カテゴリ:近代建築 京都府( 47 )

2017年 09月 16日
石原駅跨線橋

京都の鉄道遺産

綾部から市境を越えて福知山市へ。福知山駅の一つ手前、山陰本線石原(いさ)駅のホームに明治大正期に作られた跨線橋支柱が現存しています。刻印が判別不可で詳しい製造年度は特定出来ませんが、各地に現存例が確認されている鉄道院・鉄道省時代の鋳鉄製跨線橋の一つです。

f0116479_12330453.jpg

山陰本線石原駅は明治37年の開業。この跨線橋が設置された経緯は不明ですが、山陰本線のこの区間が複線化されたのが昭和40年代なので、それまでは跨線橋の要は無く、おそらく複線化に伴うホーム新設時に他所から移築転用されたものと思われます。

f0116479_12574077.jpg
f0116479_20000084.jpg
f0116479_12540103.jpg
f0116479_12553735.jpg
f0116479_12564107.jpg

角柱の上部に円柱を重ねた鋳鉄製の柱、各柱の間に鋼線の筋交いを廻らします。これらは鉄道省の跨線橋支柱に共通する意匠です。
*当ブログ内にて、過去に以下の駅の鉄道省(院)跨線橋を紹介しています。
徳島線石井駅徳島線蔵本駅山陽本線熊山駅山陽本線金光駅山陰本線竹野駅山陰本線八鹿駅福知山線柏原駅

f0116479_13263210.jpg
f0116479_13265366.jpg
f0116479_13271348.jpg
f0116479_13301086.jpg
f0116479_13311104.jpg
f0116479_13302660.jpg
f0116479_13281020.jpg


本来は下部の角柱部分に製造工場と製造年度が刻まれているはずですが、それらしきものが見当たりません。削られた、あるいは度重なる塗装で埋もれてしまったものと推測されます。

f0116479_13321687.jpg
f0116479_13272992.jpg
f0116479_13294934.jpg
f0116479_13325498.jpg

跨線橋本体の築年も不明ですが、リベット接合の鉄骨構造は相応に古い時期のもの。床と外壁は移設後に更新されていると思われます。

f0116479_13370037.jpg
f0116479_13372919.jpg
f0116479_13380701.jpg


by sunshine-works | 2017-09-16 19:47 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 09日
旧佐賀村役場
京都府綾部市の近代建築その6

綾部駅から山陰本線を西へ一駅、高津駅の北方、由良川沿いの小さな集落に木造の旧役場建物が残されています。現在公民館として使われているこの建物はかつて存在した旧佐賀村に建てられた役場を移築したものです。
f0116479_14461944.jpg


小高い丘の上、神社の境内の隣に建つ木造平屋建物。下見板貼の壁面、中央に切妻屋根の庇を構え、左右に縦長窓を並べます。当時の地方庁舎によく見られる和洋折衷様式で建てられたこの佐賀村役場は大正6年の築とされています。
f0116479_14473163.jpg
f0116479_14503281.jpg
f0116479_10181371.jpg


玄関周りの詳細。破風下の横桁に刻まれた「佐賀村役場」の文字が微かに読み取れます。
f0116479_00460137.jpg
f0116479_14515878.jpg
f0116479_14524726.jpg
f0116479_14535255.jpg
f0116479_14542902.jpg

何鹿郡佐賀村は現在の福知山市と綾部市に跨った場所に存在した村でした。昭和31年に同村は二つに分かれて両市に吸収合併され、村役場があった場所は福知山市側に残りました。
旧役場はその後に綾部市側のこの場所に移され、公民館として使われています。
f0116479_14561430.jpg
f0116479_14593649.jpg
f0116479_14570609.jpg
f0116479_14575106.jpg
f0116479_00441572.jpg


側面にも縦長窓が並びます。
f0116479_00472659.jpg
f0116479_00475777.jpg













by sunshine-works | 2017-09-09 19:03 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 02日
丹陽教会
京都府綾部市の近代建築その5

