<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2011年 04月 30日
旧陸軍第11師団 騎兵第11連隊建物
香川県善通寺市の近代建築その6

善通寺駅から続く大通りを西へ進んで程なく、市街の中心付近に四国学院大学のキャンパスが置かれています。この四国学院大学は旧陸軍第11師団隷下の騎兵第11連隊跡地に開かれており、騎兵連隊当時の建物の一部が同校の校舎として利用されています。
f0116479_21352122.jpg

善通寺に残る旧軍施設の中で民間の用に供された最大の建物です。2棟あった騎兵連隊の兵営のうちの1棟と騎兵連隊本部建物1棟が現存しています。
現存する騎兵連隊当時の建物の一つ、四国学院大学の2号館として使われている旧騎兵連隊第2号兵舎。明治30年築。
f0116479_21371439.jpg

正面玄関には三角ペディメントを持つ庇とオーダー柱が添えられていますが、これらは同学院が設立された際に付け加えられたものです。元々は装飾要素が殆ど無い、当時の一般的な兵舎建築でした。
f0116479_21374888.jpg
f0116479_21364074.jpg

f0116479_21384756.jpg

f0116479_2139460.jpg

f0116479_23113237.jpg

後年に加えられた石柱と庇。然程違和感無く組み合わされています。
f0116479_21405584.jpg

建物中央に玄関、左右に上げ下げ式の縦長窓が並びます。
f0116479_21483873.jpg

f0116479_21455650.jpg

f0116479_21472278.jpg

f0116479_2148117.jpg

側面から建物裏側へ回ります。裏側は更に飾り気のない、シンプルな意匠です。
f0116479_22125336.jpg

f0116479_22131555.jpg

f0116479_22133350.jpg

f0116479_23125957.jpg

f0116479_23174660.jpg

f0116479_22141757.jpg

f0116479_22145926.jpg

f0116479_22143952.jpg

木製の窓枠が当時のまま残されています。
f0116479_2215555.jpg

f0116479_22165757.jpg

同学院のキャンパスにはこの他に1棟、旧騎兵連隊の本部だった建物が現存します。
f0116479_23335873.jpg

f0116479_2351185.jpg

旧第11輜重大隊本部建物と規模や意匠に類似性があります。本部建物として統一基準が設けられていたと思われます。
f0116479_2343563.jpg

旧軍施設が戦後に設立された新制大学のキャンパスとして転用された例は幾つもあります。市街の主要部に立地し、広い敷地を有していた旧軍施設は校地として最適の条件を備えていました。
戦後60年以上を経た今日、校舎として転用された兵舎の多くは建て代えられ、旧軍由来の建物は倉庫や補充的な用途に使われている例が殆どを占めている中、主要な校舎の一つとして共されているこの四国学院大学は全国的にも希少な事例と思われます。
f0116479_23481626.jpg


by sunshine-works | 2011-04-30 23:58 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 25日
旧陸軍第11師団 輜重第11大隊建物
香川県善通寺市の近代建築その5

善通寺市内に残る旧軍施設探訪の3回目は偕行社の西隣に建つ兵舎と煉瓦造の倉庫を紹介します。
現在は自衛隊の施設として使われているこれらの建物は旧輜重第11大隊の大隊本部及び倉庫として建てられたものです。
f0116479_20471081.jpg

善通寺市内には第11師団を構成する様々な兵科の施設がありましたが、この場所には兵站の輸送を担当する輜重隊が置かれていました。終戦に伴い広大な敷地は市に返還される事となりますが一部の区画は自衛隊に引き継がれ、輜重隊時代の建物がそのまま利用されています。
f0116479_20484887.jpg

昭和16年に建てられた本部建物。木造下見板貼の2階建て、装飾表現は殆どありませんが、正面入口上部の三角破風に兵舎らしさが窺えます。
f0116479_2049216.jpg

破風の中央に陸上自衛隊の紋である桜が象られています。かつては陸軍の紋である星章が飾られていたと思われます。
f0116479_20492091.jpg

自販機やエアコンの室外機以外はほぼ当時そのままの状態で使われています。
f0116479_20552228.jpg

f0116479_20554843.jpg

f0116479_20561120.jpg

f0116479_20562777.jpg

f0116479_20564651.jpg

側面と裏側です。
f0116479_20574543.jpg

f0116479_2058512.jpg

f0116479_2111774.jpg

f0116479_2113817.jpg

f0116479_20582165.jpg

f0116479_2059330.jpg

f0116479_20592734.jpg

f0116479_20595456.jpg

入口にある歩哨舎。これも旧輜重隊時代の物です。
f0116479_2175946.jpg

敷地の南側に明治44年に建てられた煉瓦倉庫が並んでいます。
f0116479_21104426.jpg

f0116479_21112374.jpg

屋根の上には換気用の小さなドーマ窓が付けられています。
f0116479_21113828.jpg

f0116479_21121498.jpg

f0116479_21123093.jpg

f0116479_21132544.jpg

善通寺市内に残る旧第11師団の遺構の中では地味な建物ですが、大戦中に建てられた兵営が殆どそのままの状態で使われている事例として貴重です。
f0116479_23263149.jpg


