<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2010年 08月 28日
男木島灯台
香川県高松市の近代建築その8

高松の沖合いに浮かぶ直島諸島の一つ、男木島には女木島経由のフェリーに乗る事約40分で到着します。港から更に徒歩で20分余り、島の北端に石造の灯台が見えてきます。
備讃海峡の主要航路を見守るこの男木島灯台は、明治28年に点灯されました。
f0116479_14555230.jpg

明治初期に英国人ブラントンがもたらした洋式灯台建築技術は、その後日本人技師によって受け継がれ、全国の主要な岬や海峡に配置されていきます。
近代化の進展に伴って内航海運が急激に伸びつつあったこの時代、本州と四国を結ぶ重要航路の要として建てられたのがこの男木島灯台でした。
f0116479_1459874.jpg

f0116479_1501553.jpg

f0116479_151713.jpg

f0116479_1514329.jpg

岬の先端部、波打ち際と石塀を介して接する狭い区画に灯台と退息所(宿舎)、倉庫が建てられています。
灯台と退息所及び周囲に巡らされた石垣・石塀が明治28年の灯台開設当時のもの、倉庫は大正期に建て増しされたものです。
f0116479_157856.jpg

f0116479_158042.jpg

花崗岩の切石で組まれた灯台は、モルタル塗布や彩色を施さずに岩肌そのままの状態となっており、石造灯台としては珍しい仕上げとなっています。
f0116479_15152389.jpg

f0116479_1516161.jpg

f0116479_15191774.jpg

f0116479_15164654.jpg

f0116479_15172316.jpg

f0116479_1518147.jpg

f0116479_15182860.jpg


石材として用いられている花崗岩は、昔から瀬戸内海一帯で豊富に産出されており、石垣や石橋、家屋の基礎として広く使われていました。入手し易く、施工技術も確立されていた花崗岩は、僻地に築かれる事の多い灯台の素材として最適であり、鉄筋コンクリートが普及するまでは多くの灯台が花崗岩を主材としていました。
f0116479_15194721.jpg

f0116479_15202244.jpg

f0116479_15204792.jpg

f0116479_1521159.jpg

敷地を取り巻く石塀には安山岩が用いられています。
f0116479_15255664.jpg

無人化される昭和62年まで使われていた旧退息所。現在は資料館として公開されています。
f0116479_15303732.jpg

f0116479_153185.jpg

f0116479_15312171.jpg

f0116479_15314049.jpg

f0116479_15322100.jpg

近代に入って導入された洋風建築の中でも、灯台施設は特異な存在でもあります。
建造物であると共に、高度な光学機器や観測機器を安定的に運用する基地であり、更にその殆どが過酷な環境に建てられる、設計・施工に於いて高い技術蓄積を必要とする難物だったのではないでしょうか。
この様な古い灯台施設は、当時の技術者の苦心や技術発展の痕跡を伝える資料として非常に貴重な物と思えます。
f0116479_1537330.jpg


by sunshine-works | 2010-08-28 16:35 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 24日
大島青松園礼拝堂
香川県高松市の近代建築その7

高松港から船でおよそ20分、沖合いに点在する小島の一つ、大島に渡ります。この島にある国立ハンセン病療養施設大島青松園の一角には昭和10年に建てられた礼拝堂が現存しています。
f0116479_2364058.jpg

全国5か所に置かれた最初の国立ハンセン病療養施設の一つとして、大島青松園が明治42年に開設されます。有効な治療法が確立されていなかった当時、「療養」とは名ばかりの、実質的には隔離を目的とした施設だった療養所は、園自体が小さな町として整備されていきました。園の北側には様々な宗教の礼拝施設が並ぶ一角が開かれていきます。
f0116479_2375386.jpg

小さな島の礼拝堂とは思えないモダンな意匠の建物です。昭和10年、アメリカン・レプロシー・ミッション(ミッション系の救ライ団体でしょうか?)の寄付で建立されています。
f0116479_239358.jpg

大きな切妻屋根。妻面には十字架のレリーフが付けられています。
f0116479_23112077.jpg

f0116479_23115085.jpg

f0116479_23134418.jpg

f0116479_23143174.jpg

f0116479_23141014.jpg

f0116479_2315876.jpg

f0116479_23154756.jpg

アーチ窓が連続する側壁。張り出したバットレスが並びます。
f0116479_23165658.jpg

f0116479_23172877.jpg

f0116479_23201344.jpg

f0116479_23203280.jpg

玄関に向かい合って建つ柱の上部に鐘楼が組み込まれています。
f0116479_23231728.jpg

f0116479_2324283.jpg

f0116479_23233291.jpg

f0116479_23334299.jpg

f0116479_23243172.jpg

差別的な法規が撤廃され、治療法も確立された今日、強制隔離が行われていた事実は過去の物となろうとしていますが、園内では今尚多くの入所者が静かな暮らしを送っています。
築70年を過ぎても色あせないモダンなこの礼拝堂からは、不当な扱いを強いられていた療養患者達に信仰の場が果たした役割の大きさが伝わってきます。
f0116479_23252076.jpg


by sunshine-works | 2010-08-24 23:46 | 近代建築 | Trackback(2) | Comments(2)
2010年 08月 20日
旧湯本小学校校舎
岡山県真庭市の近代建築その7

