<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2009年 10月 29日
大原橋
岡山県岡山市の近代建築その5

津山線玉柏駅から東へ進んでほどなく、旭川の広い河川敷が見えてきます。
ここに架けられている大原橋は、1連の鋼橋に9連の鉄筋コンクリートローゼ橋が連なる珍しい形式の橋として昭和17年に開通しました。
f0116479_20152181.jpg

三つの大きな川が南北に流れる岡山県には、戦前に架けられた橋が数多く残っており、その殆どは今も現役として使われています。これらの橋の多くは昭和9年の室戸台風の復興事業で架橋されたものです。この大原橋も一連の復興橋の一つとして6年の歳月を経て竣工しています。
f0116479_2027133.jpg

全長400メートルに及ぶ大きな橋です。川の東詰側に鋼製のトラス橋が1連、その先に9連の鉄筋コンクリートのアーチ橋が並びます。元々の計画では全ての区間が鋼橋となる予定でしたが、戦時下で鉄材を節約する必要から、このような組み合わせに修正されています。
f0116479_20171545.jpg

東側の1連はこの時代には一般的な鋼製のトラス橋です。同時期に県内各地で架橋された復興橋の多くもこの形式の物が主流でした。
f0116479_2026103.jpg

f0116479_20254426.jpg
f0116479_202506.jpg
f0116479_20251528.jpg

f0116479_2025575.jpg

f0116479_20262314.jpg

f0116479_20263596.jpg

f0116479_20264869.jpg

2連目からはコンクリートのアーチが並びます。
鉄筋コンクリートローゼ橋と呼ばれるこの形式の橋は昭和初期に長野県の技師によって開発されたアーチ橋の一種です。長野県以外にはこの岡山と四国で幾つかの橋が架けられましたが、全国的にはあまり普及せず、現存する橋もそれほど多くはありません。
f0116479_2040585.jpg

f0116479_20412165.jpg

f0116479_20413466.jpg

f0116479_20415017.jpg

f0116479_2042330.jpg

この形式の橋桁がこれだけ連続して並ぶのはこの大原橋以外には見られません。複雑に組み合った鋼材が織りなすトラス橋の構造美とはまた異なる、シンプルで流麗な曲線はコンクリート橋ならではの独特の美しさがあります。
f0116479_20423150.jpg

f0116479_20424512.jpg

f0116479_20425621.jpg
f0116479_2043966.jpg

数多く架けられた室戸台風の復興橋の中でも、この大原橋はとりわけ個性的な存在です。戦時の特殊事情による苦肉の策とは言え、開発間もない工法でこれだけの規模の架橋を実現させた技術力は高く評価されるものと思います。
f0116479_20421792.jpg


by sunshine-works | 2009-10-29 21:57 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2009年 10月 25日
津山線建部駅・玉柏駅
岡山県岡山市の近代建築その4

岡山駅から北へ延びるJR津山線は、市街地を抜けて、やがて長閑な風景の中を進んで行きます。この津山線をはじめ、岡山県は県内各地や四国、山陰を結ぶ路線が縦横に張り巡らされ、管内の鉄道路線は10線区にも及びます。古くから鉄道が発達した岡山には鉄道に因んだ近代化遺産が数多く残されており、鉄道遺産の宝庫と言われています。
岡山市の近代建築探訪の4回目は古き時代の鉄道駅の面影を保つ、津山線の木造駅舎を紹介します。
f0116479_23525775.jpg

津山線は岡山から津山までの約60kmを結ぶ路線です。明治中期に民営の中国鉄道の路線として開業した津山線は大正12年に津山まで全通し、東津山で接続する因美線を経て山陰と山陽を結ぶ陰陽連絡線としての役割を長年にわたって果たしてきました。