by sunshine-works | 2011-04-25 23:31 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 21日
旧津山基督教図書館(森本慶三記念館)
岡山県津山市の近代建築その18

前回紹介した旧津山市庁舎の西隣に津山基督教図書館として建てられた建物が建っています。大正15年、桜庭駒五郎によって建てられました。現在はこの建物の設立者である森本慶三の記念館として公開されています。
f0116479_23152637.jpg

木造(一部鉄骨)2階建。時計台となっている尖塔、正面ファサードを飾るレリーフ、イオニア式の飾り柱等、宗教建築らしい風格と様式美を備えた建物です。
f0116479_23162710.jpg

f0116479_2316315.jpg

f0116479_2317982.jpg

当地で両替商を営む森本家の当主だった森本慶三は熱心な信者として出身地津山にキリスト教の専門図書館の設立を思い立ちます。師事していた内村鑑三の協力を得て大正13年に着工し2年後の大正15年に竣工、巨額の建設費用は全て森本慶三の私財で賄われました。
f0116479_23173289.jpg

f0116479_2318012.jpg

設計者の桜庭駒五郎は青森を中心に多くのキリスト教関連施設を残しましたが、大正末期には岡山県内で香登教会(大正12年)を手掛けていました。香登教会が竣工した後も請われて岡山に留まり、引き続いてこの建物を設計・施工したものと思われます。
f0116479_23184815.jpg

正面のペディメントには聖書に因んだレリーフが飾られます。
f0116479_2321179.jpg

壁面にはメダリオンが飾られ、腰周りも凝った装飾が施されます。正面入口脇にはイオニア式の角柱が4本並びます。
f0116479_23253773.jpg

f0116479_2326158.jpg

f0116479_23262182.jpg

f0116479_23271082.jpg

f0116479_23264552.jpg

f0116479_2328390.jpg

f0116479_23282157.jpg

f0116479_23272464.jpg

f0116479_23274279.jpg

建物側面から時計台を見上げます。
f0116479_23292377.jpg

f0116479_23294133.jpg

f0116479_2330575.jpg

私人が設立した宗教施設としては相当に規模が大きく、建築意匠に於いても見所豊富です。
美作の中心として繁栄の頂点を極めた当時の津山の先進性を象徴する建物の一つです。
f0116479_2332193.jpg


by sunshine-works | 2011-04-21 23:26 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 17日
旧津山市庁舎(津山郷土博物館)
岡山県津山市の近代建築その17

旧津山城が置かれていた小高い丘の裾に、郷土博物館として使われている鉄筋コンクリート3階建てのモダンな建物が建っています。この建物は昭和8年に竣工し、昭和57年までの50年間、津山市庁舎として使われていました。
f0116479_23201496.jpg

庁舎建築に良く見られる左右対称の意匠、車寄せを備えた中央玄関に石積みの分厚い庇が掛けられています。建物頂部のパラペット部にはアクセントとして濃茶色のスクラッチタイルが張られ、中央玄関上部に2層の塔屋を構えます。当時流行のアールデコを取り入れた先鋭的な庁舎として建てられました。
f0116479_23205262.jpg

f0116479_23213318.jpg

f0116479_23333882.jpg

石を張った重厚な玄関周り
f0116479_23315772.jpg

f0116479_23323978.jpg

f0116479_2334390.jpg

f0116479_23364273.jpg

f0116479_2337392.jpg

f0116479_23373589.jpg

f0116479_23383870.jpg

f0116479_04479.jpg

f0116479_23375529.jpg

f0116479_23392755.jpg

f0116479_23394261.jpg

建物側面から裏側へ回ります。
f0116479_23444616.jpg

f0116479_23442296.jpg

f0116479_2345469.jpg

f0116479_23462494.jpg

f0116479_2349279.jpg

f0116479_2349779.jpg

f0116479_23475669.jpg

f0116479_23513280.jpg

f0116479_2352388.jpg

f0116479_2352226.jpg

f0116479_23524120.jpg

f0116479_23534443.jpg

f0116479_23541527.jpg

f0116479_23544139.jpg

この建物が建てられた当時の津山市の人口は約4万人、岡山県で3番目の都市とはいえ中規模の地方都市でしたが、現存するこの旧津山市庁舎は地方都市の市庁舎の域を超える素晴らしいものと思えます。
f0116479_23584235.jpg


by sunshine-works | 2011-04-17 23:31 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 13日
津山高等学校本館(旧津山中学校本館)
岡山県津山市の近代建築その16

