カテゴリ:近代建築 香川県( 38 )

2011年 04月 30日
旧陸軍第11師団 騎兵第11連隊建物
香川県善通寺市の近代建築その6

善通寺駅から続く大通りを西へ進んで程なく、市街の中心付近に四国学院大学のキャンパスが置かれています。この四国学院大学は旧陸軍第11師団隷下の騎兵第11連隊跡地に開かれており、騎兵連隊当時の建物の一部が同校の校舎として利用されています。
f0116479_21352122.jpg

善通寺に残る旧軍施設の中で民間の用に供された最大の建物です。2棟あった騎兵連隊の兵営のうちの1棟と騎兵連隊本部建物1棟が現存しています。
現存する騎兵連隊当時の建物の一つ、四国学院大学の2号館として使われている旧騎兵連隊第2号兵舎。明治30年築。
f0116479_21371439.jpg

正面玄関には三角ペディメントを持つ庇とオーダー柱が添えられていますが、これらは同学院が設立された際に付け加えられたものです。元々は装飾要素が殆ど無い、当時の一般的な兵舎建築でした。
f0116479_21374888.jpg
f0116479_21364074.jpg

f0116479_21384756.jpg

f0116479_2139460.jpg

f0116479_23113237.jpg

後年に加えられた石柱と庇。然程違和感無く組み合わされています。
f0116479_21405584.jpg

建物中央に玄関、左右に上げ下げ式の縦長窓が並びます。
f0116479_21483873.jpg

f0116479_21455650.jpg

f0116479_21472278.jpg

f0116479_2148117.jpg

側面から建物裏側へ回ります。裏側は更に飾り気のない、シンプルな意匠です。
f0116479_22125336.jpg

f0116479_22131555.jpg

f0116479_22133350.jpg

f0116479_23125957.jpg

f0116479_23174660.jpg

f0116479_22141757.jpg

f0116479_22145926.jpg

f0116479_22143952.jpg

木製の窓枠が当時のまま残されています。
f0116479_2215555.jpg

f0116479_22165757.jpg

同学院のキャンパスにはこの他に1棟、旧騎兵連隊の本部だった建物が現存します。
f0116479_23335873.jpg

f0116479_2351185.jpg

旧第11輜重大隊本部建物と規模や意匠に類似性があります。本部建物として統一基準が設けられていたと思われます。
f0116479_2343563.jpg

旧軍施設が戦後に設立された新制大学のキャンパスとして転用された例は幾つもあります。市街の主要部に立地し、広い敷地を有していた旧軍施設は校地として最適の条件を備えていました。
戦後60年以上を経た今日、校舎として転用された兵舎の多くは建て代えられ、旧軍由来の建物は倉庫や補充的な用途に使われている例が殆どを占めている中、主要な校舎の一つとして共されているこの四国学院大学は全国的にも希少な事例と思われます。
f0116479_23481626.jpg


by sunshine-works | 2011-04-30 23:58 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 25日
旧陸軍第11師団 輜重第11大隊建物
香川県善通寺市の近代建築その5

善通寺市内に残る旧軍施設探訪の3回目は偕行社の西隣に建つ兵舎と煉瓦造の倉庫を紹介します。
現在は自衛隊の施設として使われているこれらの建物は旧輜重第11大隊の大隊本部及び倉庫として建てられたものです。
f0116479_20471081.jpg

善通寺市内には第11師団を構成する様々な兵科の施設がありましたが、この場所には兵站の輸送を担当する輜重隊が置かれていました。終戦に伴い広大な敷地は市に返還される事となりますが一部の区画は自衛隊に引き継がれ、輜重隊時代の建物がそのまま利用されています。
f0116479_20484887.jpg

昭和16年に建てられた本部建物。木造下見板貼の2階建て、装飾表現は殆どありませんが、正面入口上部の三角破風に兵舎らしさが窺えます。
f0116479_2049216.jpg

