<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2011年 05月 31日
旧陸軍第11師団兵器庫
香川県善通寺市の近代建築その7

善通寺市内に残る旧軍の遺構、最後は第11師団の倉庫として建てられた煉瓦建物を紹介します。
f0116479_205449100.jpg

現存する煉瓦倉庫は全部で3棟、資料によると逐年はそれぞれ明治42年、同44年、大正10年とされています。師団の兵器庫として終戦まで使用され、その後陸上自衛隊が同種の用途で引き継ぎました。
市の中心部の大通りに面し、広大な駐屯地の中で最も目に付く建物となっています。
f0116479_20551580.jpg

大正10年築のこの倉庫の全長は約100m、巨大な建物の強度を図る工夫が施された為他の2棟とは細部がやや異なっていいます。
f0116479_20554293.jpg

f0116479_22582297.jpg

f0116479_2257819.jpg

明治期に建てられた2棟は同規模・同規格で造られています。各地に建てられた旧軍の煉瓦倉庫と共通点が多く、当時の標準規格に基づいて設計されたものと思われます。
f0116479_22575823.jpg

f0116479_23133883.jpg

正門を挟んだ南隣にほぼ同じ建物が並びます。こちらは明治44年築。
f0116479_23085.jpg

f0116479_2315522.jpg

f0116479_2303216.jpg

f0116479_2305542.jpg

f0116479_2311793.jpg

善通寺へ至る大通りに面して建つ2棟の煉瓦倉庫。軍都善通寺の象徴とも言える景色です。
f0116479_2314820.jpg

f0116479_2312940.jpg

f0116479_2323298.jpg

f0116479_2324760.jpg

各地に残る旧軍施設の中でも、煉瓦倉庫はその堅固な造り故に今尚現役で使われている例が数多くあります。中でもこの善通寺兵器庫は転用事例に見られる改装やリノベーションが皆無で、当時の状態が良好に保持された明治・大正期の旧軍建物の概要を知る上での貴重な資料となっています。
f0116479_2335087.jpg


by sunshine-works | 2011-05-31 23:28 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 27日
旧妹尾銀行林野支店
岡山県美作市の近代建築その1

美作市の中心部、古い町並みが残る林野の旧市街の一角にルネッサンス様式の旧銀行支店が建っています。大正10年、妹尾銀行林野支店として建てられ、昭和59年まで銀行店舗として使われました。設計:池田豊太郎
f0116479_2125825.jpg

一見すると煉瓦造に見えますが、木造の骨組みに壁面を煉瓦で積み上げています。現在の外壁は昭和62年に資料館として修復された際に煉瓦タイルに張り替えてられています。外観は2階建てですが、内部に高い吹き抜けを持った平屋建てです。
f0116479_2135260.jpg

f0116479_21325024.jpg

地方銀行の支店として建てられたこの建物ですが、都会の銀行建築に引けを取らない本格的なルネッサンス様式が取り入れられています。小さな躯体ながら各部に手の込んだ装飾が施され、優美かつ風格を備えた建物です。
f0116479_215447.jpg

f0116479_2165174.jpg

f0116479_216626.jpg

f0116479_2162933.jpg

f0116479_2138342.jpg

f0116479_2110280.jpg

f0116479_21142966.jpg

f0116479_2220752.jpg

f0116479_21145255.jpg

各面2本、計8本のイオニア式オーダー柱が各面を貫きます。
f0116479_2114376.jpg

f0116479_2175719.jpg

f0116479_21151675.jpg

f0116479_21154816.jpg

f0116479_22224566.jpg

f0116479_2184764.jpg

岡山県内に残る戦前の銀行建築の中でも取り分け美しい建物です。往時の地方銀行の繁栄を今に伝える優れた歴史遺産として貴重な現存例となっています。
f0116479_21404324.jpg


by sunshine-works | 2011-05-27 22:25 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(2)
2011年 05月 23日
旧勝田郡役所
岡山県勝央町の近代建築その2

