カテゴリ:近代建築 広島県( 26 )

2016年 09月 17日
神龍橋(旧紅葉橋)
広島県神石高原町の近代建築その5

前回紹介した桜橋から遊歩道を進んだ先に、同じく赤く塗られた鉄橋が架かります。
この神龍橋は昭和5年に架けられた紅葉橋を移設したものです。
f0116479_12550703.jpg

アーチ橋の桜橋に対して、こちらは曲弦トラス橋。スパン長83メートルは戦前に架けられた道路橋としては国内最長を誇ります。
元々はこの場所から数百メートル南の県道の橋として架けられましたが、昭和60年の新橋架け替えの際に現在地に移されました。
f0116479_12555569.jpg
f0116479_12553571.jpg


単径間下路式ペンシルベニアトラス。製造は桜橋と同じく松尾鉄骨橋梁。
f0116479_12565227.jpg
f0116479_12570478.jpg
f0116479_12581667.jpg

この時代のトラスならではの細密組まれた構造材。表面にはびっしりとリベットが打たれます。
f0116479_12572191.jpg
f0116479_12573304.jpg
f0116479_12575877.jpg
f0116479_12583932.jpg

f0116479_12591370.jpg
f0116479_12585334.jpg
f0116479_12592990.jpg





by sunshine-works | 2016-09-17 12:48 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 10日
桜橋
広島県神石高原町の近代建築その4

神石高原町と庄原市に跨る景勝地帝釈峡を廻る遊歩道の途中に、赤く塗られた橋が架けられています。
二つのアーチが重なる優美な姿のこの桜橋は昭和11年に架けられました。
f0116479_13445896.jpg

帝釈川を渡る中路式ブレーストリブアーチ、橋長70m。製作は大阪の松尾鉄骨橋梁。
f0116479_13471917.jpg
f0116479_13510784.jpg
f0116479_13473808.jpg
f0116479_13475995.jpg
f0116479_13535818.jpg

側面はすっきりしたアーチ橋。上部にはびっしりと横桁材が組まれます。
f0116479_13483177.jpg
f0116479_13503701.jpg
f0116479_13492436.jpg
f0116479_13494323.jpg
f0116479_13495743.jpg

親柱の上に立てられたT字型の鉄柱。かつてはここに照明具が吊るされていました。
f0116479_14080207.jpg
f0116479_13524171.jpg
f0116479_14083877.jpg
f0116479_13521643.jpg


by sunshine-works | 2016-09-10 15:07 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 03日
旧新坂小学校校舎
広島県神石高原町の近代建築その3

神石高原町の北部、新免地区の外れに廃校となった木造校舎が残されています。
昭和12年に新坂尋常小学校の校舎として建てられ、平成4年の廃校まで使われました。
f0116479_13254231.jpg

木造下見板張り2階建て。中央の入口を中心にシンメトリーに両翼が伸びます。
f0116479_21240593.jpg
f0116479_13263107.jpg
f0116479_13274595.jpg
f0116479_13285122.jpg
f0116479_14284033.jpg
f0116479_13294202.jpg

中央の玄関周り。切石の基礎が庇の角柱を支えます。
f0116479_14293135.jpg
f0116479_14302001.jpg
f0116479_14310564.jpg
f0116479_14315100.jpg
f0116479_14330119.jpg
f0116479_23504759.jpg


建物奥には当時のままの木製窓枠が残ります。
f0116479_14401289.jpg


一部の窓枠以外は殆ど当時のまま。下見板の外壁も原状が保たれています。
f0116479_14405717.jpg


f0116479_14421143.jpg
f0116479_14441444.jpg


by sunshine-works | 2016-09-03 23:57 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 27日
旧小野小学校校舎
広島県神石高原町の近代建築その2

岡山県との県境近く、神石高原町小野地区に現在公民館として使われている旧校舎が残されています。
昭和4年、小野村立小野尋常小学校の校舎として建てられました。
f0116479_11015266.jpg

広い敷地に建つ下見板張りの木造平屋建。中央に玄関を構え、東西に長く建屋が延びます。
f0116479_11175226.jpg
f0116479_11075171.jpg

この小野小学校も前回紹介した坂瀬川小学校と同時期の明治6年設立と大変古い歴史があります。この校舎は昭和4年に当地に移築された際に新設されたものです。
f0116479_11142085.jpg
f0116479_11104935.jpg
f0116479_11162957.jpg
f0116479_11095210.jpg
f0116479_11131070.jpg

切妻屋根の庇を張り出す中央の玄関とその奥の入口周り。玄関の天井は格天井になっています。
f0116479_11091662.jpg
f0116479_11192706.jpg
f0116479_11195707.jpg
f0116479_11202044.jpg

