2017年 07月 15日 ( 1 )

2017年 07月 15日
別子銅山の産業遺産-端出場地区2
愛媛県新居浜市の近代建築その7

別子銅山端出場地区に残る産業遺産の2回目は二つの鉄橋を紹介します。
f0116479_14410382.jpg

前回紹介した第四通洞の正面にはトロッコ軌道が足谷川を渡る橋が架けられています。
単連プラットトラスのこの四通橋は大正8年に架けられました。
f0116479_14541353.jpg
f0116479_00483736.jpg

昭和4年の第四通洞開通当時に使われていた木橋に代わる近代橋梁として4年後の昭和8年に竣工しました。
f0116479_00491396.jpg
f0116479_14552398.jpg

この四通橋は、竣工から昭和48年の閉山まで別子銅山の最盛期を支える動脈として半世紀に及ぶ歴史を刻み、その後は往時の姿を留めたまま保存されています。
f0116479_00510340.jpg
f0116479_00515559.jpg
f0116479_00540970.jpg
f0116479_00480944.jpg
f0116479_09322956.jpg



四通橋の横手には明治期に架けられた別子鉱山下部鉄道の旧足谷川橋梁が現存します。
この橋は明治26年にドイツから導入されたピン結合のボーストリング橋で、同種の橋として国内最初期の現存例と推測されます。

f0116479_09433887.jpg
f0116479_09443963.jpg
f0116479_09464046.jpg

この旧足谷川橋梁は昭和52年の別子鉱山鉄道下部線廃止に伴って役割を終えますが、平成3年のマイントピア別子の開業時に観光鉄道の路線として改修され、現役施設として使われています。
f0116479_09452973.jpg
f0116479_21060155.jpg
f0116479_20195510.jpg
f0116479_20223464.jpg
f0116479_21045131.jpg
f0116479_21030033.jpg
f0116479_23270424.jpg


by sunshine-works | 2017-07-15 23:59 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(2)