岡山県勝央町は昭和29年にこの地域の町村合併により誕生します。この時初代庁舎として使われた建物が町の中心部に現存しています。明治45年、旧勝間田郡役場として建てられました。
f0116479_2323471.jpg

木造下見板貼り2階建て、玄関部にアーチを設け、上部の塔屋には急勾配の方形屋根を2段重ねています。明治後期の地方の庁舎建物として洋風意匠が顕著で、非常にモダンな印象を受けます。
f0116479_233484.jpg

f0116479_2341341.jpg

勝田郡役所として建てられたこの建物ですが、大正15年に郡制は廃止され、郡役所として使われたのは僅か14年でした。その後は幾度か公共的な用途に利用されていきましたが、昭和29年の勝央町発足に際し再び庁舎の用に就く事となります。
f0116479_2343151.jpg

この建物を特徴付けている正面玄関と上部の塔屋。2段重ねの屋根は当初スレート葺きでしたがその後光沢のある金属素材に吹き替えられています。
f0116479_239505.jpg

f0116479_23451718.jpg

f0116479_23102327.jpg

f0116479_2349383.jpg

f0116479_2372986.jpg

f0116479_2374320.jpg

f0116479_2383272.jpg

f0116479_238294.jpg

f0116479_23415017.jpg

f0116479_2385567.jpg

f0116479_23402375.jpg

金属板を張った屋根が日差しを受けて黄金に煌きます。
f0116479_23131522.jpg

側面から背後へ。
f0116479_2344221.jpg

f0116479_23135574.jpg

f0116479_23141327.jpg

裏庭に面した建物南側。大きなガラス窓が並びます。
f0116479_23161321.jpg

f0116479_2317523.jpg

f0116479_23173172.jpg

f0116479_2318046.jpg

f0116479_23181630.jpg

この旧勝田郡役所建物は昭和58年までの約30年を勝央町役場として使われ、その後は郷土美術館に転用されました。平成16年に美術館が移転した後は空家の状態が続いています。
f0116479_23184569.jpg

f0116479_2319720.jpg

f0116479_2320162.jpg

f0116479_2320343.jpg

f0116479_23193943.jpg

f0116479_23215768.jpg

郡制が敷かれた期間が短かった事もあって、郡役所の現存例は市町村役場に比べると多くありません。この旧勝田郡役場も岡山県下の旧郡役所として唯一の現存例となっています。
f0116479_2320592.jpg


by sunshine-works | 2011-05-23 23:39 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 19日
勝間田高校校友会館(旧勝間田農林学校本館)
岡山県勝央町の近代建築その1

明治34年に設立された旧勝間田農林学校を起源とする県立勝間田高校の広い敷地の一角に、木造2階建ての旧校舎が移築保存されています。
大正12年、現在地に移転した際に本館として建てられ、昭和38年、新校舎の建設に伴って移築保存されました。現在は校友会館として使用されています。
f0116479_22281212.jpg

保存されているのは旧本館の中央部分。元々は左右に教室棟が繋がっていました。
木造2階建て、下見板張、車寄せを設けた中央玄関の上部に三角破風を飾り、背後にパラペットが配されています。
資料によれば屋根上にはドーマー窓が乗せられていたとの事ですが、移築時に取り外されたと思われます。
f0116479_2272829.jpg

f0116479_2282817.jpg

f0116479_2284599.jpg

設計者は不明ですが、おそらくは県の技師が手掛けた物でしょう。岡山県内に現存する木造校舎の特徴が随所に見られ、県の設計基準に基づいて建てられたと推測されます。
f0116479_22214913.jpg

