2016年 12月 24日 ( 1 )

2016年 12月 24日
一畑電鉄布崎変電所
島根県出雲市の近代建築その2

松江市と出雲市間を宍道湖の北岸に沿って東西に結ぶ一畑電車北松江線。途中駅の布崎駅の隣に鉄筋コンクリート造の古い変電所が建っています。今尚現役で使われているこの変電所は昭和2年に建てられました。
f0116479_146856.jpg

布崎駅から川を挟んだ西側、線路沿いに建つ鉄筋コンクリート2階建て。
中央に入口を構えたシンメトリー配置。正面に上げ下げ式の縦長窓が並び、入口両脇には付柱の装飾。中央上部に立ち上げたパラペットに社章を掲げます。
正面から右手に繋がる建物は戦後の増築、左側の木造部分も後年に付け加えられたものと推測されます。
f0116479_1474748.jpg
f0116479_1454869.jpg
f0116479_1413885.jpg
f0116479_1481046.jpg

入口周りとその上部。地味な用途の裏方施設ですが、当時の鉄道各社はこの種の建物にも様々な意匠を凝らしていました。
f0116479_1483436.jpg
f0116479_1485096.jpg
f0116479_149444.jpg


側面から裏手。現在は変電設備の殆どが裏手の屋外に設置されいます。
f0116479_14102279.jpg
f0116479_1492822.jpg
f0116479_1493945.jpg
f0116479_1495099.jpg


by sunshine-works | 2016-12-24 19:30 | 近代建築 島根県 | Comments(0)