建物裏側。当時のままの木製の窓枠が残ります。
f0116479_11214328.jpg
f0116479_11220186.jpg
f0116479_11225130.jpg


by sunshine-works | 2016-08-27 23:57 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 20日
旧坂瀬川小学校校舎
広島県神石高原町の近代建築その1

福山から奥出雲へ至る東条街道を北へ。神石高原町坂瀬川集落の外れに古い木造建物が建っています。
この旧坂瀬川小学校は昭和59年に廃校となった後、30年を経た今も当時の姿で残っています。
f0116479_02222215.jpg


高台の端の藪に囲まれた敷地に建つ木造2階下見板張り。正面左側の玄関上部に切妻折屋根破風を立ち上げたモダンな造りです。
f0116479_02250567.jpg
f0116479_02254948.jpg
f0116479_02270988.jpg


傍らに立つ碑文に拠るとこの小学校の設立は明治6年。非常に歴史のある小学校だった様です。
意匠、仕様から察すると現存する校舎は初代のものではなく、大正後期から昭和初期の築かと思われます。
f0116479_02314824.jpg
f0116479_02323816.jpg
f0116479_02290086.jpg
f0116479_02333189.jpg

建物左に寄せて設けられた小さな玄関とファサード上部。
f0116479_02363785.jpg
f0116479_02371359.jpg


建物中程の見上げ。幾つかの窓はサッシに替えられています。
f0116479_02382690.jpg


校舎奥側から玄関方向。
f0116479_02385731.jpg
f0116479_02395792.jpg

裏側には木製の窓枠が残されています。
f0116479_02421925.jpg
f0116479_02430002.jpg


by sunshine-works | 2016-08-20 23:57 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 13日
上下町の近代建築②
広島県府中市の近代建築その5


前回に続いて上下町の近代建築を紹介します。


交差点に建つ旧片野製パン所。一時期は食堂としても使われていました。
f0116479_14394866.jpg
f0116479_14223867.jpg
f0116479_14344342.jpg
f0116479_14335856.jpg
f0116479_14411986.jpg
f0116479_14383282.jpg
f0116479_14444763.jpg
f0116479_14361609.jpg

建物側面。間口はそこそこの幅がありますが、奥行きが非常に短い建物です。
f0116479_14421216.jpg

アーチで囲まれた玄関周り。
f0116479_14473066.jpg
f0116479_11045712.jpg
f0116479_11011032.jpg
f0116479_11054109.jpg


店内の様子。内部は良好に当時の状態を保っています。
f0116479_10592208.jpg
f0116479_10594835.jpg


片野製パン所から通りを挟んだ斜め向いに、望楼を乗せた白壁の建物が建っています。
この建物は明治12年に上下警察署として建てられました。
f0116479_10535393.jpg
f0116479_11025125.jpg


1階部分は大きく改装されていますが、2階の窓周りに儀洋風建築の趣を残します。
f0116479_11034969.jpg
f0116479_11074900.jpg


この二つの建物から翁座方向へ向かう途中で渡る翁橋。昭和12年架橋。
f0116479_16224851.jpg
f0116479_16232045.jpg
f0116479_16382686.jpg
f0116479_16432252.jpg
f0116479_16402270.jpg
f0116479_16260442.jpg


by sunshine-works | 2016-08-13 16:46 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 06日
上下町の近代建築①
広島県府中市の近代建築その4

前回で上下町の翁座を紹介しましたが、上下町の中心部には他にも古い洋風建築が現存しています。
古い町並みに残るこれら近代建築の幾つかを今回と次回で紹介します。
f0116479_13311523.jpg


中心街の中ほど、屋根上に望楼を乗せた目を惹く建物が建てられています。元々は商家の金蔵として建てられたものですが、昭和26年に日本キリスト教団上下教会の建物として改装されました。
f0116479_14071502.jpg
f0116479_13374584.jpg

側面は当初の土蔵風の意匠が残りますが、正面は改装されて窓や玄関が設けられ、化粧タイルが貼られています。望楼は当初からのもので、上部の避雷針を利用して十字架が取り付けられています。
f0116479_14115466.jpg
f0116479_14140123.jpg
f0116479_14110624.jpg
f0116479_14054206.jpg
f0116479_14165506.jpg
f0116479_14164110.jpg
f0116479_16144378.jpg
f0116479_14161066.jpg
f0116479_14172331.jpg
f0116479_14173635.jpg

通りを西へ進んだ先に建つモダンな洋風建築。現在商工会館として使われているこの建物はかつて上下警察署の庁舎として建てられました。昭和5年築。
f0116479_15273719.jpg

コンクリート造に見えますが、木造2階建て切妻平入り造り。建築意匠についてはこちらに詳しい説明があります。
f0116479_15335483.jpg
f0116479_15342587.jpg

分厚いコンクリートで仕上げた玄関車寄せ。建物全体に当時流行のアールデコ様式をとり入れています。
f0116479_15494242.jpg
f0116479_15495927.jpg
f0116479_15501588.jpg
f0116479_15512219.jpg


by sunshine-works | 2016-08-06 14:03 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 30日
翁座
広島県府中市の近代建築その3

