<   2008年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2008年 08月 31日
奥平野浄水場・旧急速濾過場上屋
神戸兵庫区の近代建築その2

今回も神戸市が手がけた水道事業に因む近代化遺産、六甲山系の山裾に建てられた浄水施設を紹介します。奥平野浄水場に現存するこの建物は大正6年に設備を増強した際に建てられたもので、現在は神戸市水の科学博物館として公開されています。設計は明治期の神戸に数多くの作品を残した河合浩蔵です。
f0116479_16375410.jpg

明治中期に布引烏原両ダムが造成されましたが、これに併せてこの地に浄水施設が設けられました。両ダムから導かれた水はここで濾過され、市街に供給されていきました。
f0116479_1640116.jpg

留学先で学んだドイツ様式主義を得意とした河合浩蔵らしい重厚な建物です。玄関棟を中心に両翼が左右対称に伸び、両端には塔が設けられています。
f0116479_16412062.jpg

f0116479_1641272.jpg

f0116479_16414349.jpg

f0116479_1642229.jpg

f0116479_1643755.jpg

f0116479_1643477.jpg

f0116479_21301889.jpg

f0116479_20495778.jpg

f0116479_16442753.jpg

f0116479_16445783.jpg

f0116479_16463491.jpg

f0116479_2131257.jpg

場内に明かりを取り入れる屋根窓が並びます。
f0116479_16474675.jpg

正面のペディメントのマークは神戸の市章です。
f0116479_1649847.jpg

遠景から眺めた側面
f0116479_16503080.jpg

f0116479_1651147.jpg

f0116479_16512853.jpg

この浄水場で採用された急速濾過施設は大量の浄水処理を可能とする当時の最新技術でした。全国で2番目の急速濾過場として開かれたこの奥平野浄水場は、河合浩蔵の代表作として建築史に名を残す傑作であると共に、我が国の水道技術史を語る上でも欠かせない貴重な産業遺産となっています。
f0116479_20502897.jpg


by sunshine-works | 2008-08-31 21:34 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 08月 27日
立ヶ畑堰堤(烏原ダム)
神戸兵庫区の近代建築その1

北区の区境を南へ、古戦場で知られる鵯越(ひよどり越え)を抜けて兵庫区へ歩を進めます。
兵庫区は開港前の神戸の中心として古くから栄えた地です。平家が築いた大輪田の泊(兵庫津)は海運の拠点として発展し、現在のみなと神戸の基礎となりました。明治になると海岸沿いの一帯に大企業の工場が造られ、丘陵地域は住宅や文教地帯として開発されていきます。
神戸発展の原動力となった近代化遺産が数多く残る兵庫区の探訪、第1回目は前回の千苅堰堤に引き続いて水源施設を紹介します。
f0116479_2125109.jpg

神戸最初の水道ダムとして布引ダムが築かれた5年後、明治38年に2番目のダムとしてこの烏原ダムが竣工しました。布引ダムの約2倍、130万㎥の水量を蓄える重力式ダムです。
f0116479_21371565.jpg

f0116479_21384140.jpg

町並みを抜け、急な坂を登ること10分程でこの貯水地に到達します。坂道を振り返れば港や市街地が眼下に広がるのですが、坂を登りきったその先には豊潤に水を湛えるダム湖が突然現れます。街のすぐ裏手にこれだけの規模の水源施設が築かれているのは海岸線間近に山が迫る港町ならではの光景と言えます。
f0116479_21405669.jpg

構造は他の2つのダム同様、粗石とモルタルで堤体を築き、上部に石を張っています。美しく弧を描く堰堤は他2つのダムにない特徴です
f0116479_21424481.jpg

