2014年 07月 10日 ( 1 )

2014年 07月 10日
山陰本線 竹野~居組間の鉄道施設1
但馬の鉄道遺産その8

前回は、但馬に現存する大正期のラチスガーダー桁を2例紹介しましたが、但馬の山陰本線区間には、他にも多くの鉄道遺産が残されています。今回と次回はこれらの鉄道施設を紹介します。
f0116479_0154543.jpg

竹野駅~佐津駅の途中、山陰本線が日本海に出た先の築堤下を抜ける拱渠。小さな川と人道が通されています。
内壁も含めてすべて煉瓦積み。同区間開通時(明治末)の築と思われます。
f0116479_0173141.jpg

f0116479_0182042.jpg

f0116479_0183413.jpg

f0116479_0185159.jpg

f0116479_019649.jpg

f0116479_0192217.jpg

f0116479_0194099.jpg

西隣の濱須井集落にある拱渠。先程の切浜拱渠と同規模。仕様も良く似ています。
この様な煉瓦拱渠は明治大正期に敷設された路線に用いられましたが、その後の路線付け替えや改修によって大半が失われています。山陰本線には今尚この種の煉瓦拱渠が多く残されており、当時の姿を今に伝えています。
f0116479_0242185.jpg

f0116479_0243884.jpg

f0116479_0245336.jpg

f0116479_0251174.jpg

f0116479_0252726.jpg

f0116479_0254629.jpg

f0116479_026167.jpg

f0116479_0263122.jpg

f0116479_0264088.jpg

西へ進んで程なく、煉瓦の橋台が残る第一相谷川橋梁。橋桁は後年に架け替えられていますが、煉瓦構造物は開通当時のものです。
f0116479_0311276.jpg

f0116479_0315131.jpg

f0116479_0312427.jpg

f0116479_0321213.jpg

f0116479_03223100.jpg

香美町の安木川橋梁も開業当時の煉瓦橋脚、橋台が現存します。
f0116479_0424597.jpg

f0116479_0431265.jpg

f0116479_0432779.jpg

f0116479_043496.jpg

f0116479_044221.jpg

f0116479_04413100.jpg

訓谷集落の小さな橋梁。架け替えられたコンクリート橋桁を明治期の煉瓦橋台が支えます。
f0116479_057217.jpg

f0116479_0563595.jpg

f0116479_0565089.jpg

佐津駅手前に架けられた佐津川橋梁。煉瓦橋脚と並んで多用された当時の石積橋脚が現存します。
f0116479_131271.jpg

f0116479_132329.jpg

f0116479_133293.jpg

f0116479_135878.jpg

f0116479_141419.jpg

f0116479_142631.jpg

f0116479_143895.jpg


by sunshine-works | 2014-07-10 23:51 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)