真庭市を更に北へ、湯原温泉郷へ向かう旧道の途中に大きな木造建物が見えてきます。現在は真庭市湯原支局として使われているこの建物は、元々は旧湯原町立湯本小学校の校舎でした。
f0116479_20402723.jpg

小学校の敷地のほぼそのままを現在の用途に充てています。校庭は舗装され駐車場に変わっていますが、南北に長く続く2階建て校舎と数棟の付属棟が現存しています。
f0116479_20422837.jpg

昭和初期頃の築と推測されるこの建物は、当時の地方木造校舎の標準的な造りと思えます。明治期の校舎に顕著な偽洋風表現は薄れ、実用を旨として細部の装飾も控えられていますが、瓦を葺いた寄棟の玄関庇や上部に配した折屋根が独特の趣を添えています。
f0116479_2043302.jpg

ほぼ小学校時代の姿が保たれていますが、玄関周りには若干の改修の跡も見られます。
正面には近代的なガラス扉が新たに取り付けられ、庇を支える柱と壁面の間には壁が張られています。
f0116479_20453446.jpg

f0116479_20522289.jpg

f0116479_20524049.jpg

この湯本小学校は昭和43年に廃校となっています。その後40年以上の年月を経た事になるのですが、極めて良好な状態が保たれています。
f0116479_2053385.jpg

f0116479_20541536.jpg

校舎裏側に並ぶ付属棟
f0116479_20554375.jpg

f0116479_20561245.jpg

f0116479_20563213.jpg

f0116479_20573123.jpg

旧校舎が自治体の施設として使われる例は数多くありますが、これだけ大きな木造校舎がそっくり使われているのは珍しい例かも知れません。元々小学校は地区の中心部に建てられているだけに、地域の拠点施設としての用途は最も相応しい利用法だと思います。
f0116479_20565847.jpg


by sunshine-works | 2010-08-20 23:13 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 16日
加佐見橋
岡山県真庭市の近代建築その6

久世から旭川を上流方向へ更に遡ります。岡山県を代表する温泉地の一つ、湯原温泉の入り口に渡されたこの橋も昭和9年の室戸台風で被災した旧橋に代わる橋として昭和14年に架けられました。
f0116479_1331069.jpg

旭川の上流域とは言え、まだ橋長は80メートルもあります。1連の鋼製ワーレントラス橋に鋼プレートガーダー橋が2連繋がって一つの橋となっています。このうち、プレートガーダー橋2連は昭和53年に架け替えられており、右岸のワーレントラス橋が竣工時の姿で残っています。
f0116479_1352399.jpg

室戸台風の復興事業で架けられた橋の多くにトラス橋が採用されましたが、橋の大きさに応じて異なるタイプのトラス構造が用いられました。
この中で比較的桁長の短い橋脚に用いられたのが、この加佐見橋に見られる平行弦トラスと呼ばれる形式です。上弦が弧を描く曲弦トラス橋程の複雑な構造計算を要せず、鋼材も少なく出来るこの形式は概ね桁長50メートル迄の橋桁に使用されました。
f0116479_1384538.jpg

f0116479_1392245.jpg

f0116479_1395770.jpg

f0116479_1402466.jpg

f0116479_1405114.jpg

上下の弦材の間に繰り返される三角形。トラス構造の基本形です。
f0116479_1431929.jpg

f0116479_1434120.jpg

f0116479_144121.jpg

f0116479_1443974.jpg

f0116479_145698.jpg

f0116479_1452966.jpg

f0116479_1455781.jpg

左岸側に接続するプレートガーダー橋からの眺めです。
f0116479_1472883.jpg

f0116479_1475070.jpg

f0116479_148269.jpg

河原に下りて遠方から
f0116479_1501188.jpg

f0116479_1504964.jpg

f0116479_151277.jpg

f0116479_1515839.jpg

このあたりは現在でも山深い地域ですが、当時このような近代橋がさらに上流の小さな川にも渡されて行きました。関東大震災で多くの橋が失われた東京でも大規模な橋の復旧事業が実行されましたが、岡山全土で行われた室戸台風からの橋の復旧は、数に於いてこれを遥かに上回る物でした。
f0116479_15318100.jpg


by sunshine-works | 2010-08-16 00:16 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 12日
中川橋
岡山県真庭市の近代建築その5

