244412.jpg

f0116479_2125427.jpg

f0116479_21272013.jpg

f0116479_2127424.jpg

トラス構造の中で最も基本的な並行弦ワーレントラスを用い、左右のトラスを繋ぐ上部構造物を持たないポニートラスと呼ばれるこの形式は、トラス橋の初期の段階から使われていました。
構造が簡単な利点がありますが、長いスパンには適さず、耐加重も限られる為、主に地方道や中小河川を中心に広まっていました。
以前紹介した錦橋や、次回紹介予定の中川橋を始め、室戸台風の復旧橋で数多く採り入れられた形式です。
f0116479_21252879.jpg

f0116479_21254441.jpg

f0116479_2126312.jpg

f0116479_21262918.jpg

f0116479_21264420.jpg

昭和47年に現在の広石橋が架けられた際に旧橋として残され、生活道路として今も使われています。
とは言え、長い間塗装もされずに錆が浮いた状態、周囲も草に覆われ、荒れ果てた姿となっています。
f0116479_21282872.jpg

f0116479_21284847.jpg

f0116479_21302384.jpg

f0116479_2130319.jpg

f0116479_21305132.jpg

f0116479_21293736.jpg

f0116479_21291369.jpg

この形式の橋はシンプル故にどれも良く似た造りです。上述の2橋とこの広石橋も、長さが異なる以外は殆ど同じ規格で造られたと思われます。
f0116479_2154458.jpg

f0116479_21532227.jpg

f0116479_21554610.jpg

f0116479_21561238.jpg

f0116479_21551322.jpg


by sunshine-works | 2012-01-13 22:38 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2012年 01月 09日
井倉橋
岡山県新見市の近代建築その2

中国山地を源とし、岡山の中央部を貫いて瀬戸内海へ注ぐ高梁川は、岡山三大河川の中でも流域面積に於いて最大の河川です。
この高梁川に架かる橋梁には、昭和戦前に架けられ、今尚現役で使われている橋梁が数多く残されています。岡山県備中の近代建築探訪の続きは高梁川に架けられたこれら橋梁を紹介します。
f0116479_10201428.jpg

新見市の南部、南流する高梁川に沿って進む国道は、観光名所の井倉洞の先で蛇行する高梁川を渡ります。この地点に架けられた井倉橋は、甚大な被害を及ぼした昭和9年の室戸台風後に架け直された一連の復旧橋の一つとして、昭和11年に竣工しました。
f0116479_1020348.jpg

橋の種類としては下路タイドアーチと呼ばれる形式。堅固な基礎が不要で、この様な山中の工区や軟弱地盤を渡す橋梁に多く使われています。室戸台風の復旧橋でもこの形式に含まれるランガー桁やローゼ桁が適宜採り入れられました。
f0116479_1021145.jpg

f0116479_10213820.jpg

f0116479_10215742.jpg

f0116479_1022466.jpg

f0116479_10233278.jpg

f0116479_10234322.jpg

f0116479_1024629.jpg

南詰からの眺めです。
f0116479_10262271.jpg

f0116479_1026415.jpg

f0116479_1026586.jpg

中央の径間55メートルを跨ぐ優美なアーチ。手前に2連のプレートガーダー桁が繋がります。
f0116479_10415221.jpg

f0116479_10421119.jpg

f0116479_1045566.jpg

f0116479_10454240.jpg


f0116479_10461258.jpg


by sunshine-works | 2012-01-09 23:50 | 近代建築 岡山県 | Trackback(1) | Comments(2)
2012年 01月 05日
旧上久下村営上滝発電所
丹波の近代建築その1

丹波市の南部、篠山川の岸辺に煉瓦造の旧発電所が残されています。
現在記念館として公開されているこの旧発電施設は、当時の上久下村が村営発電所として大正11年に設置し、その後関西電力に引き継がれて昭和38年まで使われていました。
f0116479_14354568.jpg

煉瓦造2階建てに切妻屋根を載せ、和風の棧瓦を葺きます。両側の妻面には上久下村の章が飾られています。
f0116479_14394499.jpg

f0116479_1442831.jpg

f0116479_14415635.jpg

f0116479_1531346.jpg

村域8集落に給電する為に設置された発電所です。篠山川の灌漑用水を利用した水路式で、タービンは1機のみ、発電量も70kwとごく小さなものですが、需要の殆どが電燈電力だったこの時代には十分な能力だったと思います。
建設は大正9年に始められ、2年後の大正11年に完成、翌大正12年1月から送電を開始します。当時のお金で10万9千円にものぼる建設費用は全て村内で賄われました。*詳細はこちらの記事
f0116479_14424928.jpg

1階の外周をぐるっと一廻りします
f0116479_14444314.jpg

f0116479_1444759.jpg

f0116479_14501833.jpg

f0116479_1445337.jpg

f0116479_14504065.jpg

f0116479_1446484.jpg

1階と2階の間と軒下にコーニス(蛇腹)を飾り、2階には美しいアーチ窓が並びます。人目に付くことの少ない山の中の施設ですが、意匠を凝らした造りとなっています。
f0116479_1514518.jpg

f0116479_152155.jpg

昭和38年の廃止後、この建物は長期間放置された状態に置かれ、荒れるに任せた姿となっていました。
全面的な補修と補強を行なった後、平成18年に発電所の歴史を伝える資料館として公開されています。
f0116479_14472477.jpg

f0116479_14474363.jpg

f0116479_14481999.jpg

発電タービンが置かれていた1階部分。機器が撤去された跡に床を貼って展示スペースとして使われています。
f0116479_1541329.jpg

f0116479_1544543.jpg

f0116479_157317.jpg

f0116479_15121743.jpg

2階部分です。当時は畳が敷かれ、控室として使われていたそうです。
f0116479_1513695.jpg

f0116479_15133239.jpg

この発電所が建てられた大正後期、都市部の殆どには電気が普及していましたが、地方には未電化の町村が数多く残されていました。
地方の小村自らが建てたこの発電所は、近代化に寄せた地域住民の強い思いを偲ぶものとして貴重な資料でもあります。
f0116479_15135161.jpg


by sunshine-works | 2012-01-05 12:52 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(2)