破風の中央に陸上自衛隊の紋である桜が象られています。かつては陸軍の紋である星章が飾られていたと思われます。
f0116479_20492091.jpg

自販機やエアコンの室外機以外はほぼ当時そのままの状態で使われています。
f0116479_20552228.jpg

f0116479_20554843.jpg

f0116479_20561120.jpg

f0116479_20562777.jpg

f0116479_20564651.jpg

側面と裏側です。
f0116479_20574543.jpg

f0116479_2058512.jpg

f0116479_2111774.jpg

f0116479_2113817.jpg

f0116479_20582165.jpg

f0116479_2059330.jpg

f0116479_20592734.jpg

f0116479_20595456.jpg

入口にある歩哨舎。これも旧輜重隊時代の物です。
f0116479_2175946.jpg

敷地の南側に明治44年に建てられた煉瓦倉庫が並んでいます。
f0116479_21104426.jpg

f0116479_21112374.jpg

屋根の上には換気用の小さなドーマ窓が付けられています。
f0116479_21113828.jpg

f0116479_21121498.jpg

f0116479_21123093.jpg

f0116479_21132544.jpg

善通寺市内に残る旧第11師団の遺構の中では地味な建物ですが、大戦中に建てられた兵営が殆どそのままの状態で使われている事例として貴重です。
f0116479_23263149.jpg


by sunshine-works | 2011-04-25 23:31 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 31日
旧善通寺偕行社
香川県善通寺市の近代建築その4

善通寺市役所の隣に木造平屋の大きな洋風建築が保存されています。この建物は旧陸軍第11師団将校の社交施設として明治36年に建てられました。
f0116479_22414569.jpg

陸軍将校の親睦場として主要な師団にはこのような偕行社と呼ばれる施設が設けられていました。(ちなみに海軍では同種の施設を水交社と称していました。)
前回紹介した旧師団司令部建物と良く似た意匠表現が用いられており、同時期に建てられた各師団の司令部や偕行社の建物はほぼ統一された規格が用いられていたようです。
f0116479_22424733.jpg

f0116479_22421643.jpg

f0116479_22481333.jpg

f0116479_2243684.jpg

f0116479_22482688.jpg

f0116479_2244758.jpg

f0116479_22434724.jpg

f0116479_22442075.jpg

f0116479_224526.jpg

f0116479_2244398.jpg

f0116479_22452310.jpg

f0116479_2249129.jpg

玄関から一段奥に両翼が伸ばされています。
f0116479_22512390.jpg

f0116479_22495230.jpg

f0116479_22501179.jpg

f0116479_22503113.jpg

陸軍の星章を象った床下の換気口。
f0116479_2259638.jpg

建物南側は芝生の庭に面して長いバルコニーが設けられています。
f0116479_232221.jpg

f0116479_235811.jpg

f0116479_2324340.jpg

f0116479_2331450.jpg

f0116479_234694.jpg

館内は中央に大きなホール、両側に貴賓室や食堂が配置されています。
f0116479_2373860.jpg

f0116479_2375510.jpg

f0116479_2381191.jpg

f0116479_2382389.jpg

各地に建てられた偕行社で現存している数例の一つとして貴重な建物です。社交施設だけに装飾豊かで見所が多く、創成期の軍施設の概要を良く伝えています。
f0116479_2333142.jpg


by sunshine-works | 2011-03-31 00:10 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 27日
旧陸軍第11師団司令部(乃木館)
香川県善通寺市の近代建築その3

明治31年、陸軍第11師団が設置された善通寺は四国随一の軍都として発展していきます。終戦に伴い師団は解隊されますが、程なく陸上自衛隊の師団が設置され、多くの旧軍施設が引き継がれます。
今回から数回に亘ってこれら善通寺市内に残る旧第11師団時代の建物のいくつかを紹介していきます。
初回は陸上自衛隊第14旅団の敷地内で記念館として保存されている旧師団司令部を紹介します。
f0116479_17495871.jpg

木造2階建て・寄棟造。中央玄関上部の三角ペディメントには陸軍のシンボルである星章が飾られます。
玄関の車寄せは大正11年に増設されたものです。
f0116479_182126.jpg

f0116479_1821933.jpg

f0116479_1824780.jpg

f0116479_18192273.jpg

f0116479_18201297.jpg

f0116479_1821831.jpg

f0116479_1820378.jpg

f0116479_18183420.jpg

f0116479_183178.jpg

建物は両翼の左右が後方に伸びたコの字型。こちらは西側の側面です。
f0116479_1895075.jpg

f0116479_18105330.jpg

f0116479_1811117.jpg

f0116479_1815512.jpg

f0116479_18162147.jpg

f0116479_18113586.jpg

建物裏側です。
f0116479_18124294.jpg

f0116479_18131422.jpg

f0116479_18132884.jpg

f0116479_1814772.jpg

f0116479_18151911.jpg

館内の様子。司令官室をはじめ当時の状態が良く残されています。
f0116479_2282946.jpg

f0116479_2284992.jpg

f0116479_229466.jpg

f0116479_2294867.jpg
f0116479_2295933.jpg
f0116479_22101234.jpg
f0116479_22102246.jpg
f0116479_22104497.jpg
f0116479_2211373.jpg
f0116479_22111724.jpg