f0116479_2292617.jpg

f0116479_2295021.jpg

f0116479_22101960.jpg

f0116479_22151952.jpg

f0116479_22123818.jpg

庇の奥の玄関扉。建物に比べると簡素で小さな造りです。
f0116479_2210354.jpg

f0116479_22105735.jpg

f0116479_22112094.jpg

f0116479_2211357.jpg

f0116479_2214357.jpg

現在は板で仕切られていますが、元々はこの部分に教室棟が繋げられていました。
f0116479_22164638.jpg

f0116479_2217737.jpg

f0116479_2217207.jpg

ガラス窓から内部を伺います。校友会館とされていますが、殆ど使われていないようです。
f0116479_22185262.jpg

美作の学校建築としては津山高校本館旧遷喬尋常小学校校舎が有名ですが、この旧勝間田農林学校本館もそれらに比類する意匠表現を数多く備えています。
役目を終えた後も同校のシンボルとして残されているこの校舎は、当時の岡山の学校建築の好例として貴重な建物です。
f0116479_22263758.jpg


by sunshine-works | 2011-05-19 23:34 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 15日
大西家住宅(旧天王山農場本館)
神戸西区の近代建築

神戸市の西北部、長閑な丘陵地の一角に山小屋風のレストランが建っています。この建物はこの周辺一帯に開かれた天王山農場の主建物として昭和8年に建てられました。設計:本間乙彦
f0116479_1704234.jpg

木造2階建て・丸太の骨組みに板貼りの外壁。山小屋風のこの建物はこの地に牧場を開いた大西氏の農場事務所・食堂として建てられました。大きな吹き抜けを持つ建物前面が食堂、中間部は事務所、その奥が住居に使われていました。
f0116479_17189.jpg

緩やかな斜面を登って正面入口へ。いかにも山荘風で素朴、木の温もりが伝わってきます。
f0116479_176368.jpg

f0116479_1773146.jpg

f0116479_1762885.jpg

f0116479_1765965.jpg

玄関を抜け、吹き抜けのある食堂スペースへ。現在は欧風家庭料理「レストハウスまきば」の店舗となっています。
f0116479_17113881.jpg

f0116479_1712272.jpg

f0116479_17131611.jpg

太い丸柱を組んだ骨組みは建築当時のままです。
f0116479_17144293.jpg

f0116479_1715045.jpg

f0116479_17151784.jpg

再び外へ出て建物側面へ。
f0116479_17201415.jpg

f0116479_17204670.jpg

f0116479_1725329.jpg

f0116479_17545761.jpg

設計者の本間乙彦は大阪を中心に活躍し、現存する作品として芝川ビルや小川香料店等が知られています。この天王山農場建物は40代で早世した氏の最後の作品となりました。
f0116479_17253923.jpg

f0116479_17242869.jpg

兵庫県では平成20年に県内に残る優れた近代住宅を「ひょうごの近代住宅100選」として選定しました。その殆どがいわゆる「洋館」や「異人館」が占める中、この建物は農場建物として唯一選ばれています。
f0116479_17221494.jpg


by sunshine-works | 2011-05-15 18:01 | 近代建築 兵庫県 | Trackback(1) | Comments(4)
2011年 05月 11日
旧武藤山治邸
神戸垂水区の近代建築その5

明石海峡大橋の神戸側袂に広がる県立舞子公園の一角に木造2階建て・コロニアル様式の洋風建築が建っています。
この建物は後に鐘淵紡績社長や衆議院議員を務めた武藤山治氏の邸宅として明治40年に現在地と程近い舞子浜に建てられました。設計:大熊喜報(横河工務所)。
f0116479_232360.jpg

木造2階建て・下見板貼り、大きな屋根や南東に張り出したベランダを特徴とするコロニアル式洋館です。
平成7年、明石海峡大橋の工事に伴い他所へ移されますが、平成19年から3年間の歳月を費やした修復工事の末当地に再移築されています。
f0116479_2345273.jpg

f0116479_2342658.jpg

f0116479_23222814.jpg

f0116479_23245647.jpg

f0116479_23251640.jpg

f0116479_2323486.jpg

f0116479_233048.jpg

f0116479_2332843.jpg

f0116479_2335838.jpg

f0116479_23161167.jpg

築100年を過ぎ、2度の移築を経る中で外装材や構造材には更新された部分もありますが、現在地への移築時の修復工事で創建当時の姿に近い状態に戻されています。外壁のペンキも当初の色合いに近付けたものとなっています。
f0116479_23151666.jpg