f0116479_2142230.jpg

f0116479_21435936.jpg

f0116479_21444275.jpg

中央に並ぶ4連のゲート。
f0116479_21462353.jpg

f0116479_2148827.jpg

堰堤上部。半円形断面のポンプ機械室は山田池ダムの物と良く似ています。
f0116479_21564538.jpg

f0116479_21503692.jpg

f0116479_21512690.jpg

f0116479_21515771.jpg

f0116479_21523980.jpg

f0116479_21531514.jpg

f0116479_21535926.jpg

f0116479_21543326.jpg

f0116479_2155765.jpg

f0116479_2156933.jpg

天端から覗いた下流側。
f0116479_2291183.jpg

堰堤の傍にはかっての管理棟(?)が建っています。
f0116479_22204895.jpg

f0116479_22212362.jpg

f0116479_22215392.jpg

f0116479_2222215.jpg

下流側をさらに進んだ辺りに残る石橋。
f0116479_22255472.jpg

f0116479_22264299.jpg

f0116479_22271299.jpg

f0116479_22275020.jpg

日本最初の重力式ダムである布引ダムとこれに続く烏原ダムの竣工によって近代ダムの技術は確立され、その後は全国に大規模なダムが続々と造られていきます。神戸市が取り組んだダム事業は日本の近代土木を語る上で欠かせない大きな役割を果たしていました。
f0116479_22345344.jpg


by sunshine-works | 2008-08-27 23:12 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(2)
2008年 08月 23日
千苅堰堤(千苅ダム)
神戸北区の近代建築その5

神戸市の北限、三田市と宝塚市に接する山間に位置する千苅貯水地。神戸の市街地に上水を供給する水道ダムとして大正8年に竣工しました。
f0116479_2359531.jpg

明治中期に始まった神戸市の水道事業は人口の増加・給水面積の増大につれて順次水源を拡大していきます。
最初に布引ダム、次に烏原ダム、そしてこの千苅ダムの順にダムが築かれていくのですが、年代を経るにつれて巨大な水源が必要とされ、千苅ダムの貯水量は布引ダムの30倍もの規模になります。布引ダム、烏原ダムが市街地のすぐ裏手に築かれたのと異なり、3番目のこのダムは豊富な水源を求めて六甲山を越えた深い山の中に築かれる事となります。
f0116479_23553952.jpg

形式はこの時代に一般的だった重力式ダムです。堰堤頂部には放流口となる17のゲートが設けられています。
f0116479_013378.jpg

f0116479_02376.jpg

f0116479_04140.jpg

f0116479_023586.jpg

f0116479_012718.jpg

f0116479_0352579.jpg

f0116479_032058.jpg

f0116479_010791.jpg

f0116479_0131879.jpg

ダム湖側から眺めた堰堤頂部のゲート。
f0116479_0184283.jpg

f0116479_019173.jpg

天端にはゲートの開閉装置が並びます。
f0116479_0242978.jpg

堰堤の脇に建つ碑文。英文と和文で記されています。
f0116479_027484.jpg

貯水池へ向う入口。桜のシーズンに一般公開されます。
f0116479_015275.jpg

f0116479_015441.jpg

f0116479_016191.jpg

千苅ダムの完成で神戸の水源は強化されたのですが、更なる人口増に対応するには3つの水道ダムだけでは限界となってしまいます。その後は遠く淀川から導水するルートが築かれ、こちらが主流となって行きます。現在この千苅ダムが供給する上水は全体の1割に満たない量ですが、90年を経た今も現役施設として活躍しています。
f0116479_0341110.jpg


by sunshine-works | 2008-08-23 23:43 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 08月 19日
山田池堰堤(山田池ダム)
神戸北区の近代建築その4

豊かな自然に囲まれた北区には大規模な水源施設が築かれました。今回と次回は近代土木遺産として残る2つのダムを紹介します。
北区の西部、三木市の境界近くに農業用水のダムとして築かれた山田池堰堤(ダム)。現在はその役目を終えていますが、今も竣工時の美しい姿を留めています。
f0116479_21225225.jpg

宮水に代表される優れた天然水を産する六甲山系ですが、山麓の西に繋がる東播磨地域は流量豊富な河川に乏しく、降水量も少ない(全国平均の半分程度)水に恵まれない土地でした。稲作には適さず畑作中心に細々と耕作が営まれていました。
明治になると現在の神戸市北区から西側の三木、加古川、明石一帯に農業用水を供給する長大な疎水を通すプロジェクトが民間主導で進められます。難工事の末に明治中期に淡河川疎水、大正期に山田川疎水が築かれます。この両疎水を補強する目的で昭和8年に完成したのがこの山田池ダムでした。
f0116479_21244762.jpg