石見銀山と笠岡を結んだ街道の宿場町として栄えた府中市上下町の古い町並みの外れに、かつて演芸場や映画館として使われた建物が残されています。
大正期に建てられたこの翁座は広島県内に現存する木造の劇場としては最古のもの、大正、昭和期の演芸場の概要を伝える建物としても全国的に希少な現存例となります。
f0116479_11344680.jpg
f0116479_11350198.jpg

街道沿いから北へ進んだ先に見えてくる木造2階建ての大きな建物。上下町の古い町並みに残る伝統家屋と同様の白漆喰壁仕上げです。
この建物は明治以降も地域の商業・文化の中心地として賑わった上下町の有志によって大正時代に建てられた演芸場で、花道や周り舞台、奈落を備えた本格的なものでした。
f0116479_11170335.jpg
f0116479_11354085.jpg
f0116479_11361109.jpg

建物正面の景色。「映画実演」の看板のとおり、末期には映画館と演劇場を兼ねていました。
f0116479_12021148.jpg
f0116479_12055118.jpg
f0116479_14010759.jpg
f0116479_12063705.jpg
f0116479_13361795.jpg
f0116479_13365768.jpg


側面は下見板とトタンの素朴な仕上げ。
f0116479_13374249.jpg
f0116479_13380894.jpg

このような地方劇場の多くはその後に映画上映館に転じて命脈を繋ぎますが、昭和後期には殆どが廃業を余儀なくされます。この翁座も現在は劇場・映画館の用は終えていますが、建物は不定期に開催されるイベントに活用されています。
f0116479_13383572.jpg


by sunshine-works | 2016-07-30 14:04 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 23日
旧平地呉服店
広島県府中市の近代建築その2

福塩線府中駅の北側に広がる中心市街の一角に、昭和初期に建てられた商業建築が残されています。
現在NPO法人の拠点として地域イベントに使われているこの建物は呉服店舗として昭和8年に建てられました。
f0116479_01571832.jpg

商店街の角地に建つ木造2階建。外壁はスクラッチタイル張。アールを描く建物コーナー、建物を取り囲む庇や蛇腹、軒飾り、窓周りの装飾、塔屋の意匠等々、当時の流行を取り入れた非常にモダンな店舗建物です。
f0116479_02081996.jpg
f0116479_01573645.jpg
f0116479_02035074.jpg
f0116479_02001530.jpg
f0116479_02002784.jpg
f0116479_01591806.jpg
f0116479_02090522.jpg

美しい弧を描くコーナーには縦書きで平地呉服店の名が掲げられています。
f0116479_02050950.jpg
f0116479_02022986.jpg

建物を取り巻く庇の下に連なるショーウィンドーやガラス窓。当時としては斬新なガラスを多用した意匠です。
f0116479_02005337.jpg
f0116479_02055146.jpg
f0116479_02011131.jpg
f0116479_02012454.jpg
f0116479_02014812.jpg


脇の窓周りの凝った意匠。
f0116479_02072288.jpg
f0116479_02063173.jpg
f0116479_02062032.jpg


by sunshine-works | 2016-07-23 12:48 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 16日
旧芦品郡役所
広島県府中市の近代建築その1

府中の中心市街から芦田川を越えて南へ程なく、小高い丘の一角に明治期に建てられた旧郡役場庁舎が残されています。郷土資料館として使われているこの建物は明治36年に旧芦品郡役所として建てられました。
f0116479_13425894.jpg

木造2階建、外壁を漆喰壁で仕上げ寄棟屋根に和瓦を葺きます。
f0116479_13431749.jpg

建物意匠についてはこの案内板に詳しい解説があります。
f0116479_13452852.jpg

郡制は明治中期から大正12年に廃止されるまで存在した地方自治体で、所属する府県の元で管轄下の町村を司る機関として置かれていました。郡制が廃止された後、多くの郡役場は市町村役場や支所として転用されますが、郡制の存続期間が短かった事もあって旧郡役場の現存数は少なく、広島県内ではこの旧芦品郡役場が唯一のものとなります。
f0116479_13461098.jpg
f0116479_13465303.jpg
f0116479_13473616.jpg
f0116479_13482205.jpg
f0116479_13522635.jpg
f0116479_13530695.jpg

建物の規模や用途からは不釣合いに小さな玄関。
裏口や通用口らしきものも見当たりません。改装で埋められたのでしょうか。
f0116479_10520554.jpg

f0116479_13545123.jpg

側面から裏側へ周ります。
f0116479_13564208.jpg

f0116479_13565988.jpg
f0116479_13575750.jpg
f0116479_13581276.jpg




by sunshine-works | 2016-07-16 11:29 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)