美作で最も長い歴史を持つ岡山県立津山高等学校は明治28年に旧制中学校として開設されました。同校には明治33年に建てられた校舎が現用施設として使われています。
f0116479_235595.jpg

津山尋常中学校時代の明治33年、現在地に移転した際に新校舎として建てられたのが現存する旧本館です。その後に新校舎が敷地内に増築されていきますが、この旧本館は現在も同校の中心建物として使われています。
f0116479_23174589.jpg

f0116479_2318821.jpg

下見板貼の木造2階建て、寄棟造。和風の桟瓦を葺いたこの時代に典型的な学校建築です。地方都市の中等学校校舎としては規模が大きく、風格を備えた建物となっています。
f0116479_2371785.jpg

f0116479_237347.jpg

正門から真っ直ぐ進んだ所に車寄せを備えた玄関を構えます。手の込んだ細工が施された庇を4本の角柱で支え、床には切石が敷かれています。
f0116479_2322923.jpg

f0116479_23215376.jpg

f0116479_2323025.jpg

f0116479_23233539.jpg

f0116479_23241280.jpg

f0116479_23242757.jpg

f0116479_23275299.jpg

f0116479_23273149.jpg

f0116479_23281278.jpg

f0116479_23283916.jpg


f0116479_23244888.jpg

f0116479_2325998.jpg

f0116479_23252657.jpg

玄関の左右に上げ下げ式の縦長窓が並びます。
f0116479_2326430.jpg

f0116479_23264289.jpg

f0116479_2327895.jpg

f0116479_23291593.jpg

f0116479_23293039.jpg


f0116479_23373269.jpg

中央の屋根頂部に小さな時計塔、その後ろに鉄板葺の塔屋が乗せられています。
f0116479_23433910.jpg

f0116479_2344211.jpg

側面から裏側の景色。背後に延ばされた増築部は昭和10年の築です。
f0116479_2341549.jpg

f0116479_23461696.jpg

f0116479_23471741.jpg

f0116479_23475136.jpg

f0116479_23481289.jpg

f0116479_23491315.jpg

f0116479_23493434.jpg

f0116479_2350998.jpg

岡山県内に数多く残る木造校舎の中でも明治期に起源を持つ旧制県立中等学校で最古の校舎です。
城下町として学問が栄えた津山の伝統を受け継ぐ校舎であり、岡山の学校建築史の上でも極めて貴重な存在となっています。
f0116479_23504893.jpg


by sunshine-works | 2011-04-13 23:54 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(4)
2011年 04月 09日
旧山本家住宅(旧近藤寿一朗邸)
西宮の近代建築その34

阪急夙川駅の北方、静かな住宅街の一角に和洋折衷様式の2階建て住宅が建っています。昭和13年、鉄山や化学工業の経営者だった近藤寿一朗の邸宅として建てられました。設計は武田五一の弟子・岡田孝男です。
f0116479_1955396.jpg

塀で仕切られた400坪の敷地に中庭を囲んで部屋が繋がり、南の日本庭園には茶室が置かれています。
洋間が続く玄関から南東側の外壁は柱を壁面に露出させたハーフティンバー式となっており、正面側が洋風、裏側は和風を主とした意匠で纏められています。
f0116479_1859525.jpg

f0116479_1902238.jpg

切石を積んだ門柱に重厚な木の扉が取り付けられています。
f0116479_1962811.jpg

f0116479_196534.jpg

f0116479_19121485.jpg

f0116479_1972855.jpg

門を潜って玄関へ進みます。
f0116479_1982859.jpg

f0116479_19133610.jpg

玄関上部はこのようなハーフティンバーで仕上げられています。
f0116479_19485116.jpg

f0116479_2261770.jpg

玄関の脇を抜けて前庭へ。
f0116479_19434581.jpg

f0116479_19331229.jpg

f0116479_19334121.jpg

f0116479_19341377.jpg

f0116479_19343348.jpg

f0116479_19352550.jpg

f0116479_19354093.jpg

f0116479_1938226.jpg

f0116479_19383887.jpg

f0116479_1945365.jpg

f0116479_1946105.jpg

f0116479_19525756.jpg

玄関へ戻って館内に入ります。
f0116479_19563534.jpg

f0116479_1951930.jpg

昭和13年に建てられたこの邸宅はその後何代か所有者が変わり、最後は飲料会社を営む山本清氏の邸宅となりました。現在は山本清財団が受け継いで美術品の展示や文化教室の場として使われています。
f0116479_1957878.jpg