構造としては重力式ダムと呼ばれる形式です。自然石を積み上げてモルタルを充填する工法で造られています。
f0116479_2127125.jpg

f0116479_21282680.jpg

f0116479_2129798.jpg

f0116479_21293478.jpg

f0116479_21294894.jpg

下から眺めた堰堤。
f0116479_21333238.jpg

f0116479_21341386.jpg

f0116479_21362756.jpg
f0116479_21365856.jpg

堰堤の上部(天端)。
f0116479_21521755.jpg

f0116479_2152384.jpg

f0116479_22401858.jpg

f0116479_21532856.jpg

f0116479_21543172.jpg

f0116479_21565547.jpg

f0116479_21553635.jpg

f0116479_21561743.jpg

f0116479_22172338.jpg

中央に設けられた取水塔。神戸兵庫区の烏原ダムや淡路の上田池ダム等この時代のダムに多く見られるデザインです。
f0116479_2222617.jpg

f0116479_22222369.jpg

f0116479_22223777.jpg

f0116479_22225328.jpg

f0116479_2223776.jpg

f0116479_22273632.jpg

f0116479_22331521.jpg

f0116479_22292362.jpg

淡河川・山田川疎水の開通とこれを補う山田池ダムの完成によってこの流域一帯は稲作地帯に変貌していきます。上水を供給する水道ダムが近代都市の基盤となった以上に農村地帯の生活基盤を大きく変えたのがこれら一連の疎水事業でした。
f0116479_2243208.jpg


by sunshine-works | 2008-08-19 23:18 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2008年 08月 11日
大沢郵便局
神戸北区の近代建築その3

北区の北部、のどかな風景の中に、半ば朽ちかけた古い郵便局舎が建っています。大沢(「おおぞう」と読みます)郵便局として使われていましたが、隣に新しい局舎が建てられた後は空家となっています。設計・施工の詳細は不明ですが、昭和10年代の築とするデータがあります。
f0116479_22591788.jpg

郵便局の近くには小学校や区の出張所(昔は村役場だったと思います)、消防団の施設が置かれており、この付近は地区の中心地となっています。
大沢集落に限らず、日本各地の集落の中心にはこのような郵便局舎が建てられていました。
f0116479_23415782.jpg

f0116479_0172814.jpg

建築意匠的に特徴的な物はありません。装飾もほとんど無く、部材もごく一般的な物です。当時の郵便局舎の多くはこのような造りでした。
f0116479_23584235.jpg

f0116479_2359638.jpg

f0116479_022264.jpg

f0116479_012179.jpg

f0116479_031657.jpg

玄関の庇が唯一のアクセントです。
f0116479_04066.jpg

f0116479_054242.jpg

f0116479_064877.jpg

f0116479_071013.jpg

側面から裏面の様子。後ろは畑が広がっています。
f0116479_091357.jpg

f0116479_095316.jpg

f0116479_010431.jpg

f0116479_0114076.jpg

新旧2つの局舎が並びます。
f0116479_0131082.jpg

小学校と並んで日本の津々浦々に建てられた近代建築の代表が郵便局舎でした。建物の規模として小さな物が多く、構造も木造が主だった為、現役で使用されている例は僅かしかありません。この旧局舎もこの先どうなるのか不明なのですが、何らかの用途に転用される道はないのでしょうか。
f0116479_0181556.jpg


by sunshine-works | 2008-08-11 00:37 | 近代建築 | Trackback | Comments(10)
2008年 08月 07日
旧亀の尾旅館(きらくや)
神戸北区の近代建築その2

神戸市内と有馬温泉を結ぶ神戸電鉄有馬線の終点、有馬温泉駅の駅前に和雑貨や土産物を扱うレトロな雰囲気漂う店が建っています。元々は旅館「亀の尾」として昭和初年に建てられました。
f0116479_22421993.jpg

神戸電鉄有馬線は昭和3年、当時の神戸の中心街であった湊川と有馬温泉を結ぶ路線として開通します。(それまでは有馬温泉への鉄道アクセスは北側の三田を結ぶ路線だけでした。)阪神間からの所要時間が大幅に短縮されたことで有馬はいっそうの賑わいを呈する事となり、温泉街も周辺部へ拡大していきます。
f0116479_2243828.jpg