f0116479_2316516.jpg

f0116479_23162980.jpg

f0116479_23171349.jpg

f0116479_2318986.jpg

f0116479_23182869.jpg

f0116479_23173179.jpg

f0116479_23175087.jpg

f0116479_23233673.jpg

f0116479_23235361.jpg

f0116479_23263995.jpg

こちらは玄関のある北面
f0116479_23283920.jpg

f0116479_2329070.jpg

f0116479_23292318.jpg

f0116479_23295361.jpg

f0116479_2330961.jpg

f0116479_23303365.jpg

f0116479_2331918.jpg

入館料100円を払えば館内は自由に見学出来ます。家具や調度品の多くは当時の物が残されています。
f0116479_23363375.jpg

f0116479_23371046.jpg

f0116479_2338739.jpg

f0116479_23382474.jpg

f0116479_23384866.jpg

f0116479_23391626.jpg

f0116479_23393377.jpg

f0116479_23395653.jpg

f0116479_23401942.jpg

f0116479_23422943.jpg

f0116479_2343061.jpg

f0116479_2340428.jpg

f0116479_23405823.jpg

南側の窓からは明石海峡大橋や対岸の淡路島の美しい景色が望めます。
f0116479_23483370.jpg

須磨区の離宮道や垂水区のジェームズ山周辺と並び、この舞子浜一帯も神戸西部を代表する高級住宅地・別荘地として多くの財界人や文化人が居を構えた地でした。その後の開発で舞子浜の洋館は殆ど失われてしまいますが、この旧武藤邸は当時の舞子浜の様子を伝える貴重な建物です。
f0116479_231290.jpg


by sunshine-works | 2011-05-11 23:22 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2011年 05月 07日
旧和田岬灯台
神戸須磨区の近代建築その4

須磨区の臨海部に位置する須磨海浜公園。この敷地の一角に鉄製の灯台が保存されています。、兵庫区の和田岬に建てられたこの灯台は昭和38年まで使用された後、現在地に移設されました。設計は日本の灯台の父と称されるR.ブラントンです。
f0116479_21450100.jpg

幕末に諸外国と結んだ条約に基づいて各地に築かれた近代灯台の一つとして明治4年、現在の兵庫区和田岬に初代灯台が設置されます。木造で築かれた灯台は明治17年に恒久的な鋳鉄灯台へ建替えられ、その後約80年に亘って神戸港を見守る重要な役割を担いました。
f0116479_2152634.jpg

六角平面の3層、高さ約16メートルの鋳鉄製灯台です。鉄筋コンクリート工法が生まれる前のこの時代、大きな建物は石造か煉瓦造が殆どで、漸く鉄素材がこの種の用途に使われ始めていました。
黎明期に建てられた木造灯台の多くはその後に鉄筋コンクリート造の灯台へと建替えられていきますが、過渡期にあたるこの時期にはこの様な鉄製灯台も各地に建てられました。
f0116479_216246.jpg

f0116479_2163582.jpg

f0116479_21173888.jpg

f0116479_21721.jpg

移築されて約半世紀を迎えるこの灯台ですが、現役当時の姿が良好に残されています。一部に腐食の跡も認められますが、とても130年近く前の築とは思えません。
f0116479_2173759.jpg

f0116479_218459.jpg

f0116479_2182239.jpg

f0116479_2184040.jpg

f0116479_2194785.jpg

f0116479_2192617.jpg

f0116479_2110269.jpg

f0116479_21104594.jpg

f0116479_21101913.jpg

f0116479_21111716.jpg

f0116479_2115261.jpg

この旧和田岬灯台は現存する鉄製灯台として最古の物と言われています。
ブラントンが手掛けた灯台の中でも鉄製灯台は少数で、この和田岬灯台は黎明期の鉄製灯台の現存例として貴重な存在です。
f0116479_21195995.jpg


by sunshine-works | 2011-05-07 21:43 | 近代建築 兵庫県 | Trackback(1) | Comments(2)