2017年 11月 04日 ( 1 )

2017年 11月 04日
大堰橋(八木大橋)
京都府南丹市の近代建築

山陰本線八木駅から続く古い町並みを抜けて大堰川の岸へ。旧道はこの場所で古い鉄橋を渡ります。80年を超えた今も現役で使われているこの美しい橋は昭和10年に架けられました。
f0116479_14371660.jpg

桂川水系大堰川の200mを超える広い川幅を3連のトラスと3連のプレートガーダー桁が渡ります。トラス桁は当時の先進技法カンチレバートラスが用いられ、最長部で40メートルの経間長を得ています。
f0116479_14573145.jpg
f0116479_14583057.jpg

細密にリベットが打たれた鋼材が並ぶ橋上の様子。
橋銘板には横川橋梁製作所、昭和拾年の文字が読み取れます。
f0116479_01573418.jpg
f0116479_14512164.jpg
f0116479_13035313.jpg
f0116479_01583050.jpg
f0116479_01594557.jpg
f0116479_02003689.jpg
f0116479_02011164.jpg
f0116479_02251495.jpg

この橋には竣工当時の親柱が東西共に現存しています。こちらは西詰側に残る親柱。
f0116479_13013884.jpg
f0116479_02261566.jpg
f0116479_13010661.jpg

こちらは東詰の親柱。東詰側に連なるプレートガーダー桁は河川改修に伴って架け直されていますので、この親柱はこれに合わせて移設されたものと思われます。
f0116479_13082420.jpg

左右の川岸からの遠景。側面から眺めると橋脚上部のアーチが三角形に盛り上がったカンチレバートラスの特徴が良く判ります。
f0116479_13143967.jpg
f0116479_13150612.jpg
f0116479_13153463.jpg

同じ岸の上流側から
f0116479_13162294.jpg
f0116479_13163609.jpg

右岸下流側です。
f0116479_13182523.jpg
f0116479_13173118.jpg
f0116479_13185756.jpg
f0116479_14475908.jpg


西詰に繋がる町並みからの眺め。
f0116479_14464955.jpg
f0116479_14471127.jpg



by sunshine-works | 2017-11-04 22:28 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)