2017年 12月 09日
久山田水源地堰堤
広島県尾道市の近代建築その2

尾道市の中心部から北西方向へ。
険しい勾配を上った先に尾道の近代水道創設時に築かれた水道ダムが置かれています。
石貼りの堰堤が美しい円弧を描くこの久山田水源施設は大正14年に竣工しました。
f0116479_16204723.jpg

コンクリートに切石を貼った堰堤は重力式とアーチ式の複合形式。堤長75メートル、堤高22メートル、最大貯水量は74万立米。開設時の給水人口は約4万人に及びました。
f0116479_16215171.jpg
f0116479_16240003.jpg
f0116479_16231515.jpg
f0116479_16243268.jpg

海岸線近くまで山が迫り、大きな河川が無い尾道は古くから用水に恵まれず、近代水道の開設に際しては貯水ダムを設置して給水する方法を採用します。
水道事業の計画段階に於いては同じような地理的背景を持ち、全国に先駆けて水道ダムを運用していた神戸市に範を求め、技師長には元神戸市の水道課長を招聘。水道事業全体の設計も神戸の水道に深く係わった佐野藤次郎の原案が基となっています。
f0116479_19181230.jpg
f0116479_19184077.jpg

麓から見上げた堰堤部。中央に越流口を設けます。
f0116479_19190479.jpg
f0116479_19194765.jpg
f0116479_19203168.jpg
f0116479_19205567.jpg

湖面からの眺め。堰堤上部は通路となっていて対岸に渡ることが出来ます。
f0116479_16313494.jpg
f0116479_16260590.jpg
f0116479_16282331.jpg
f0116479_16270860.jpg
f0116479_16274513.jpg
f0116479_16285201.jpg
f0116479_16292803.jpg
f0116479_16302423.jpg
f0116479_16304916.jpg



# by sunshine-works | 2017-12-09 23:57 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 02日
旧河内村役場
広島県尾道市の近代建築その1

尾道市北部、御調地区の街道沿いに古い木造庁舎が残されています。
現在郷土資料館として使われているこの建物は、旧御調町の基となった町村の一つ、旧河内村の役場として建てられました。
f0116479_13511330.jpg

木造2階建て寄棟造、下見板貼りの和洋折衷様式。逐年は不明ですが、明治後期の築と推測されています。
f0116479_13545283.jpg
f0116479_13565267.jpg

周囲に田圃が広がる長閑な風景の中に建つ大きな木造2階建。1階を役場事務所、2階は議場に充てられていました。
この建物は昭和30年に村が御調町と合併した後は町役場支所として使われ、その後公民館を経て歴史民族資料館に転用され現在に至ります。
f0116479_13582390.jpg
f0116479_13584285.jpg
f0116479_13585742.jpg
f0116479_13574531.jpg

鉄板を貼った扉が備わる玄関。車寄せに瓦葺きの庇を張り出します。
f0116479_13593908.jpg
f0116479_14020725.jpg
f0116479_14022658.jpg
f0116479_14030198.jpg
f0116479_14032472.jpg


# by sunshine-works | 2017-12-02 15:02 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 25日
京都府丹波の近代建築 補遺2
京都府丹波の近代建築 補遺2

前回に続いて京都府丹波地区の未掲載物件の幾つかを紹介します。
f0116479_12233888.jpg

山陰本線八木駅は同区間の基となった京都鉄道時代の明治32年の開業。昭和9年に建てられた駅舎が現役で使われています。
f0116479_12301285.jpg
f0116479_12302954.jpg
f0116479_12304765.jpg

ホームの様子。上屋を支える柱に古レールが使われています。
f0116479_12325304.jpg
f0116479_12330704.jpg

山陰本線が亀岡駅の先で桂川支流を渡る地点に架けられた河原町川橋梁。
明治期に導入された英国製のポーナル桁が使われています。
f0116479_12403853.jpg
f0116479_12405920.jpg
f0116479_12411403.jpg
f0116479_12413226.jpg