綾部市の中心部の南、住宅地の一角に明治期から続く伝統を受け継ぐ教会が建っています。この建物は大正13年に丹陽基督教会の2代目会堂として建てられました。
f0116479_11372337.jpg


市街地のはずれ、角地に建つ切妻屋根の礼拝堂と3層の塔。当時の教会建物に一般的なゴシック様式に則った意匠です。
f0116479_21052930.jpg
f0116479_21075536.jpg
f0116479_12171838.jpg

尖頭アーチが囲む礼拝堂入口。礼拝堂と隣に並ぶ塔は繋がった構造です。
f0116479_21065631.jpg
f0116479_11375495.jpg
f0116479_21233942.jpg


この丹陽教会には綾部の繁栄の基を築いた郡是製糸の創業者、波多野鶴吉が深く係わっています。波多野鶴吉はこの丹陽教会の前身である丹波第二教会が福知山から当地に移転してきた当初から熱心な信者として仕え、大正13年に現在の会堂が献堂された際には多額の寄付を行いました。寄付者には郡是製糸の従業員有志や当時同社の主要取引先であったアメリカのスキナー商会が名を連ね、更にはこの教会堂の設計も郡是製糸の建築課が手掛けています。
郡是製糸は波多野鶴吉の元でキリスト教を基本理念とした社員教育を実践しており、この教会の信者の三分の一近くが同社従業員だったそうです。
f0116479_21223353.jpg
f0116479_21105345.jpg
f0116479_21120571.jpg
f0116479_21123678.jpg
f0116479_21151905.jpg
f0116479_21185613.jpg
f0116479_21211033.jpg
f0116479_21134570.jpg
f0116479_21142886.jpg



by sunshine-works | 2017-09-02 12:20 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 26日
グンゼ綾部の建物3
京都府綾部市の近代建築その4

前回前々回で郡是製糸の新旧本社建物を紹介しましたが、その周辺にも郡是製糸時代に建てられた工場施設や付属建物が現存しています。グンゼ綾部の建物廻りの最後はこれらの建物を紹介します。
f0116479_13391033.jpg

旧郡是製糸本館の隣に並ぶ木造2階建ての建物。郡是製糸本社工場正門として建てられました。郡是製紙本館と同年の大正6年築です。
f0116479_13482684.jpg
f0116479_13490334.jpg
f0116479_13492968.jpg


隣に並ぶ建物も良く似た意匠の2階建て。この建物も郡是製糸時代のものと思われます。
f0116479_13495443.jpg
f0116479_13523824.jpg


道路を挟んで建つ鉄筋コンクリート造の建物。大正後期に蚕事務所本館として建てられました。
f0116479_13580414.jpg
f0116479_13591217.jpg
f0116479_13592312.jpg
f0116479_13594786.jpg
f0116479_14000744.jpg
f0116479_14010556.jpg
f0116479_14002484.jpg


蚕事務所の南には当時使われていた繭蔵が移築され、グンゼ博物苑として公開されています。
f0116479_14075760.jpg
f0116479_14082247.jpg
f0116479_14084051.jpg
f0116479_14085772.jpg
f0116479_14093904.jpg
f0116479_14095952.jpg
f0116479_14104047.jpg
f0116479_14110309.jpg



by sunshine-works | 2017-08-26 21:43 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 19日
グンゼ綾部の建物2
京都府綾部市の近代建築その3

前回はグンゼ綾部本社として現役で使われている昭和8年築の社屋を紹介しましたが、この建物の周りには郡是製糸時代に建てられた多くの建造物が保存施設として残されています。
今回は大正6年に建てられ、昭和8年に現在のグンゼ綾部本社が竣工するまで本社事務所として使われた建物を紹介します。
f0116479_12390644.jpg