岡山駅から3駅目、距離にして10km程北へ進んだ駅が玉柏駅です。津山線が開業した明治31年に開設されました。
f0116479_23535416.jpg

木造漆喰塗り、和瓦葺の典型的なローカル駅舎です。近年の改修で駅舎の半分(駅務室部分)が取り払われてしまいましたが、以前のイメージを損なう事無く減築されています。
f0116479_23543053.jpg

f0116479_00227.jpg

各駅停車のみ停車する小さな駅です。岡山駅から僅か3駅ですが、都市近郊駅と言うよりは、地方駅の風情です。
f0116479_23555367.jpg

f0116479_23562353.jpg

f0116479_2356517.jpg

f0116479_23574193.jpg

ホーム側から駅舎を眺めます。
f0116479_01066.jpg

f0116479_012178.jpg

f0116479_014025.jpg

玉柏から4駅、岡山市の北端にある駅が建部駅です。明治33年の開業当時の姿が殆どそのまま残されています。
f0116479_072388.jpg

f0116479_024160.jpg

風変わりな手書きの駅名表示板。
f0116479_05101.jpg

美しい風景に駅舎が溶け合っています。
f0116479_0132845.jpg

f0116479_01354100.jpg

木造ならではの温もりのある駅舎の風情
f0116479_0162818.jpg

f0116479_0171076.jpg

f0116479_0175487.jpg

待合室もほとんど当時のままです、
f0116479_0191298.jpg

f0116479_0194988.jpg

ホームからの景色。玉柏駅とよく似た印象です、
f0116479_0222335.jpg

f0116479_0225813.jpg

f0116479_0241769.jpg


新幹線や山陽本線を除くと、岡山の鉄道路線の殆どはこの様なローカル線区です。単線の区間を数時間に1本運行される小編成の車両は地域の貴重な交通手段であり、沿線住民にとって欠かせない存在になっています。
昔ながらの木造駅舎が残る風景は、無機質な近代駅舎を見慣れた目には格別の味わいがあります。
使い勝手や保守管理の事を思えば建て替えた方が効率的かも知れませんが、親しまれた駅舎を大切に使い続ける事には、それ以上の意義があると思います。
f0116479_0245077.jpg


by sunshine-works | 2009-10-25 23:32 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 10月 21日
旧岡山県立農学校本館(三徳園農業展示館)
岡山県岡山市の近代建築その3

岡山市の東部、旧県立農業研修所の跡地を利用した公園内に明治期の木造校舎が移築保存されています。現在、農業資料館として使われているこの建物は,旧岡山県立農学校の本館として明治35年に建てられました。
f0116479_20254787.jpg

元々この場所は農業従事者の技能育成を目的に設立された農業研修施設・三徳塾でした。昭和43年にその役目を終えた後、18ヘクタールに及ぶ広大な敷地は、緑豊かな農業公園として利用されています。
公園の中央に建つこの建物は、昭和46年に、ここから30㎞程西方にある岡山県立高松農業高校から移築されて来たものです。
f0116479_20275330.jpg

当時の木造校舎に典型的な下見板貼り2階建て、寄棟造りの偽洋館風建物です。凝った装飾はあまりありませんが、庇を支える玄関部の角柱が目を惹きます。
f0116479_2033567.jpg

明治5年発布の学制令に基づいて設立された農学校は、先端の農業技術を学ぶ場として各都道府県に置かれ、農業高校や農業大学の前身となります。この岡山県立農学校も、現在の高松農業高校と岡山大学農学部へ発展していきました。
f0116479_20333214.jpg

農学校の校舎と言っても、教室として使われていた建物なので通常の学校建築と比べて特段変わった処はありません。4面に窓を巡らせた、極めてオーソドックスな木造校舎です。
f0116479_20384735.jpg

f0116479_2039749.jpg

f0116479_20392413.jpg

f0116479_20394220.jpg

f0116479_204031.jpg

f0116479_2040339.jpg

f0116479_20411612.jpg

f0116479_20471263.jpg

f0116479_20405349.jpg

元々が農業研修所だけに、園内に植えられた様々な樹木や花卉が彩りを添えます。
f0116479_20415328.jpg

がっしりとした角柱が組まれた玄関。
f0116479_20334770.jpg
f0116479_2043545.jpg

f0116479_2043199.jpg

用途を終えた校舎の転用事例で最も多いのは、このような資料館としての用途かと思われます。改修の必要性が少なく、校舎の雰囲気が文化的な展示物にぴったりと合っています。
この旧農学校校舎にとって、農業公園内の農業資料館の用途は、まさにうってつけの利用法といえます。
f0116479_20433672.jpg


by sunshine-works | 2009-10-21 21:32 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 10月 17日
西大寺の看板建築群
岡山県岡山市の近代建築その2