傍らに建つこの建物も旧軍の施設と思われます。
f0116479_0103671.jpg

f0116479_0105882.jpg

全国に設立された旧陸軍の建物の多くは終戦時にその多くが喪失してしまいましたが、この善通寺は空襲被害を免れた事もあって無傷で残り、その後も自衛隊の施設として良好な状態で保たれています。
現存する旧軍の師団司令部として極めて資料的価値の高い建物です。
f0116479_052551.jpg


by sunshine-works | 2011-03-27 23:50 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(2)
2011年 02月 28日
水尾写真館
香川県善通寺市の近代建築その2

土讃線善通寺駅から西へ伸びる大通りは善通寺への参道として、また陸軍11師団の兵営を結ぶ道として発展して来ました。現在でも通り沿いには往時の賑いを偲ばせる古い商家が幾つも残っています。
この道の途中、かつて騎兵連隊の正門が置かれていた場所の向かいに古い木造洋館が建っています。この建物は当地で80年以上も続く写真館の店舗兼住宅として建てられました。昭和2年築。設計・施工:不詳
f0116479_2211944.jpg

f0116479_22303026.jpg

f0116479_22333383.jpg

木造下見板張り、寄棟和瓦葺き。
正面中央の大きなペディメントや1階に設けられたショーウィンドウに当時の典型的な店舗建築の姿を留めます。
f0116479_2285424.jpg

f0116479_229952.jpg

1階部分には大きな硝子のショーウィンドウが両側を飾ります。
f0116479_22282644.jpg

f0116479_22284986.jpg

f0116479_22291148.jpg

f0116479_22323791.jpg

f0116479_22293292.jpg

f0116479_2230125.jpg

正面ファサードを飾るペディメントには店名の水尾の文字が刻まれています。
f0116479_2232995.jpg

f0116479_22142831.jpg

f0116479_2314347.jpg

かつて軍都として栄えた都市に於いて写真館の果たした役割はとても重要な物でした。
故郷を離れ戦地へ赴く将兵達にとって、一枚の写真は格別な意味を持つ物でした。
今尚当時の姿で残るこの写真館は往時の軍都善通寺の賑わいを今に伝える貴重な歴史遺産となっています。
f0116479_22334799.jpg


by sunshine-works | 2011-02-28 23:39 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(2)
2011年 02月 24日
金比羅宮宝物館
香川県琴平町の近代建築その2

参詣者で賑わう金毘羅宮の参道。象頭山の中腹にある社殿まで延々と続く石段を登って行くと、脇道に和洋折衷様式の石造建物が見えてきます。この建物は金毘羅宮の宝物館として明治38年に建てられました。設計は文部省技師の久留正道。
f0116479_22264674.jpg

金毘羅宮の参道に建つ建物だけに各所に和風の意匠が採り入れられています。唐破風の庇を持つ玄関、城郭のような入母屋造りの屋根、寺院を思わせる2階バルコニーの意匠等、洋の中に和を巧みに取り合わせた独特の様式となっています。
f0116479_22271195.jpg

f0116479_22272953.jpg

f0116479_22275393.jpg
f0116479_222859.jpg

f0116479_22305839.jpg

f0116479_22304162.jpg

f0116479_22311914.jpg

f0116479_22314040.jpg

f0116479_2232987.jpg

南平面のバルコニー。銅版が張られています。
f0116479_22292720.jpg

f0116479_22294043.jpg

f0116479_22295733.jpg

f0116479_22301979.jpg

こちらは裏面。宝物館に相応しい石造のがっしりとした構えです。
f0116479_22385643.jpg

f0116479_22392922.jpg

f0116479_22394744.jpg

f0116479_22402529.jpg

東京、奈良、京都に建てられた帝室博物館がわが国の博物館建築の始まりとなりましたが、この金比羅宮宝物館は地方の一施設ながら、これらの直後に建てられた同種の建物として極めて意義ある存在とされています。
f0116479_2243611.jpg


by sunshine-works | 2011-02-24 23:39 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(0)
2011年 01月 31日
土讃線善通寺駅
香川県善通寺市の近代建築その1

