2017年 07月 22日 ( 1 )

2017年 07月 22日
別子銅山の産業遺産-東平地区1
愛媛県新居浜市の近代建築その7

マイントピア別子から県道を南へ。山道をひたすら進んだ先、別子銅山東平(とうなる)地区へ至ります。
ここにも明治中期から昭和初期に築かれた鉱山施設の数々が残されており、マイントピア別子東平ゾーンとして公開されています。
f0116479_12015044.jpg

この東平地区は前2回にて紹介した端出場地区が開発される前の拠点で、明治35年の第三通洞開削を契機に昭和初期にかけて様々な鉱山施設が建てられました。
この東平は標高750メートル、冬場には積雪のある山深い地区ですが、周囲に社宅が築かれ、学校、病院、劇場、商店等が備わる鉱山町の暮らしが閉山までの70年に亘って営まれていました。


明治27年に着工し明治35年に完成した第三通洞。鉱脈に向けて水平に1.8km掘られた運搬坑道で鉱材の搬出や配水、換気に用いられました。その後に設置された端出場水力発電所へ用水を送る役目も担いました。
f0116479_11590757.jpg
f0116479_11463415.jpg

11年後に開通した第四通洞に比べると間口が狭く、抗口も簡素な造り。美しい装飾を施した鉄扉が当時のまま残されています。
f0116479_13331619.jpg
f0116479_12034846.jpg

坑内電車に積まれた鉱石は通洞から貯鉱庫へ運ばれます。この途中の起伏を抜ける箇所にはマンブと呼ばれるトンネルが掘られました。
f0116479_12130721.jpg
f0116479_12133495.jpg
f0116479_12141044.jpg

抗口、内壁共に切石貼り。レールは外され、当時使われていた鉱山機械が展示されています。
f0116479_12143416.jpg
f0116479_12152489.jpg
f0116479_12161236.jpg

こちらは火薬庫として使われたトンネル。
f0116479_12183941.jpg

一段高い場所に建てられた煉瓦造の施設。明治37年に変電所として建てられました。
f0116479_12223380.jpg
f0116479_12234960.jpg
f0116479_12241180.jpg
f0116479_12244010.jpg
f0116479_12250645.jpg
f0116479_12254048.jpg

漆喰が塗られた内壁にアーチ窓が並びます。変電装置は撤去され、居住区画の名残りだけが残されています。
f0116479_12292490.jpg
f0116479_12293934.jpg
f0116479_12295561.jpg


by sunshine-works | 2017-07-22 17:52 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)