2017年 02月 04日 ( 1 )

2017年 02月 04日
出雲ビル
島根県松江市の近代建築その14

松江大橋の南、古くから続く商店街の一角に大正期に建てられた商業ビルが現在も使われています。
島根県最古の鉄筋コンクリート造の建物とされるこの出雲ビルは大正14年に建てられました。
f0116479_11111943.jpg


鉄筋コンクリート造地下1階、地上3階建(4階部分は戦後の増床)。1階正面を切石貼り、2階にテラスを構えます。2階3階の窓間をドイツ壁風に仕上げ、軒からペディメントにはオーナメントが飾られます。
このビルの創建者が英国遊学で接した商業建築を範としており、当時先進の意匠が用いられています。
f0116479_11415086.jpg
f0116479_1142086.jpg
f0116479_11413450.jpg
f0116479_11433424.jpg
f0116479_11435197.jpg
f0116479_11443567.jpg


切石を貼った1階部分とバルコニー。築90年を経た建物ですが竣工当時の状態が程よく保たれています。
f0116479_11445882.jpg
f0116479_1145268.jpg
f0116479_11453942.jpg


by sunshine-works | 2017-02-04 19:22 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)