f0116479_19573547.jpg

f0116479_1958301.jpg

上の写真に見えるステンドグラスの裏側の部屋です。各窓も美しいステンドグラスが嵌められています。
f0116479_21334982.jpg

f0116479_20472650.jpg

f0116479_20474447.jpg

f0116479_20475947.jpg

裏側に和室が続きます。
f0116479_20563138.jpg

f0116479_2057985.jpg

f0116479_20575320.jpg

2階へ登る階段。手摺には手の込んだ細工が施されています。
f0116479_2141134.jpg

f0116479_2143397.jpg

2階の各部屋です。
f0116479_21204145.jpg

f0116479_21213568.jpg

f0116479_21223222.jpg

f0116479_21215362.jpg

f0116479_21233063.jpg

f0116479_2123491.jpg

f0116479_21235122.jpg

f0116479_21241884.jpg

洗面所には竣工当時からの湯沸かし器が残されていました。
f0116479_21274898.jpg

f0116479_2128662.jpg

f0116479_21283032.jpg

この建物が建てられた昭和初期、夙川は阪神間モダニズムを代表する高級住宅地として開発されていきました。当時の高級住宅の佇まいが良好に保たれているこの建物は、昭和初期の都市近郊住宅の貴重な現存例として登録有形文化財に指定されています。
f0116479_19492873.jpg


by sunshine-works | 2011-04-09 23:52 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 05日
神戸水道橋
西宮の近代建築その33

福知山線廃線跡を抜けて武田尾駅へ向かう道の途中、大きな水道橋が武庫川を渡ります。この水道橋は神戸市北区の千苅ダムから神戸市内へ上水を送る武庫川導水路の一部として架けられました。大正6年築。
f0116479_22474433.jpg

千苅ダムから西宮市の上ヶ原浄水場までおよそ15キロメートル、その殆どは地下の埋設管で結ばれていますが、武庫川を跨ぐ数箇所はこのように水道橋が川を渡って行きます。
f0116479_2258222.jpg

f0116479_22583563.jpg

f0116479_2259220.jpg

f0116479_22592015.jpg

f0116479_22594444.jpg

開港後の急速な神戸の発展に伴い新たな水源地として大正期に六甲山北側の千苅貯水池が開発されて行きますが、この水を彼方の神戸市内へ送る導水路の建設も平行して行われました。深い山の中に水道管を敷設していく工事は長期に及び、大正3年の着工から17年の歳月を経て昭和6年に全通します。
f0116479_23275845.jpg

石積の橋台から川中の橋脚を経て対岸の橋台へトラスが渡っていきます。
f0116479_23314933.jpg

f0116479_2344222.jpg

f0116479_23333187.jpg

f0116479_23325644.jpg

f0116479_23335158.jpg

f0116479_23342348.jpg

f0116479_2334434.jpg

f0116479_23442161.jpg

f0116479_2345944.jpg

f0116479_23472373.jpg

f0116479_2345406.jpg

f0116479_23455863.jpg

f0116479_23465585.jpg

f0116479_23475649.jpg

福知山線廃線跡の途中、旧武庫川第二鉄橋の近くにも武庫川を渡る水道橋が渡されています。
f0116479_23505412.jpg

f0116479_2351958.jpg

生瀬駅の東側、武庫川第一橋梁の近くにも同様な水道橋が架けられています。
f0116479_2356483.jpg

f0116479_23563893.jpg

f0116479_23565968.jpg

f0116479_23572366.jpg

f0116479_23575624.jpg

f0116479_23581644.jpg

f0116479_23583458.jpg
f0116479_23584697.jpg

f0116479_2359523.jpg

人々の生活の基盤である水道は近代都市に欠くことの出来ないものとして明治以降急速に整備され、人目に触れる事のないこのような地味な施設の数々が都市の繁栄を影で支えていました。
明治から大正にかけて築かれた神戸の三大貯水池は近代水道ダムの先駆けとして知られていますが、この武庫川道水路も当時の技術を窺い知る土木遺産として重要な現存例となっています。
f0116479_23592261.jpg


by sunshine-works | 2011-04-05 23:41 | Trackback | Comments(0)