1200年の歴史を持つ備前西大寺は、毎年2月に行われる西大寺会陽(裸祭り)で知られていますが、この門前には戦前の風景そのままの商店街が残されています。
岡山市の近代建築探訪の2回目は、木造の日本家屋にコンクリートやモルタルで洋風の意匠を施した、看板建築と呼ばれる建物が並ぶ西大寺五福通りの街並みを紹介します。
f0116479_2133235.jpg

看板建築は関東大震災を教訓にして考案された簡易耐火建築ともいうべき工法です。道路に面した側の軒を取り去り、耐火素材の平坦な壁面に仕上げて火災発生時の貰い火を防ぐことがその目的でした。最初は木造の外壁に銅や鉄の薄板を張る形式だったのですが、やがてコンクリートやモルタルで正面の壁面を仕上げる工法が主流となっていきます。後年になると新築当初から看板建築として建てられる物が増えてきますが、初期の物は旧来の建物を改修して看板建築に改めた物がほとんどでした。
この西大寺五福町の看板建築群も昭和初期の道路拡幅に伴って改修され、現在の姿になりました。
f0116479_21341585.jpg

狭い道路の両側に木造2階建ての建物が並びます。幾つかの建物は建て替えられて現代風の家屋に変わってしまっていますが、昭和初期の看板建築群がこれだけのボリュームで並んでいるのは全国にも例がないと言われています。
f0116479_21373173.jpg

商店街にさしかかる手前の交差点。この場所から看板建築の建物群の始まりとなります。
最初に見えてくる建物。2面に沿って伸びる大きな建物です。長く区画が連なる景色はヨーロッパのアパートメントを思わせます。
f0116479_21404549.jpg

f0116479_21412233.jpg

f0116479_21413955.jpg

交差点を挟んだ向かい側の建物。水平ラインが強調されたモダニズム風デザインです。
f0116479_21424412.jpg

f0116479_21421520.jpg

商店街の中心へ向かいます。この辺りから看板建築比率が高まってきます。
f0116479_21443524.jpg

飾り柱が特徴の帽子店。
f0116479_21452962.jpg

f0116479_21455595.jpg

f0116479_21462512.jpg

家具店。アールデコ風の逆三角錐の柱が何とも素晴らしい。
f0116479_21472161.jpg

f0116479_21481199.jpg

f0116479_21484465.jpg

f0116479_21492398.jpg

f0116479_21495262.jpg

f0116479_22125036.jpg

現在ゲームソフト店として使われている建物。目立つ建物ではありませんが、軒蛇腹やテラコッタ飾りをしっかり備えています。
f0116479_215241.jpg

f0116479_21522293.jpg

f0116479_21524692.jpg

向かい側に建つ建物。通りに沿って窓が連なります。
f0116479_2235345.jpg

f0116479_2224784.jpg

f0116479_2242743.jpg

その隣にも個性的な建物が並びます。
f0116479_2273428.jpg

f0116479_228283.jpg

f0116479_2292275.jpg

f0116479_2295975.jpg

f0116479_22103377.jpg

当初は耐火建築として考案された看板建築は、実際には旧来の日本家屋に簡易に洋風意匠を施す手法として広まって行きました。しかし、本来が木造建築であるが為に建物の耐用年数も限られ、今日その多くが建て替えを余儀なくされる運命にあります。
f0116479_2212623.jpg

歴史的建造物や江戸時代の古い街並みについては各地で保護運動が盛んに行われていますが、看板建築に代表される昭和の街並みの保存や活用の例は極めて少数です。とは言え、映画のロケ地にも使われたこの西大寺の事例もあり、有効な観光資源としての可能性が期待できるのではないでしょうか。
f0116479_22241460.jpg


by sunshine-works | 2009-10-17 23:41 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 10月 13日
犬島精錬所
岡山県岡山市の近代建築その1

岡山市の南東沖に浮かぶ小さな島に、明治期の精錬所施設が半ば廃墟のように残されています。岡山市を巡る近代建築探訪の初回は旧犬島精練所の建物跡を紹介します。
f0116479_0491951.jpg

