<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2007年 02月 24日
多聞ビルディング
西宮の近代建築その6

昭和3年築・設計古塚正治。
西宮の酒造地域のはずれにある堂々とした建物です。
f0116479_10432790.jpg


長く八馬汽船の本社として使われていましたが現在は空屋となっています。
最初は1階が西宮銀行、2階が八馬汽船の本社でした。いかにも銀行建築を思わせる外観はその為でしょうか。
f0116479_1044839.jpg


八馬汽船は米穀商だった八馬家が起こした海運会社で歴代の船には多聞丸の名が付けられています。これは八馬家が信仰する毘沙門天(多聞天)に由来するものです。多聞の名称は八馬家の酒造会社多聞酒造の清酒名でも知られています。
f0116479_10482381.jpg


エントランスホールを貫くコリント式のオーダー柱
f0116479_10522623.jpg

f0116479_10493791.jpg

エントランス天井の飾り
f0116479_1054567.jpg


東面には4本のオーダー。
f0116479_10464458.jpg


f0116479_11145189.jpg

f0116479_1123449.jpg


f0116479_10581867.jpg

f0116479_11103919.jpg


f0116479_1123339.jpg


柱頭のアップ
f0116479_1111445.jpg




窓、扉はふさがれ内部がどうなっているのかわかりません。補修はされているようですが空家となってだいぶ経過しているようです。他の銀行建築の事例に倣って有効な活用を図れないものでしょうか。このまま眠らせて置くのはもったいない建物です。
f0116479_11132415.jpg


by sunshine-works | 2007-02-24 11:53 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 20日
今津小学校旧校舎(六角堂)
西宮の近代建築その5
今津村立小学校の校舎として明治15年に建てられました。現存する小学校の洋風校舎としては松本市の開智小学校についで古い建物です。
f0116479_2341569.jpg

正面玄関の上にあるバルコニーの形から六角堂と呼ばれています。
f0116479_2383690.jpg

f0116479_038226.jpg

この建物の建築費の大部分は地元からの寄付で賄われたとの事です。大阪でも神戸でもなく、村の小学校に当時最先端のモダンな校舎が住民主導で建てられた事は驚くべきことです。
f0116479_2331316.jpg

玄関廻り
f0116479_23324657.jpg

f0116479_2333672.jpg

f0116479_0331117.jpg

f0116479_039648.jpg

今津は灘五郷と呼ばれる酒造地帯の東端の郷にあたり、酒造業や関連産業が栄えた地域でした。地場産業の隆盛を背景とした教育に対する高い熱意がこのような立派な小学校を建てさせたのでしょう。
f0116479_0125847.jpg

裏側
f0116479_013414.jpg

西側面
f0116479_0144214.jpg

建てられてから120年、学校の敷地内を数回移転しているそうです。戦災や震災にも耐え、取り壊しの危機も乗り越えて来ました。公民館や幼稚園としても使われましたが現在は同小学校の資料館となっています。
f0116479_0324411.jpg

f0116479_2332612.jpg


by sunshine-works | 2007-02-20 01:04 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 16日
甲子園ホテル(武庫川学院甲子園会館)3
西宮の近代建築その4
甲子園ホテルその3

正面エントランスのある西側の風景
f0116479_2338389.jpg

東ウイングの側面
f0116479_23463510.jpg

東ウイングから眺めた西ウイング。
f0116479_23472027.jpg

同じく西ウイングを回廊から。紅葉が鮮やかでした。
f0116479_23474636.jpg


玄関内側からの眺め
f0116479_23574736.jpg


ロビーの様子
f0116479_23532819.jpg

f0116479_2354317.jpg


照明器具は竣工時のものではありませんが忠実に復元されています。
f0116479_23503735.jpg

f0116479_23511572.jpg

f0116479_23523186.jpg

f0116479_23525773.jpg


ロビー中央にある蹲(つくばい)。打出の小槌から懇々と水が湧き出す様を表しています。
f0116479_2354294.jpg


元バーがあった場所の暖炉跡。
f0116479_23545817.jpg


ロビーから前庭側に出る扉
f0116479_03264.jpg


ロビー中2階にある応接室からの眺め。
f0116479_014265.jpg

f0116479_071521.jpg


高級ホテルとして関西社交界の華やかな舞台となった甲子園ホテルですが、進駐軍接収の後暫くは放置されていたようです。その後国から譲り受けた武庫川学院により改修・修復されこのように素晴らしい状態で維持されています。優れた建築物を守り伝えていく為には良き所有者との出会いもまた重要な要素です。


f0116479_034942.jpg


by sunshine-works | 2007-02-16 01:44 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2007年 02月 12日
甲子園ホテル(武庫川学院甲子園会館)2
西宮の近代建築その3
前回に引き続いて旧甲子園ホテルを紹介します。

