<   2011年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2011年 08月 30日
山本医院
香川県多度津町の近代建築その4

旧楽天堂医院の通りを挟んだ向かい側に建つ山本医院は昭和元年に建てられました。築85年を過ぎた今日も現役の医院として使われています。
f0116479_20473390.jpg

この山本医院と向かい合う旧楽天堂医院はどちらも同規模の医院建築ですが、築年には15年の隔たりがあります。それぞれの時代の特色が良く表現されている二つの建物からは、この間の建築スタイルの変遷を伺う事が出来ます。
f0116479_20515261.jpg

f0116479_2052846.jpg

f0116479_20524272.jpg

f0116479_20525891.jpg

モルタルの表面を荒らした洗い出し仕上げの外壁。縦長窓の上部は切石で飾られています。
f0116479_20565789.jpg
f0116479_2057717.jpg

中心から右に寄せて設けられた玄関。真っ直ぐ突き出た庇がモダンな印象です。
f0116479_20584114.jpg

f0116479_2058556.jpg

f0116479_2059880.jpg

玄関上部に乗せられたペディメントは両脇に繋がるパラペットと共にこの建物を美しく飾ります。
f0116479_20593772.jpg

f0116479_20594670.jpg

高松や坂出に比べて小さな町だった多度津ですが、この山本医院や旧楽天堂医院に見られるように当時流行の建物が逸早く建てられる、文化的に先進的な町だったようです。
通りを挟んで向かい合うこの二つの医院は四国の交通の要衝として栄えた多度津の当時の繁栄を偲ぶ建物として貴重な遺産となっています。
f0116479_218184.jpg


by sunshine-works | 2011-08-30 23:45 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(0)
2011年 08月 26日
旧楽天堂医院
香川県多度津町の近代建築その3

多度津の旧市街地を貫く大通りを北東方向へ程なく進むと、以前紹介したJR多度津工場が見えてきます。この入口前の一角には大正、昭和各時代の2軒の医院建築が通りを挟んで向かい合う様に建てられています。今回と次回は多度津を代表するこの二つの近代建築を紹介します。

通りの南側に建つ旧楽天堂医院は大正元年築。医院が移転した後は事務所として使われましたが、現在は空家となっているようです。
f0116479_051437.jpg

各面に配されたアーチ窓、ペディメントや軒を飾るメダリオン、軒蛇腹の上に大きく立ち上がるパラペット、コリント式オーダー柱が支える正面入口の重厚な庇等々、各所に豊かな装飾表現が施されています。
f0116479_0514192.jpg

f0116479_0523920.jpg

f0116479_052476.jpg

f0116479_1104125.jpg

コリント式オーダーの柱頭。一見石造に見えますが、木彫で作られています。
f0116479_0574647.jpg

玄関庇の内側
f0116479_0584811.jpg

建物正面と入口周り
f0116479_125152.jpg

f0116479_115148.jpg

f0116479_151891.jpg

f0116479_181415.jpg

通りの向かい側に見えるのは次回紹介する山本医院
f0116479_193080.jpg

f0116479_195615.jpg

モルタルスタッコ塗りの壁面と木製の窓枠。竣工当時から殆ど手が加えられていないと思われます。
f0116479_144575.jpg

f0116479_1443159.jpg

f0116479_1445455.jpg

香川県の近代建築の中でも大正初期の本格的な洋館建築の現存例として貴重な建物ですが,随所に傷みが目立ち荒れた状態なのが気になります。中心街のコーナーの目立つ場所に建つだけにこのまま放置するには勿体無い気がします。
f0116479_1452060.jpg


by sunshine-works | 2011-08-26 02:36 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(3)
2011年 08月 22日
美作の近代建築補遺
美作の近代建築補遺

43篇に亘って紹介してきた美作の近代建築巡りを一先ず終え、岡山編は備中を残すのみとなりました。
今回は美作編の最後として、これまで採り上げなかった近代建築や土木遺産の幾つかを紹介します。