温泉街から少し離れた場所に置かれた有馬温泉駅ですが、程なく周辺には多くの商店や飲食店が並ぶようになります。この建物も駅開設の直後に駅前旅館として建てられたと思われます。
f0116479_22491650.jpg

古い歴史を持つ温泉旅館とは異なり、いわゆる「駅前旅館」風の建物です。きらくやのHPには創業当時の亀の尾旅館の写真がありますが、窓の形状や屋上の仕上げ等現在の姿とかなり異なっています。
f0116479_22433743.jpg

f0116479_22465065.jpg
f0116479_22482163.jpg

f0116479_22484091.jpg

f0116479_22502746.jpg

f0116479_02127.jpg

店内に飾られている傘はこの旅館(喜楽荘と名を変えていました)で使われていたものです。
f0116479_03366.jpg

f0116479_0333274.jpg

2階へ続く階段は着物と小物でディスプレイされていました。
f0116479_0354760.jpg

近代的なホテルが並ぶ今日の有馬温泉にあっては、このような小規模な旅館はすっかり姿を消してしまいました。湯治目的に長期滞在する人がほとんどいなくなり、豪華な料理と大浴場を売り物にした大型ホテルが主流となっていく中では仕方の無いことかもしれません。
f0116479_132756.jpg


***************************************

おまけ

すぐ近くには旧有馬自動車組合の建物が残っています。(有馬自動車組合の詳細は不明です。) 昭和初期の築と思われるスクラッチタイル貼りの建物ですが、その後に改装が加えられているようです。
f0116479_193942.jpg

f0116479_110585.jpg

f0116479_1102513.jpg


by sunshine-works | 2008-08-07 01:32 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(0)
2008年 08月 03日
旧金井家別邸(カフェ・ド・ボウ)
神戸北区の近代建築その1

三宮駅からバスに乗って六甲山を越えます。中央区の北に接する北区は六甲山系の山麓を区域とする大きな(神戸市の面積の44%を占めます)区で、山に擁かれた豊かな自然が残っています。神戸市に編入されたのは戦後の昭和22年(兵庫区に編入されました)で、それまでの神戸市民にとっては山向こうに広がるのどかな山村として、そして有馬温泉に代表される行楽の地として知られていました。

神戸北区の近代建築探訪その1は有馬温泉に残る洋館からスタートです。

***************************************

北区の北東部に位置する有馬温泉は古い歴史を誇る温泉地です。明治期に交通アクセスが整備された事で大阪・神戸の奥座敷として発展し、明治中期には全国でも有数の温泉街となっていました。居留地の外国人達も明治初年にはすでに避暑地としてこの地を訪れており、外国人専用の旅館も建てられていたそうです。町並みを写した大正時代の写真にはモダンな建物をいくつも見ることが出来ます。

 温泉街の中心部に大正時代の洋館が1棟残っています。この建物は旅館「御所坊」の当主、金井家の別邸として建てられたものです。
f0116479_20554691.jpg

なだらかな坂の中腹、石垣の上に建てられた木造平屋、下見板張の洋館です。石垣の下の半地下にはベーカリーが併設されています。
f0116479_2130376.jpg

f0116479_21304483.jpg

f0116479_20581699.jpg

f0116479_20583365.jpg

ベランダこそありませんが神戸の異人館に多く見られるコロニアルスタイルの建物です。
f0116479_2183580.jpg

f0116479_2193171.jpg

f0116479_219524.jpg

f0116479_21102968.jpg

f0116479_21114875.jpg

f0116479_211219100.jpg

カフェとして使用されている内部の様子。
f0116479_21133352.jpg

f0116479_21142737.jpg

隣接する蔵も改装されてギャラリーになっています。
f0116479_21225234.jpg

f0116479_21233422.jpg


山間の古湯だった有馬温泉が近代的な温泉リゾートに変貌していく明治・大正期、先取の気鋭に富んでいた事業者達は、有馬に多くの洋風建築を建てました。当時の建物はその後の水害と火災で失われてしまいましたが、古い家並みに融けこんで建つこの建物に唯一当時を偲ぶ事が出来ます。
f0116479_21322055.jpg


by sunshine-works | 2008-08-03 08:03 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)