木造2階建、寄棟造。建物中央に車寄せを備えた玄関を配置、基礎や玄関周りに切り石を積み、モルタル仕上げの壁面には縦長窓を並べます。当時の木造社屋に多く用いられたこの意匠は、西日本を代表する製糸会社に成長を遂げた同社の新社屋に相応しい風格を備えたものとなりました。
f0116479_13052455.jpg
f0116479_13055365.jpg
f0116479_13072838.jpg

大きな寄棟屋根の中央には換気用の小塔が据えられています。。
f0116479_13082821.jpg
f0116479_13085847.jpg

敷地の中を奥へ。中央に小ぶりな玄関を構えます。
f0116479_13114260.jpg
f0116479_13121338.jpg
f0116479_13131228.jpg
f0116479_13134266.jpg
f0116479_13143008.jpg

この建物は細部に亘って往時の姿が良好に残されています。
各面の上げ下げ式窓も創建時と同じ木枠のものが現存しています。
f0116479_13145521.jpg
f0116479_13153345.jpg
f0116479_13155702.jpg

敷地を囲む塀や門も当時の状態が保たれています。
f0116479_13174153.jpg
f0116479_13181194.jpg
f0116479_13182857.jpg
f0116479_13192314.jpg
f0116479_13200573.jpg

旧本社事務所とグンゼ綾部本社建物の間に建つ木造平屋の建物。詳細は不明ですが、この建物も郡是製糸時代のものと思われます。
f0116479_14484619.jpg
f0116479_14494558.jpg
f0116479_14501511.jpg
f0116479_14510568.jpg
f0116479_14504878.jpg



by sunshine-works | 2017-08-19 23:34 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 12日
グンゼ綾部の建物1
京都府綾部市の近代建築その2

現在のグンゼ株式会社の前身、郡是製糸は明治29年に綾部町で設立され、その後日本を代表する繊維メーカーに発展します。
グンゼ創業の地である綾部には創設時から昭和に至る各時代の様々な建物が建てられ、現存する主要な建物は日本の近代製糸業の歴史を刻む貴重な産業遺産となっています。
京都府丹波の近代建築巡りは数回に分けて綾部市中心部に残るこれらの建物を紹介します。
f0116479_13181179.jpg

現在はグンゼ綾部本社として使われているこの建物は、昭和8年に郡是本社として建てられました。
f0116479_13264089.jpg
f0116479_13274393.jpg

京都府北部は古くから養蚕業が栄えた地でしたが、明治以降の近代化に於いては東日本の生産地が国家主導で発展する中、質、量共に遅れを取っていました。
明治29年に波多野鶴吉によってこの地に創業された郡是製糸は最新の西洋技術を導入した大規模な工場施設を設置し、その後の社内教育環境の整備による人材育成と弛まぬ品質管理によって日本を代表する製糸紡績会社に発展し今日の総合繊維メーカー、グンゼの礎を築きます。
現在グンゼの実質的な本社は大阪市に置かれていますが、登記上の本店所在地は今も創業地のこの建物に置かれています。
f0116479_13480666.jpg

鉄筋コンクリート2階建、道路に沿って長く延びる間口の左に寄せて玄関ポーチを配置。壁面に縦長窓を並べ、玄関上部には丸窓を配します。
f0116479_13432652.jpg
f0116479_13440684.jpg
f0116479_13455091.jpg

建物は奥行き方向も長く延びています。通用口の左には同時期に建てられた門衛所が現存しています。
f0116479_14020192.jpg
f0116479_14024674.jpg

化粧タイルで飾られた玄関車寄せ。当時流行したアールデコ様式が用いられています。
f0116479_13493110.jpg
f0116479_13523773.jpg
f0116479_13514895.jpg
f0116479_13530121.jpg
f0116479_13532782.jpg
f0116479_13535629.jpg
f0116479_13500444.jpg
f0116479_13505477.jpg
f0116479_13511656.jpg
f0116479_14034218.jpg