宝伝港から船で約5分、周囲3キロ足らずの小さな島が犬島です。御影石の産地として有名だったこの島に明治42年、銅の精錬施設が築かれます。
当初の精錬所は銅鉱山があった倉敷の帯江に置かれていたのですが、周辺への環境汚染が深刻となった事から洋上のこの島が移転先に選ばれました。
島北部の小高い丘一帯には、巨大な煉瓦煙突を備えた精錬炉や作業場、倉庫、発電所等一連の施設が築かれていきます。
f0116479_0524041.jpg

f0116479_0525585.jpg

f0116479_0531069.jpg

f0116479_0532436.jpg

広大な敷地には様々な建物跡が残っていますが、完全な姿で残っている建物は一つもありません。殆どが屋根を失い、崩れかけた壁や床だけの姿となっています。
f0116479_165095.jpg

f0116479_171874.jpg

f0116479_173828.jpg

f0116479_18091.jpg

f0116479_182215.jpg

f0116479_185674.jpg

建材として使われている独特の色合いの煉瓦は、精錬時に出来る鉱滓を固めたカラミ煉瓦と呼ばれるものです。壁面だけでなく、路面の敷石としても使われています。
f0116479_191867.jpg

f0116479_194319.jpg

f0116479_110393.jpg

f0116479_1102127.jpg

f0116479_1104260.jpg

f0116479_1112756.jpg

近代産業に不可欠の資源である銅の生産は、経済の発展に伴って順調な伸びを示し、犬島の人口は3,000人を越えるまでに膨れ上がります。しかし、操業を開始して僅か10年後の大正8年、銅価格の暴落により精錬所は廃止されてしまいます。
以来、90年以上の長きに渡り、これらの施設は放棄され風雨に晒される事となります。
f0116479_111658.jpg

施設の中心に並ぶ炉の跡
f0116479_1163359.jpg

f0116479_1165213.jpg

煙突は最も背の高い円柱型の物の他に、数本の角柱の煙突が確認出来ます。何本かの煙突は劣化によって途中で折れています。
f0116479_1125456.jpg

f0116479_1131212.jpg

f0116479_1132934.jpg

f0116479_1134784.jpg

f0116479_114927.jpg

f0116479_1145145.jpg

f0116479_1142844.jpg

精錬施設から少し離れた場所にある旧発電所の跡。手前には井戸を模したオブジェが据えられています。
f0116479_1151746.jpg

f0116479_1153732.jpg

海岸線付近の煉瓦を敷き詰めた一角に、小さく区切られた小壁が並んでいます。精錬を終えた銅はこの出荷場から船に積み込まれて行きました。
f0116479_119847.jpg

f0116479_1193180.jpg

f0116479_1195139.jpg

f0116479_1201684.jpg

f0116479_1203688.jpg

f0116479_1205423.jpg

長い間廃墟同然となっていた精錬所ですが、現在は、岡山を本拠とするベネッセコーポレーションによってアートプロジェクトの会場に利用されています。半地下形式で建てられたアートパビリオンは旧精錬所建物と一体となって新たな景観を成し、それぞれの個性を引き立てあっています。
さすがにこれだけ広大で、なお且つ建物の用を為していない施設ともなると、普通の用途での再利用はまず不可能でしょう。廃墟をアートとしてそのまま利用するこの発想は、条件さえ合えば有効な活用法となるかもしれません。
f0116479_1532581.jpg


by sunshine-works | 2009-10-13 23:26 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2009年 10月 09日
御坂サイフォン橋
三木の近代建築その3

三木市の東部、静かな山間の渓流(志染川)に古いアーチ橋が架けられています。谷を越えて疏水の水を渡す水路橋として明治24年に築かれました。

六甲山系の西側、現在の稲美町から加古川にかけて広がる印南野と呼ばれる一帯は水に恵まれず、稲作に不向きな土地でした。古くから特産の綿花やたばこを中心とした畑作が行われていましたが、地域の人々にとって水を引いて水田を開く事は積年の願いとなっていました。
江戸時代から幾度も疎水の計画が立てられましたが、技術的な問題から実現には至らず、明治になって近代土木技術を導入する事でようやく夢がかなう事となります。
f0116479_0175626.jpg