ダンスホール・宴会場だった西ホールの内部です。
f0116479_23303263.jpg

f0116479_22464440.jpg


「滴」をモチーフにした石膏のレリーフが張られています。
f0116479_21593173.jpg

f0116479_23211274.jpg

f0116479_23323192.jpg

拡大するとこうなっています。打出の小槌を振って迸る水滴を意味しているそうです。
f0116479_2202353.jpg

ホール入口の欄間飾りには大きな打出の小槌が。
f0116479_2241724.jpg

ホールからの眺め。正面の列柱の向こうに見えるのは東ホール。
f0116479_2275779.jpg

f0116479_23231553.jpg



上階から各部の眺め。
f0116479_22134073.jpg

f0116479_2224618.jpg

f0116479_2226841.jpg

f0116479_22265468.jpg

f0116479_22273979.jpg

ここにも打出の小槌が。
f0116479_22213192.jpg



屋上の煙突廻り
f0116479_2233498.jpg

f0116479_2242795.jpg


美しい前庭の景色
f0116479_22474243.jpg


by sunshine-works | 2007-02-12 23:35 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 09日
甲子園ホテル(武庫川学院甲子園会館)1
西宮の近代建築その2
前回紹介した武庫大橋のすぐ傍にある素晴らしい建物です。見所が多く、とても1回では紹介し切れませんのでシリーズでお伝えします。

関西随一の高級リゾートホテルとして昭和5年に建てられました。設計はフランク・ロイド・ライトの愛弟子、遠藤新です。

*武庫川学院 甲子園会館のHP

正面の眺め。左右のウイングにホールと食堂を振り分け1対の煙突を配したシンメトリー構造となっています。
f0116479_095798.jpg

同じ面を池の畔から。昔は船遊びが出来る大きな池だったそうです。
f0116479_01036100.jpg

西側のウイング。ダンスホールや宴会場として利用されていました。
f0116479_0111669.jpg

ウイングの背後がかって客室だった場所です。
f0116479_012512.jpg

正面の詳細。
f0116479_0295470.jpg

特異なレリーフや柱。「打出の小槌」をモチーフにしたレリーフが随所にあります。
f0116479_0144336.jpg

f0116479_0151936.jpg

f0116479_0181978.jpg

インカやマヤ風にも見える不思議な光景。
f0116479_0392681.jpg


整然と並ぶ列柱のデザインは波を表しているそうです。
f0116479_015591.jpg

f0116479_0274783.jpg

f0116479_0163412.jpg

f0116479_0185572.jpg


f0116479_0191629.jpg
f0116479_0195010.jpg

f0116479_0174398.jpg

f0116479_0205663.jpg


帝国ホテルと並び評された甲子園ホテルですがホテルとしてはわずか15年ほどでその使命を終え、海軍病院、進駐軍宿舎を経て武庫川学院の施設となりました。現在は同学院の建築学科(女子大の建築科は珍しいです)が使用しています。こんな素晴らしい校舎で建築を学べるなんて最高の環境ではないでしょうか。

f0116479_0212930.jpg


*次回へ続く

by sunshine-works | 2007-02-09 01:58 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 01日
武庫大橋
尼崎の近代建築その15/西宮の近代建築その1
尼崎の近代建築シリーズ最後は西宮市との境、武庫川に架かる美しい橋を紹介します。
f0116479_23191492.jpg

f0116479_23192715.jpg

昭和2年築。設計は橋梁設計のスペシャリスト増田淳。
*神戸新聞のコラムに参考記事があります。
f0116479_1227843.jpg

阪神間の大動脈 国道2号線の橋です。専門用語ではRC開腹アーチ橋と言うそうです。
f0116479_12292189.jpg

f0116479_1243885.jpg

f0116479_0382747.jpg


f0116479_12304488.jpg

f0116479_12322966.jpg

f0116479_12401362.jpg

f0116479_1233344.jpg

f0116479_1233559.jpg

こちらは上流側からの眺め
f0116479_1235271.jpg

f0116479_123673.jpg

f0116479_12363396.jpg

両側にバルコニー(見晴らし台)が付けられています。
f0116479_1237943.jpg

f0116479_12373699.jpg

橋の東詰、尼崎側の親柱
f0116479_12384797.jpg

f0116479_1239435.jpg

f0116479_12391877.jpg

橋上の様子
f0116479_12461812.jpg

f0116479_12463843.jpg

f0116479_12471150.jpg

f0116479_12482778.jpg

f0116479_020135.jpg

f0116479_0204589.jpg

バルコニーは片面2箇所、計4箇所に設けられています。
f0116479_0235594.jpg

f0116479_0242256.jpg

f0116479_0244149.jpg

f0116479_0251151.jpg

欄干越しに見えるのは甲子園ホテル(設計:遠藤新)
f0116479_0264100.jpg

f0116479_0262757.jpg

f0116479_0265122.jpg

橋の西詰、西宮側です。
f0116479_031226.jpg

f0116479_03265.jpg

f0116479_0323121.jpg

f0116479_028413.jpg


尼崎の近代建築シリーズは今回で一先ず終了。次回より武庫大橋を渡って西宮の近代建築を巡ります。

by sunshine-works | 2007-02-01 00:31 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(0)