建物右側の出入口。庇の持送りもアールデコ風の意匠。
f0116479_14050596.jpg
f0116479_14054878.jpg

縦長窓の多くは取替えられていますが、玄関右上の一角は当時のままのステンドグラスが残っています。
f0116479_14070104.jpg



by sunshine-works | 2017-08-12 20:03 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 05日
綾部橋
京都府綾部市の近代建築その1

綾部駅の南に広がる中心街を東へ進んで程なく、由良川の広い川面に7連の美しいトラス橋が渡されています。この綾部橋は昭和4年に架けられました。
f0116479_10590196.jpg

それまで綾部市街地と由良川対岸とは木橋と渡し舟によって結ばれていましたが、商工業の拠点として発展する綾部の交通量の増大に対応する為、綾部初の近代橋梁として架け換えられました。
200メートルを超える川幅を渡る橋桁には明治大正期から各地に設置され、技術的に確立されていたボーストリングトラスが用いられました。
f0116479_11314823.jpg
f0116479_11143862.jpg
f0116479_11153711.jpg

美しい弧を描く一連30メートルのボーストリングトラス。この形式は設置が容易で工期が短い利点がありましたが、強度や剛性に限界があり、その後は廃れてしまいました。各地に幾つものボーストリングトラス橋の現存例が在りますが、7連も連続するトラスは全国でも希少なものとなります。
f0116479_11191028.jpg
f0116479_11173614.jpg

上構部分は横桁が無いポニートラス。橋長200メートルを超える当時としては長大な橋ですが、桁単体は幅員の狭い小規模なトラスを連ねたものとなっています。
f0116479_11195150.jpg
f0116479_11181569.jpg
f0116479_11202253.jpg
f0116479_11211101.jpg
f0116479_11214085.jpg
f0116479_11230060.jpg
f0116479_11232225.jpg
f0116479_11263051.jpg

由良川の下流側に見えるのは山陰本線綾部川橋梁。
f0116479_11250677.jpg
f0116479_11252162.jpg




by sunshine-works | 2017-08-05 23:18 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 07日
京都府丹後の近代建築 補遺4
京都府丹後の近代建築補遺4回目は近代土木、工場、その他です。

加悦町にある西山工場建物。明治中期に建てられた丹後ちりめんの工場です。
f0116479_14264756.jpg
f0116479_14270377.jpg
f0116479_14272822.jpg
f0116479_14280796.jpg
f0116479_14274465.jpg
f0116479_14282106.jpg

ちりめん街道に面した主屋。隣に並ぶのは以前紹介した伊藤医院
f0116479_14283837.jpg
f0116479_14285586.jpg


舞鶴鎮守府の軍用水道開設時に設置された与保呂川の取水施設。ここから北吸浄水場に送水されました。
f0116479_14374607.jpg
f0116479_14380790.jpg
f0116479_14384168.jpg
石積みの堰堤
f0116479_14392647.jpg
f0116479_14394596.jpg
f0116479_14395774.jpg
石積の水門。海軍を示すMの文字が刻まれています。
f0116479_14404885.jpg
f0116479_14410630.jpg
f0116479_14412799.jpg

近くにある岸谷貯水池。給水量拡大の為、大正期に設置されました。
f0116479_14424448.jpg
f0116479_14425673.jpg



神埼ホフマン窯近くの神社に残る手洗い場。当然隣の窯で焼かれた煉瓦が用いられています。

f0116479_22463156.jpg
f0116479_22470008.jpg
f0116479_22472326.jpg
f0116479_22475308.jpg
f0116479_22480882.jpg

宮津市内の旧銭湯。大正2年築。
f0116479_14445951.jpg
f0116479_14450814.jpg
f0116479_14452563.jpg