水源の淡河川から約30キロを引水するこの淡河川疎水は、いくつものトンネルを開削する難工事となりましたが、起工3年後の明治24年に完成します。
ルートの途中の志染川を挟んだこの谷に水路を渡す方法として採用されたのが、サイフォンの原理(正確には逆サイフォンだそうです)を利用した橋でした。サイフォン橋の歴史は古く、日本でも江戸時代にこの原理を利用したものもありましたが、近代技術を駆使した本格的なサイフォン橋としては日本初の試みとなりました。
f0116479_0295763.jpg

竣工時に架けられた石橋と戦後に架けられたコンクリート橋が並んでいます。下流側から見えるこの橋が戦後に架けられたものです。現在はこちらの橋に導水管が通されており、向こう側の旧橋は水路橋の役目を終えています。
f0116479_0472927.jpg

f0116479_0483733.jpg

f0116479_2391075.jpg

水路は橋に埋設されており、上部は対岸を結ぶ道路になっています。旧橋の部分は保護の為なのか、通行禁止となっています。
f0116479_0492615.jpg

水路を流れてきた用水が鋼管に導かれ、ここから一気に斜面を駆け下ります。管の上部の煙突状のものは空気圧を調整するものでしょうか。
f0116479_052220.jpg

f0116479_0523864.jpg

f0116479_0532853.jpg

志染川を挟んで北から南へ、標高差50メートルの橋を経由して水を渡します。山の上からまっすぐに下りてきた鋼管は麓で地下に潜り、橋を抜けて反対側の山の上へ向かいます。現在の鋼管は国産のものですが、俊工時はイギリスから取り寄せた鉄管が使われていました。
f0116479_1195699.jpg

f0116479_1241942.jpg

こちらが上流側に架けられている俊工時の石橋。礎石を組んだ上にモルタルを塗って補強しています。
f0116479_1211698.jpg
f0116479_121553.jpg

f0116479_1221972.jpg

橋を渡った水道管は再び地表に現れて斜面を登って行きます。現在は地表に設置されている鋼管ですが、当初はすべて地中設置となっていました。
f0116479_1262420.jpg

f0116479_1272521.jpg

f0116479_127168.jpg

f0116479_153374.jpg

斜面を登りきった先で再び水路へ注がれます。
f0116479_129875.jpg

御坂サイフォン橋から5キロ程東にある取水口(淡河頭主口)。川の水位を調整して脇の水路へ水を導きます。
f0116479_1432985.jpg

f0116479_1434718.jpg

東播磨の農業を大きく変えたこの淡河川疎水は、100年を越えた今日も印南野を潤す需要な役割を果たしています。現在も流域には竣工時の姿を留める近代化遺産が幾つも残されていますが、中でもこのサイフォン橋は当時の技術の高さを今に伝える疎水のシンボル的な存在となっています。
f0116479_1442234.jpg


by sunshine-works | 2009-10-09 02:45 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 10月 05日
旧三木実科高等女学校校舎
三木の近代建築その2

神戸電鉄三木駅の南東、市役所や文化施設が並ぶ旧三木城の跡地の一角に古い木造の校舎が残っています。現在は市役所の分庁舎として使われているこの建物は兵庫県立三木高校の前身、三木町立実科高等女学校の校舎として建てられました。
f0116479_2104428.jpg

この一帯は三木町立実科高等女学校が開校した大正12年から後身の県立三木高校時代の昭和41年までの半世紀に亘り、多くの生徒が学んだ校地でした。校舎移転に伴い跡地には市立図書館と美術館が建てられましたが、2棟の校舎は残され、市の施設として利用されています。
f0116479_2192862.jpg

かつて新館と呼ばれていた建物です。昭和17年に建てられました。
f0116479_2151120.jpg

f0116479_2162375.jpg

戦時中だった時代背景もあってか、装飾要素が殆どありません。
f0116479_2154072.jpg

f0116479_217675.jpg

f0116479_2173737.jpg

f0116479_217596.jpg

f0116479_21101991.jpg

建物裏面です。
f0116479_2194898.jpg

もう1棟がこの旧東館。こちらの校舎は昭和7年築。妻面のハーフティンバーやマンサード風の屋根に特徴があります。
f0116479_21104755.jpg

f0116479_21131376.jpg

事務所施設として使われている旧新館と異なって普段は殆ど使用されていないのか、窓は破れ、漆喰も剥がれ落ちてしまっています。
f0116479_21121174.jpg