これまで数回に亘り岡山県内の古い橋を紹介しましたが、久世の旧市街にも戦前に架けられた橋が残っています。旭川に架けられたこの中川橋は昭和9年の室戸台風の災禍を免れて現存する数少ない橋の一つです。昭和5年築。設計:増田淳
f0116479_2239155.jpg

中央の鋼桁の両側に鉄筋コンクリート橋が渡されて一つの橋となります。左右のコンクリート橋は戦後に架け直されており、中央の鋼桁部分が昭和5年の竣工事の物となります。
f0116479_22393443.jpg

f0116479_2241999.jpg

室戸台風後に架けられた橋の多くは、桁長を伸ばすのに適したトラス構造の橋となりましたが、室戸台風の4年前に架けられたこの中川橋は橋脚の上に単純桁が並ぶ従前の橋の姿を留めています。
f0116479_22404890.jpg

f0116479_22414466.jpg

f0116479_22434447.jpg

中央の鋼桁部分は橋の全長のおよそ5分の2を占めます。鋼板を組んで繋いでいくこの形式は、構造が簡単で経済性にも優れた為、各地に架けられていました。
桁の上部に床を張って路面とする上路プレートガーダーと桁の底面を橋床とする下路プレートガーダーに分類されますが、この中川橋に見られる下路プレートガーダーは橋桁の厚みが抑えられる為、桁下を広く取れる利点があります。
f0116479_22401662.jpg

f0116479_2244673.jpg

f0116479_22442638.jpg

f0116479_22443895.jpg

f0116479_2245977.jpg

f0116479_2394155.jpg

補修はされていますが、鋼桁部分の橋脚は当時のままと思われます。
f0116479_2248517.jpg

f0116479_22493536.jpg

f0116479_22495878.jpg

f0116479_239572.jpg

アングルを変えて、河川敷から眺めます
f0116479_2253449.jpg

f0116479_22523623.jpg

f0116479_2254379.jpg

f0116479_2254307.jpg

f0116479_22554870.jpg

県内に残る初期のプレートガーダー橋としては、津山線や因美線の鉄道橋が良く知られていますが、道路橋での現存例は少なく、下路式のプレートガーダー橋となると極めて珍しい物となります。
全国で数多くの橋を手がけた増田淳の作品の中でもこの形式は少なく、貴重な現存例となっています。
f0116479_22552648.jpg


by sunshine-works | 2010-08-12 00:32 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 08日
旧黒川小学校校舎
川西の近代建築その2

能勢電鉄を更に北へ進み、終点妙見口駅で下車します。大阪から高々1時間足らずの場所ですが、周囲はすっかり山里の風景に変わっています。駅から歩く事数十分、田畑が広がる長閑な一角に古びた木造校舎が残されています。現在は公民館として使われているこの建物は、黒川尋常小学校の校舎として明治37年に建てられました。
f0116479_10473066.jpg

日蓮宗の古刹・能勢妙見山にも近いこの一帯は、現在も豊かな自然の中で農業中心の暮らしが営まれています。周囲を田畑に囲まれた小高い台地に建てられたこの黒川小学校は、かつて全国どこにでも見られた地方の小学校校舎の姿を今に留めています。
f0116479_10485355.jpg

緩やかな斜面に南北2棟の校舎が並んでいます。明治37年に建てられた北側の建物が元々の校舎でしたが、戦後の生徒数増加に対応する為、昭和22年に南側校舎が増築されています。
*詳細はこちらをご覧ください。
こちらが北側校舎。寺院を思わせる和風意匠の建物です。
f0116479_1050132.jpg

f0116479_10502415.jpg

f0116479_10503767.jpg

f0116479_10511570.jpg

f0116479_10521147.jpg

f0116479_1053461.jpg

極めて和風の玄関周り
f0116479_10551974.jpg

こちらは裏側。
f0116479_10592971.jpg

f0116479_10595424.jpg

f0116479_11094.jpg

一段低い南側に建てられた増築棟。明治築の北側校舎ほどの貫禄はありませんが、戦後の木造校舎の典型的なスタイルです。
f0116479_11121347.jpg

f0116479_11111687.jpg

f0116479_11113629.jpg

f0116479_11125167.jpg

現在公民館として使われているこの校舎は校内見学が可能です。(南側校舎のみ)
f0116479_11151948.jpg

f0116479_11154364.jpg

f0116479_11162419.jpg

過疎化と少子化が同時に進む農村部には、学校の統廃合によって使われなくなった校舎が数多く残っています。都市部のように跡地が再開発される事もなく、放置され荒れるに任せたままの所も少なくありません。
地域の公民館に再生されたこの黒川小学校のように、もっと積極的な活用が図られても良いのではないでしょうか。
f0116479_11212450.jpg


by sunshine-works | 2010-08-08 12:41 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 04日
旧平賀邸
川西の近代建築その1

