2017年 06月 17日 ( 1 )

2017年 06月 17日
旧住友銀行新居浜支店
愛媛県新居浜市の近代建築その3

新居浜市の臨海部、背後に住友系列の工場が連なる一角、住友化学工業の敷地の外れに明治期の銀行建物が残されています。現在は同社の資料館として使われているこの建物は明治34年に住友銀行新居浜支店として建てられました。
f0116479_14581169.jpg

新居浜の町の臨海部は明治中期に別子銅山の精錬所設置に伴って開発され、鉱山機械の工場や二次製品の工場が建てられていきました。周辺には従業員社宅や福利厚生施設も整備され、惣開と呼ばれたこの一帯は近代工業地帯に変貌します。
この銀行は別子鉱業所本部の隣に建てられ、付近には郵便局や住友系列の病院が並ぶ住友別子鉱業の企業城下町の中核を成していました。
f0116479_14584567.jpg
f0116479_14593575.jpg
f0116479_15000371.jpg

小さな建物ですが、各所に本格的な洋風意匠が用いられています。設計は住友本店臨時建築部と推測されており、後の住友工作部、長谷部竹腰建築事務所へ発展する「住友営繕」の最初期の作品の現存例となります。
f0116479_10375353.jpg
f0116479_10333640.jpg
f0116479_10342192.jpg
f0116479_10352121.jpg

モルタル壁面は溝が刻まれた石造風の仕様。上げ下げ式の縦長窓は竣工時のままに木枠が使われています。
f0116479_10384519.jpg
f0116479_10413224.jpg
f0116479_10415300.jpg

建物北側に並ぶ煉瓦造の蔵。同時期に建てられ金庫として使われていたようです。
f0116479_10422987.jpg
f0116479_10424981.jpg



by sunshine-works | 2017-06-17 21:38 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)