左手前が旧東館、奥に見えるのが旧新館です。
f0116479_21192324.jpg
f0116479_2116480.jpg

これらの建物は、保存が目的と言うより解体の要がないまま残った建物なのでしょう。その後に手を加えられることもなかったようで、校舎としての役目を終えてから40年を経過しているとは思えないくらいに当時の面影が保たれています。
f0116479_21144762.jpg

f0116479_21153449.jpg

f0116479_2182339.jpg

戦前に建てられた学校の多くは、戦後の復興期に建て替えを行って近代的な鉄筋校舎に生まれ変わっていきますが、歴史のある校舎が残される事例は極めて少数です。この旧三木高等女学校校舎の場合は、校地自体の移転だった為に解体の必要性がそれ程高く無かった事や、跡地が市の施設に利用された事が幸いしてこの2棟が残ったものと思われます。
f0116479_21165194.jpg


by sunshine-works | 2009-10-05 21:41 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2009年 10月 01日
旧三木鉄道の駅舎
三木の近代建築その1

近代建築Watch 播磨編の最後は三木市に残る近代建築を巡ります。
平成20年に惜しまれながら廃止されてしまった三木鉄道は、大正期に播磨の内陸部と臨海部を結ぶ路線として開設されました。民営の播州鉄道として発足したこの鉄道は、国鉄三木線として長く地域に親しまれた後、第3セクターの三木鉄道に引き継がれました。
今日(平成21年10月)現在、路線や駅舎の大半は撤去されてしまいましたが、いくつかの駅舎は今後の活用に向けて保存される事となりました。三木の近代建築巡りの初回は、播州鉄道開業当時の姿を留めたまま残される旧三木鉄道の駅舎を紹介します。
f0116479_2053968.jpg

保存される駅舎は石野駅、別所駅、終点駅の三木駅の3駅です。石野駅は大正12年、別所駅は大正5年、三木駅は大正6年に建てられています。
この3駅で一番西に位置する石野駅。畑の中にぽつんと建つ、小さな駅舎です。
f0116479_20532643.jpg

f0116479_20534130.jpg

f0116479_20541280.jpg

駅と言うより停車場と言った方が的確かもしれません。当然キオスクも公衆電話も販売機もありません。
f0116479_20545694.jpg

f0116479_20551351.jpg

f0116479_2056337.jpg

石野駅から東に2駅目が別所駅。石野駅とほぼ同一の造りです。
f0116479_20562641.jpg

f0116479_2056395.jpg

f0116479_20565479.jpg

f0116479_20571039.jpg

f0116479_20572636.jpg

終着の三木駅。さすがに終着駅だけあって本格的な駅施設を備えた大きな駅です。
f0116479_20585365.jpg

f0116479_20591389.jpg

f0116479_20592753.jpg

撮影時には線路の撤去が始まっていました。やがて撤去した線路跡には駅舎が曳屋で移築される事になります。
f0116479_2143397.jpg

f0116479_2145377.jpg

f0116479_2172975.jpg

f0116479_215613.jpg

移築される前の最後のホームの景色となります。
f0116479_2162147.jpg

f0116479_2163436.jpg

f0116479_2164775.jpg

f0116479_2171259.jpg

f0116479_218759.jpg

はたして、このレトロな構内風景は移築された後も保たれるのでしょうか。
f0116479_21112838.jpg

f0116479_21114356.jpg

f0116479_21115935.jpg

かつて沿線住民の生活を支えた地方鉄道は、財政難により今日その多くが廃線の危機を迎えています。
廃止されてしまった路線や駅舎が保存される例は少なく、ほとんどは取り壊されて道路に変わってしまいます。そのような中で、今回三木鉄道が試みるプランは、近代化遺産としての鉄道施設の活用事例として大いに期待できるものと思います。
f0116479_21331057.jpg


by sunshine-works | 2009-10-01 21:54 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(4)