西舞鶴の商店街に残る君の湯。こちらは現役です。
f0116479_14482311.jpg
f0116479_14462032.jpg
f0116479_14465035.jpg
f0116479_14471173.jpg
f0116479_14475567.jpg



by sunshine-works | 2016-05-07 10:01 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 29日
京都府丹後の近代建築 補遺3
京都府丹後の近代建築補遺3回目は鉄道橋梁、道路橋です。

f0116479_13570869.jpg

京都丹後鉄道の野田川橋梁。中央の桁は後年に架け替えられましたが、両脇の下路プレートガーダー部分は鉄道省時代のものです。
f0116479_14022791.jpg
f0116479_14030324.jpg
f0116479_20573835.jpg
f0116479_14033233.jpg
f0116479_14034712.jpg

同じく京都丹後鉄道の水戸谷川橋梁。竣工時の巨大な石積み橋脚が今尚使われています。
f0116479_14102750.jpg
f0116479_14095312.jpg
f0116479_14105643.jpg
f0116479_14112183.jpg
f0116479_14113415.jpg
f0116479_21060957.jpg
f0116479_14114810.jpg

第一五十河橋梁。
f0116479_14133283.jpg
f0116479_14134505.jpg

京丹後市久美浜の中心部の新橋。昭和2年の丹後地震の復興橋の一つです。
f0116479_14193922.jpg
f0116479_14180064.jpg
f0116479_14173725.jpg
f0116479_14183901.jpg
f0116479_14191889.jpg

与謝野町加悦の旧役場近くの天神橋。昭和9年架橋。
f0116479_14225011.jpg
f0116479_14231638.jpg
f0116479_14232763.jpg
f0116479_14234628.jpg
f0116479_14222162.jpg
f0116479_14214462.jpg





by sunshine-works | 2016-04-29 21:31 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 22日
京都府丹後の近代建築 補遺2

京都府丹後の近代建築 補遺その2は公共建物、医院、住宅を紹介します。
f0116479_13292409.jpg


京丹後市大宮の旧長善村役場。戦後に移築され現在は公民館として利用されています。
f0116479_13390588.jpg
f0116479_13394892.jpg
f0116479_13392849.jpg
f0116479_13400377.jpg

宮津市由良の脇公民館。昭和3年築。
f0116479_13440736.jpg
f0116479_13444702.jpg
f0116479_13443263.jpg

f0116479_13455073.jpg
f0116479_13452216.jpg
f0116479_13453568.jpg


同じく由良の浜野路公民館。昭和2年築。脇公民館と同じ設計者が手掛け、逐年もほぼ同時期。意匠も良く似ています。
f0116479_13511407.jpg
f0116479_13513720.jpg
f0116479_13515385.jpg
f0116479_13520193.jpg
f0116479_13523692.jpg
f0116479_13524635.jpg
f0116479_13530723.jpg
f0116479_13535807.jpg


こちらも由良町の建物。旧農協支所との事ですが、元々は何らかの公共建物だったと思われます。
f0116479_13561660.jpg
f0116479_13563891.jpg
f0116479_13565645.jpg
f0116479_13571048.jpg
f0116479_13572736.jpg

由良の町並みの外れに建つ医院。昭和5年築。この建物も上記二つの公民館と同じく中西熊太郎の設計・施工。地元の棟梁でしょうか。
f0116479_14095938.jpg
f0116479_14101918.jpg
f0116479_14103942.jpg
f0116479_14105757.jpg
f0116479_14110774.jpg
f0116479_14112068.jpg
f0116479_14113423.jpg
f0116479_14115126.jpg
 
宮津市内の旧医院。昭和初期の築。
f0116479_14132268.jpg
f0116479_14133154.jpg

与謝野町加悦の旧家に残る洋館。ちりめん問屋から発展し銀行頭取や鉄道会社社長を経て加悦町町長を勤めた尾藤家11代当主によって建てられました。
f0116479_14233973.jpg
f0116479_14242556.jpg


室内の様子です。
f0116479_14252028.jpg
f0116479_14260642.jpg
f0116479_14263521.jpg
f0116479_14272240.jpg
f0116479_14273455.jpg


by sunshine-works | 2016-04-22 21:51 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)