***************************************

翁橋

津山の旧市街を流れる小さな川に架けられた石造の橋。親柱や高欄に施された凝った装飾が見事です。
f0116479_15134447.jpg

f0116479_15142461.jpg

f0116479_1515218.jpg

f0116479_15154935.jpg

後方に旧土居銀行本店を望みます。
f0116479_15183476.jpg

f0116479_1517295.jpg

f0116479_15174094.jpg


***************************************

泰平橋

美作市林野の中心街で吉野川を渡るこの橋は昭和5年に架け替えられました。橋脚や橋台は大正9年に架けられた先代の物が使われています。
f0116479_20142826.jpg

f0116479_20281437.jpg

f0116479_201641100.jpg

f0116479_20174191.jpg

f0116479_20195085.jpg

f0116479_21104442.jpg

大正期の石積橋脚が使われています。
f0116479_20311442.jpg

f0116479_20594898.jpg

f0116479_2112678.jpg


***************************************

加茂橋

因美線加茂川橋梁に平行して架けられている道路橋です。
f0116479_21184862.jpg

f0116479_21241663.jpg

f0116479_21234718.jpg

f0116479_21251334.jpg

f0116479_21254738.jpg

f0116479_2126233.jpg

f0116479_21271782.jpg

f0116479_21283031.jpg

f0116479_2129355.jpg

f0116479_21294793.jpg

f0116479_21301899.jpg

f0116479_21304750.jpg

f0116479_21312010.jpg



***************************************

栄町公民館

林野の旧市街地に残るこの建物の来歴は不明ですが、昭和初期の築と思われます。
f0116479_21403933.jpg

f0116479_2141161.jpg

f0116479_21412733.jpg

f0116479_21422533.jpg

f0116479_21425160.jpg

f0116479_21415314.jpg

f0116479_21431914.jpg



***************************************

旧中国銀行大原支店

因幡街道の宿場町として栄えた大原宿に残る旧銀行店舗。現在は観光施設として利用されています。
f0116479_21535419.jpg

f0116479_21543428.jpg

f0116479_2155949.jpg

f0116479_21555173.jpg

f0116479_21563028.jpg

f0116479_215729.jpg


***************************************

旧木山郵便局

真庭市の旧街道沿いに残る郵便局舎。現在は民間の図書館として利用されています。
f0116479_2315859.jpg

f0116479_23154380.jpg

f0116479_2316665.jpg

f0116479_23163960.jpg

f0116479_231742.jpg

f0116479_23183829.jpg

f0116479_23173910.jpg

f0116479_2318742.jpg


by sunshine-works | 2011-08-22 00:32 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(1)
2011年 08月 18日
江見写真館
岡山県津山市の近代建築その14

津山の中心市街地の一角に昭和初期に建てられた写真館が現存しています。明治期より津山で写真館を営む江見家の3代目当主の時代に新築移転されました。昭和4年築。
f0116479_2274345.jpg

木造2階建て・モルタル仕上げ、入口上部に2連の縦長アーチ窓を配し、玄関右手には半円形の貼り出し部分を設けます。建物の前面部分と2階の大半が写真館として使われ、奥側が住居となっています。
f0116479_22192216.jpg

f0116479_2283837.jpg

f0116479_2210399.jpg

玄関右手の張り出し部分。窓枠もカーブに合わせて曲面に仕上げてあります。
f0116479_22144518.jpg

f0116479_22162689.jpg

昭和初期のモダンな雰囲気を伝える外観と共に、内装も竣工当時の姿を良く留めています。写真スタジオ、待合室、応接室や玄関等々、各部に手の込んだ装飾が施されています。
f0116479_22202479.jpg

f0116479_22211352.jpg

1階の応接室です。
f0116479_22222084.jpg

階段を上がって2階へ
f0116479_22502799.jpg

階段の隣は着付けに使う畳敷きの部屋
f0116479_22281318.jpg

f0116479_22292458.jpg

右が撮影スタジオ、左に控え室が続きます
f0116479_22305763.jpg

窓の木枠と漆喰壁が落ち着いた雰囲気の控え室
f0116479_22322578.jpg

f0116479_22331252.jpg

撮影スタジオ内部。さすがに機材はその後のものと思われますが、建具や調度品の多くは古くから使われているものと思われます。
f0116479_22395535.jpg

f0116479_22402540.jpg

f0116479_22443687.jpg

f0116479_22463521.jpg

f0116479_22471136.jpg

それ程遠くない昔、ある程度の規模の町には必ず写真館がありました。このような洋館建てのハイカラな写真館で撮る写真はとても贅沢で特別なものでした。
f0116479_22105583.jpg


by sunshine-works | 2011-08-18 23:40 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2011年 08月 12日
播磨の駅舎2
播磨の鉄道遺産その9