古くは空海が開いた名刹善通寺の門前町として、近代には四国随一の軍都として栄えた善通寺。表玄関の土讃線善通寺駅は明治22年に開設されました。
f0116479_22463754.jpg

土讃線の前身である讃岐鉄道が多度津~琴平間で開通した明治22年に吉田停留所として設置され、翌年に善通寺停留所へ改称、後年に善通寺駅に昇格します。現存する駅舎は開設当時からの構造部分を残しながら、その後数度に亘る改修を経て現在の姿となっています。
f0116479_22474333.jpg

駅舎本屋正面部分。中央の車寄せは大正11年、善通寺陸軍第11師団の特別大演習に合わせて増築されています。
f0116479_22494196.jpg

f0116479_224813.jpg

f0116479_22482388.jpg

f0116479_224845100.jpg

f0116479_22501289.jpg

f0116479_22504156.jpg

f0116479_22512157.jpg

f0116479_22523198.jpg

f0116479_22525425.jpg

f0116479_22531015.jpg

f0116479_2253302.jpg

f0116479_22534532.jpg

ホームは2面3線。洋小屋組みのホーム上屋は大正11年に改修された時のものとされています。
f0116479_22584936.jpg

f0116479_225930100.jpg

f0116479_22594754.jpg

f0116479_2303564.jpg

f0116479_2305330.jpg

f0116479_2311559.jpg

ホームの端には同じく大正11年築とされる跨線橋が現存しています。
f0116479_234099.jpg

f0116479_23322273.jpg

f0116479_2341542.jpg

f0116479_235811.jpg

f0116479_2352942.jpg

f0116479_2355422.jpg

f0116479_2362424.jpg

f0116479_23305889.jpg

f0116479_23312046.jpg

f0116479_23314045.jpg

f0116479_23315491.jpg

その後の改修で各部が美しく整えられている為に然程古い建物と言う印象を受けませんが、この善通寺駅は現存する香川県のJR駅舎の中で最も長い歴史を持ちます。
前回紹介した琴平駅は洋風意匠のモダンな駅舎でしたが、和風を旨としたこの善通寺駅もこれに劣らぬ風格を備えています。
f0116479_2333422.jpg


by sunshine-works | 2011-01-31 23:44 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(2)
2011年 01月 27日
土讃線琴平駅
香川県琴平町の近代建築その1

金刀比羅宮の参詣駅として開設された土讃線琴平駅は明治22年に始まる歴史のある駅です。3代目となる現在の駅舎は大正11年に建てられました。
f0116479_20384667.jpg

讃岐鉄道が多度津-琴平間で開通した明治22年に設置された琴平駅は県南西部の中心駅として重要な地位を占め、高松駅に継ぐ規模の駅舎に発展していきます。
f0116479_20391329.jpg

f0116479_20393143.jpg

f0116479_20395111.jpg

f0116479_20402547.jpg

木造漆喰仕上げ、玄関上部の妻面にはアーチ窓を配し、ハーフティンバー式に柱を露出させています。軒下には琴平宮のシンボルである小さな丸金の紋が並びます。
f0116479_20491972.jpg

f0116479_2051408.jpg

f0116479_20515560.jpg

f0116479_20523813.jpg

南面の外壁には杉綾模様の腰板が廻らされています。
f0116479_22191029.jpg

車寄せからの眺め
f0116479_22224627.jpg

ホームは2面4線、拠点駅だけあって規模の大きなホームを構えます。
f0116479_22264154.jpg

f0116479_22265635.jpg

f0116479_22271442.jpg

f0116479_22273853.jpg

それぞれのホームを板張りの跨線橋が繋ぎます。
f0116479_22323411.jpg

f0116479_22325313.jpg

f0116479_2233683.jpg

3・4番ホームから駅舎本屋を望みます。
f0116479_22383456.jpg

f0116479_22384836.jpg

f0116479_22391974.jpg

ホーム側から見た駅舎本屋。南側と同様に杉綾模様の腰板、木造漆喰塗り、ハーフティンバー仕上げ、上部にはメダリオンが飾られます。
f0116479_22435231.jpg

f0116479_22443159.jpg

金刀比羅宮の門前町・琴平の発展を支えたこの駅舎は、当時の地方駅舎には珍しい洋風意匠の駅でした。90年を経た今もこの町の玄関駅としてモダンなその姿を伝えています。
f0116479_2245749.jpg


by sunshine-works | 2011-01-27 23:28 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(2)