阪急電鉄川西能勢口駅から能勢電鉄で北へ向かいます。郊外の景色の中を約20分、山下駅を降りた北側に、かつてこの地に栄えた多田鉱山の精錬所跡が郷土資料館として公開されています。
この敷地の一角に、市内から移築された一棟の洋風住宅が公開されています。この建物は、日本最初の工学博士で、創成期の繊維産業の発展に数々の功績を残した平賀義美(ひらがよしみ)博士の邸宅として建てられたものです。大正7年築。設計は大林組の松本禹象(まつもとうぞう)。
f0116479_225182.jpg

元々はこの場所から6キロ程南方、大阪寄りの猪名川の畔に建てられていました。敷地内にはこの建物の他に蔵や日本家屋も建っていたのですが、そちらは移築の時点ですでに撤去されており、洋館、研究室棟、庭に設けられた東屋が移築されています。
f0116479_2261572.jpg

f0116479_231726.jpg

f0116479_2254133.jpg

この建物は英国の田園住宅をモデルに設計されたものと言われています。平賀博士は幾度も海外に赴任していますが、留学先のイギリスで親しんだこの建築スタイルを好んで日本の自邸に採り入れた様です。この建物の由来や意匠的特徴についてはこちらを御覧下さい。素晴らしい解説記事があります。
f0116479_2272514.jpg

f0116479_2281846.jpg

外壁は小さな石を塗りこんだ洗い出しと呼ばれる独特の仕上げです。
f0116479_23243.jpg

f0116479_22124329.jpg

f0116479_2213550.jpg

f0116479_2293131.jpg

f0116479_22572987.jpg

f0116479_2216564.jpg

f0116479_2295346.jpg

f0116479_22101572.jpg

f0116479_22104980.jpg

f0116479_22111628.jpg

f0116479_22114476.jpg

f0116479_2214047.jpg

f0116479_22145536.jpg

f0116479_22151843.jpg

f0116479_2215569.jpg

f0116479_22584318.jpg

f0116479_22161991.jpg

建物の裏手に並ぶ研究室棟。洋館とは階段で連絡されています。
f0116479_22194113.jpg

f0116479_22201198.jpg

f0116479_22215930.jpg

f0116479_22223463.jpg

木造2階建てのこの建物ですが、非常に奥行きの小さい(薄い)形状をしています。
f0116479_22231466.jpg

f0116479_22262220.jpg

f0116479_2227011.jpg

細部には手の込んだ装飾が見られます。
f0116479_2228547.jpg

f0116479_2229175.jpg

階段を介して洋館と繋がります。
f0116479_22294971.jpg

f0116479_22325114.jpg

f0116479_2220316.jpg

当時のままに再現された館内。木材の質感が落ち着いた雰囲気を醸します。
f0116479_22384139.jpg

f0116479_22392637.jpg

f0116479_2240340.jpg

f0116479_22403480.jpg

f0116479_22411186.jpg

f0116479_22413478.jpg

f0116479_22421049.jpg

f0116479_22432986.jpg

f0116479_22435213.jpg

f0116479_22443356.jpg

窓の外に見えるのは平賀博士の胸像です。
f0116479_2245332.jpg

1階には大きなサンルームが設けられています。
f0116479_2247122.jpg

f0116479_22472093.jpg

f0116479_22474089.jpg

1階の奥から階段を上って研究室棟へ。
f0116479_22495774.jpg

f0116479_22503848.jpg

f0116479_2251598.jpg

f0116479_22513320.jpg

f0116479_22515958.jpg

f0116479_22521827.jpg

兵庫県内で明治以降戦前までの間に建てられた洋風住宅の多くはコロニアル様式やスパニッシュ様式が主流で、後期にセッセションの影響を受けた建築スタイルが一部に見られましたが、この英国田園住宅の様式は一般化しなかったようです。派手な装飾や重厚な佇まいはありませんが、素朴で温かみのある意匠は実用性にも優れ、郊外住宅として理想的とも思えるのですが、当時の好みには合わなかったと言うことでしょうか。
f0116479_225258100.jpg


by sunshine-works | 2010-08-04 23:28 | 近代建築 | Trackback | Comments(7)