播磨の駅舎その2は播但線に残る戦前築の駅舎を紹介します。

f0116479_17424038.jpg

姫路市北部の仁豊野駅。昭和3年築の駅舎が残っています。
f0116479_1749990.jpg

f0116479_1931873.jpg

外壁は張り替えられていますが、骨組みや車寄せの庇は当時の姿を留めます。
f0116479_1749534.jpg

f0116479_1751767.jpg


北へ進んで香呂駅。仁豊野駅と良く似た造りの駅舎です。駅本屋の財産標には明治27年とあります。
f0116479_17562781.jpg

f0116479_17565760.jpg

f0116479_17572524.jpg

f0116479_17574750.jpg

f0116479_17581217.jpg

f0116479_17583284.jpg


隣駅の溝口駅は明治31年の開業。敷地の都合からか妻側に出入り口が設けられています。
f0116479_181849.jpg

f0116479_1813164.jpg

f0116479_181588.jpg

f0116479_1821983.jpg

f0116479_1872517.jpg

f0116479_1874971.jpg


北播磨の拠点駅福崎駅。昭和11年に建替えられた際の駅舎が現存します。
f0116479_18225274.jpg

f0116479_1823134.jpg

f0116479_1824164.jpg

f0116479_1826687.jpg

f0116479_18245376.jpg

スクラッチタイルが張られたモダンな駅舎です。
f0116479_18253852.jpg

f0116479_18271986.jpg

f0116479_1827468.jpg

f0116479_18282766.jpg


次の甘地駅舎は昭和3年の築。播但線駅舎の標準例とも言える造りを踏襲しています。
f0116479_1837415.jpg

f0116479_18375389.jpg

f0116479_18382310.jpg

f0116479_18385934.jpg

f0116479_18392256.jpg

f0116479_18395985.jpg

f0116479_18402770.jpg


市川町の鶴居駅。この駅も播但線駅舎の特徴を良く留めています。
f0116479_18524245.jpg

f0116479_18531132.jpg

f0116479_18542251.jpg

f0116479_18545592.jpg

f0116479_18552297.jpg

f0116479_1855475.jpg

f0116479_18565375.jpg

f0116479_18561157.jpg


by sunshine-works | 2011-08-12 19:14 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2011年 08月 08日
播磨の駅舎1
播磨の鉄道遺産その8

