2017年 10月 14日 ( 1 )

2017年 10月 14日
惇明小学校本館
京都府福知山市の近代建築その4

福知山市の中心部、福知山城跡の並びに古い歴史を持つ小学校が建っています。この惇明小学校では昭和12年に建てられた本館が現在も使われています。
f0116479_14173588.jpg


福知山藩の藩校として1809年に設置された惇明館は廃藩置県に伴って明治四年に廃止されますが、2年後の明治6年に新制小学校としてその名を受け継いだ惇明小学校が開校します。初代の校舎には惇明館の建物が使われました。
f0116479_14180918.jpg
f0116479_14182141.jpg
f0116479_14184245.jpg

現存するこの校舎は昭和12年の築。1階を教室、2階に講堂を設けた大きな建物。一見すると鉄筋コンクリート造に見えますが、木造一部鉄骨造り。鉄骨トラスの小屋組が組まれています。
建物は玄関入口を中心とするシンメトリー構造、正面に縦長窓を廻らせ適所に丸窓のアクセントを添えたモダンな意匠です。
f0116479_14193559.jpg
f0116479_14203895.jpg
f0116479_14215468.jpg
f0116479_14232212.jpg


太い円柱が支える玄関庇。当時の都市部に建てられた小学校に劣らない洗練された意匠です。
f0116479_14241793.jpg
f0116479_14244891.jpg
f0116479_14252416.jpg
f0116479_14254589.jpg

この校舎のアクセントとなっている丸窓。正面だけでなく各面に大小の丸窓が配されています。
f0116479_21285664.jpg
f0116479_14272997.jpg
f0116479_14275074.jpg
f0116479_14283712.jpg
f0116479_14290214.jpg
f0116479_14302314.jpg
f0116479_14292943.jpg
f0116479_14294430.jpg

側面の眺め。正面からは判別できなかった大きな切妻屋根が見て取れます。
f0116479_14311228.jpg
f0116479_14313340.jpg
f0116479_14322895.jpg



by sunshine-works | 2017-10-14 23:38 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(3)