2017年 12月 09日 ( 1 )

2017年 12月 09日
久山田水源地堰堤
広島県尾道市の近代建築その2

尾道市の中心部から北西方向へ。
険しい勾配を上った先に尾道の近代水道創設時に築かれた水道ダムが置かれています。
石貼りの堰堤が美しい円弧を描くこの久山田水源施設は大正14年に竣工しました。
f0116479_16204723.jpg

コンクリートに切石を貼った堰堤は重力式とアーチ式の複合形式。堤長75メートル、堤高22メートル、最大貯水量は74万立米。開設時の給水人口は約4万人に及びました。
f0116479_16215171.jpg
f0116479_16240003.jpg
f0116479_16231515.jpg
f0116479_16243268.jpg

海岸線近くまで山が迫り、大きな河川が無い尾道は古くから用水に恵まれず、近代水道の開設に際しては貯水ダムを設置して給水する方法を採用します。
水道事業の計画段階に於いては同じような地理的背景を持ち、全国に先駆けて水道ダムを運用していた神戸市に範を求め、技師長には元神戸市の水道課長を招聘。水道事業全体の設計も神戸の水道に深く係わった佐野藤次郎の原案が基となっています。
f0116479_19181230.jpg
f0116479_19184077.jpg

麓から見上げた堰堤部。中央に越流口を設けます。
f0116479_19190479.jpg
f0116479_19194765.jpg
f0116479_19203168.jpg
f0116479_19205567.jpg

湖面からの眺め。堰堤上部は通路となっていて対岸に渡ることが出来ます。
f0116479_16313494.jpg
f0116479_16260590.jpg
f0116479_16282331.jpg
f0116479_16270860.jpg
f0116479_16274513.jpg
f0116479_16285201.jpg
f0116479_16292803.jpg
f0116479_16302423.jpg
f0116479_16304916.jpg



by sunshine-works | 2017-12-09 23:57 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)