播磨の鉄道遺産探訪の最後は竣工当時の面影を残すローカル駅舎を2回シリーズで紹介します。
初回は山陽本線の駅舎です。

山陽本線曽根駅。昭和2年築。比較的規模の大きな木造駅舎が残されています。
f0116479_17454722.jpg

f0116479_17462870.jpg

f0116479_17465228.jpg

大きな改築が無く、竣工当時の姿を良好に留めます。
f0116479_1752249.jpg

f0116479_1753974.jpg

f0116479_17534869.jpg

f0116479_17545598.jpg


曽根駅の西隣に位置する御着駅。昭和10年築。
この時代の山陽本線に多く見られる木造モルタル、瓦葺きの駅舎です。
f0116479_181541.jpg

f0116479_1865391.jpg

f0116479_186226.jpg

f0116479_1873332.jpg


姫路から西へ一駅進んで英賀保駅。
f0116479_18105233.jpg

f0116479_18112319.jpg

車寄せの庇に凝った装飾が見られます。
f0116479_18201866.jpg

f0116479_18204041.jpg

f0116479_18214169.jpg

f0116479_18231116.jpg

f0116479_18233680.jpg


明治39年築の駅舎が残る竜野駅。
f0116479_209168.jpg

f0116479_20102397.jpg

f0116479_2095738.jpg

f0116479_20222140.jpg

ホーム上屋は戦後の改築。跨線橋やホーム柱に古レールが使われています。
f0116479_2024597.jpg

f0116479_20252220.jpg

f0116479_20254650.jpg

f0116479_2026863.jpg


有年駅は明治23年の開業。改装の手が加えられていますが、駅舎本屋の一部は当時のまま使われています。
f0116479_204865.jpg

f0116479_20495793.jpg

f0116479_2053723.jpg

f0116479_2145157.jpg

この駅の跨線橋も古レールが使われています。
f0116479_21463221.jpg

f0116479_21465163.jpg

f0116479_21473153.jpg

f0116479_21475554.jpg

f0116479_21491818.jpg


大正4年に建てられた上郡駅舎。当時の姿を良く留めています。
f0116479_21541676.jpg

f0116479_2155799.jpg

f0116479_21553166.jpg

f0116479_21555571.jpg

f0116479_2156396.jpg


by sunshine-works | 2011-08-08 22:03 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(2)
2011年 08月 04日
山陽電鉄の橋梁
播磨の鉄道遺産その7

明治43年に前身の兵庫電気軌道が開設した兵庫~須磨間の路線に始まる山陽電鉄は大正~昭和戦前期に順l次東西に延伸され、神戸と姫路を繋ぐ準大手私鉄として発展を遂げていきます。
この山陽電鉄が渡る播磨の主要な河川の幾つかには、同線開設当初より使われている橋梁が現存します。
播磨の鉄道遺産その7は戦前に架けられた山陽電鉄の橋梁を紹介します。
f0116479_084264.jpg

加古川市と高砂市の境を渡る加古川橋梁。山陽電鉄の橋梁としては最も長い橋です。大正11年築。
f0116479_0114159.jpg

f0116479_093114.jpg

f0116479_016865.jpg

この加古川橋梁を含め、現存する戦前の山陽電鉄本線の橋梁は全て上路プレートガーダー橋。河口近くの広い川幅を渡る橋ですが、複雑でコストも嵩むトラス橋とせずに延々と桁を連ねるこの形式を用いています。
f0116479_0164537.jpg

f0116479_0101998.jpg

f0116479_027254.jpg

f0116479_027587.jpg

f0116479_0272698.jpg

f0116479_0282748.jpg

f0116479_0284822.jpg

橋脚もこの時代によく見られる楕円断面のコンクリート製です。
f0116479_029585.jpg

f0116479_0303224.jpg


八家駅の西側の小さな川を渡る八家川橋梁。大正11年築。
山陽電鉄の橋梁には珍しい煉瓦橋脚が現存しています。
f0116479_054759.jpg

f0116479_0543449.jpg

f0116479_055510.jpg

f0116479_0554777.jpg

f0116479_0572380.jpg


市川橋梁もこの区間が竣工した大正11年の竣工。下流側の橋桁は架け替えられているようですが、上流側の橋桁は当初のものが現存しています。
f0116479_14537.jpg

f0116479_1448100.jpg

f0116479_151546.jpg

f0116479_155196.jpg

f0116479_161215.jpg

f0116479_163365.jpg

f0116479_172317.jpg

f0116479_1163823.jpg

東端の1基を除いた他の橋脚はこのようなコンクリート製の円柱を並べたもの。後年に取替えられたものでしょうか。
f0116479_185889.jpg

f0116479_191920.jpg

f0116479_1103885.jpg


飾磨から網干までを結ぶ支線の網干線。夢前川を渡る橋梁は昭和15年に架けられています。
f0116479_1364777.jpg

f0116479_1373468.jpg

f0116479_138753.jpg

f0116479_1383896.jpg

この橋梁には下路式のプレートガーダー桁が使われています。
f0116479_1411996.jpg

f0116479_1414317.jpg


f0116479_1425098.jpg

f0116479_1431235.jpg

f0116479_1433566.jpg


by sunshine-works | 2011-08-04 23:47 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)