英国製ポーナル桁は明治期に導入されましたが、多くはその後更新され、一部は地方線区に転用されます。この橋梁が当初からのものか移設されたものかは不明ですが、本線で今尚使われているのは珍しい事例と思われます。
*以前紹介した津山線の橋梁にこれと同じクリーブランド・ブリッジ社製のポーナル桁が使われています。
f0116479_12475730.jpg
f0116479_12481571.jpg
f0116479_12484406.jpg

福知山市にはかつて北部の大江町との間を結ぶ地方鉄道が運行されていました。
大正12年に開業したこの北丹鉄道は昭和49年に廃業となりますが、その後生活道路として使われた一部の路線跡に当時のトンネルが現存しています。
f0116479_13181446.jpg
f0116479_13183320.jpg
f0116479_13190020.jpg
f0116479_13191582.jpg

近接して並ぶ日藤第一隧道と日藤第二隧道。煉瓦積みのポータルがそのまま残されています。内壁のコンクリートは道路転用時に塗られたものと思われます。
f0116479_13260205.jpg
f0116479_13272311.jpg

国道9号線が京都市から亀岡市中心部へ向かう途中に見える美しい石造アーチ橋。
この王子橋は明治17年に架けられ、昭和44年に2代目の王子橋完成後に保存施設として残されています。
f0116479_13361154.jpg
f0116479_13362678.jpg
f0116479_13364057.jpg
f0116479_13365926.jpg
f0116479_13373395.jpg

親柱も移設保存されています。
f0116479_13380988.jpg




# by sunshine-works | 2017-11-25 13:55 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 18日
京都府丹波の近代建築 補遺1
京都建てられた府丹波の近代建築補遺1

綾部から亀岡までの京都府丹波地区の近代建築を紹介してきましたが、未掲載の近代建築が幾つかありました。今回と次回に分けてこれらを紹介します。
f0116479_12074597.jpg

福知山市中心部の旧郡是製糸福知山工場本館。昭和4年頃に建てられました。
綾部で創業した郡是製糸はその後西日本各地に工場を増設するとともに地方の同業他社を吸収合併して拡大していきます。
現在グンゼの配送センターとして使われているこの場所には大正期に地場の製糸会社を合併し郡是福知山工場となった後に建てられた施設建物が複数現存しています。
f0116479_12224884.jpg
f0116479_12230657.jpg


昭和3年に建てられた門衛所と正門も現存します。
f0116479_12233131.jpg
f0116479_12245816.jpg

福知山駅前の商店街の一角にかつて銀行支店として建てられた建物が現存します。現在眼科医院として使われているこの建物は京都銀行の前身の一つとなった両丹銀行の支店として建てられました。築年は昭和10年とされています。
f0116479_01351138.jpg
f0116479_01360165.jpg
f0116479_01363941.jpg
f0116479_01372485.jpg

福知山城跡の裏手に建つ古い木造建物。福知山医師会館の看板がありますが、現在は空家となっています。この周辺はかつて旧陸軍病院(衛戍病院)が建っていた場所で、この建物はそれらの何らかの遺構と推測されます。
f0116479_02063292.jpg
f0116479_02071687.jpg
f0116479_02080615.jpg
f0116479_02085520.jpg

この建物の裏手には下見板張りの別棟、更に後方にはモルタル壁の棟が接続されています。これらも当時建てられた施設と思われます。
f0116479_02103033.jpg
f0116479_02142597.jpg
f0116479_02144657.jpg

旧佐賀村役場が移築されている高台の麓に建つ建物。詳細は不明ですが、旧佐賀村役場庁舎とほぼ同じ意匠で建てられており、何らかの関連があると思われます。
f0116479_09480420.jpg
f0116479_09482287.jpg
f0116479_09484199.jpg
f0116479_09485765.jpg

舞鶴線第四伊佐津川橋梁の傍の真倉集落に残る公会堂。こちらも詳細不明ですが、敷地内に皇紀二千六百年記念の碑が建てられており、これに因んだものであれば昭和15年頃の建物となります。
f0116479_09564410.jpg
f0116479_09570560.jpg
f0116479_09571878.jpg
f0116479_09573377.jpg

京丹波町須知の笠次医院旧館。現在は使われていないと思われ、相当に劣化が進んでいます。
f0116479_10010493.jpg
f0116479_10011602.jpg


# by sunshine-works | 2017-11-18 22:55 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)