2017年 11月 11日 ( 1 )

2017年 11月 11日
旧田中源太郎邸洋館(楽々荘)
京都府亀岡市の近代建築

山陰本線亀岡駅から市街地を西へ進んで程なく、屋根塀で囲まれた大きな邸宅が見えてきます。この屋敷は明治31年に亀岡出身の実業家田中源太郎の自邸として建てられたもので、その後は旅館やレストランとして使われています。
f0116479_11033364.jpg

広大な日本庭園に面して書院造り木造平屋の和館と煉瓦造2階建ての洋館が並びます。
洋館は外周にベランダを廻らせたコロニアル様式で、このスタイルは明治初期の洋館に多く用いられました。
f0116479_11170629.jpg
f0116479_11174104.jpg
f0116479_11185919.jpg

庭に面した2面にバルコニーを廻らせます。
f0116479_11244965.jpg
f0116479_11243170.jpg
f0116479_11235423.jpg
f0116479_11252625.jpg
f0116479_11254816.jpg

開口部が少なく、分厚い鉄扉が備わる一階部分。土蔵のような印象です。
f0116479_11272823.jpg
f0116479_11263978.jpg
f0116479_11283308.jpg
f0116479_11285704.jpg
f0116479_11294832.jpg

地元亀岡の商家を継いだ田中源太郎は京都を中心に数々の事業を手掛け、後には政界にも進出します。京都銀行の前身亀岡銀行や山陰本線の基となる京都鉄道、後の関西電力の母体の一つとなる京都電燈、立命館大学等、氏の関与した事業は現在に繋がる様々な分野に及んでいます。
f0116479_14225054.jpg


当時のまま残された室内の様子。調度品も状態良く保たれています。
f0116479_14262329.jpg
f0116479_14234148.jpg
f0116479_14241332.jpg
f0116479_14245245.jpg
f0116479_14250653.jpg
f0116479_14270126.jpg
f0116479_14282098.jpg
f0116479_14274413.jpg

こちらは2階室内の様子。
f0116479_14290610.jpg
f0116479_14293295.jpg

2階の外周にはガラス窓で囲まれた明るい空間が広がります。
本来亜熱帯地域の住居として考案されたコロニアル様式ですが、冬場寒冷な日本の風土に合わせてこのようなガラス張りとした事例が他にも数多く見られます。
f0116479_14322802.jpg
f0116479_14302053.jpg
f0116479_14325783.jpg
f0116479_14332320.jpg


by sunshine-works | 2017-11-11 22:56 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)