2014年 06月 30日 ( 1 )

2014年 06月 30日
牟岐線赤石川橋梁
徳島の鉄道遺産その17

勝浦川橋梁を越え、小松島市を下る牟岐線は、阿波赤石駅の手前で小さな川を渡ります。
この地点に架けられている赤石川橋梁には同区間が開通した大正5年当時の橋脚、橋桁が今尚現役で使われています。
f0116479_23142169.jpg

駅の南側、小松島湾に注ぐ赤石川の河口に架けられたプレートガーダー桁。
川中に据えられた3基の橋脚と両岸の橋台が支えます。橋脚は当時一般的な煉瓦積み、橋桁は古い英国式のポーナル桁が使われています。
f0116479_23151484.jpg

f0116479_23153072.jpg

f0116479_23154460.jpg

f0116479_2316917.jpg

橋脚上を渡るポーナル桁。赤石川橋梁が架けられた大正初期のプレートガーダー桁の主流はアメリカ規格の桁に移行していましたが、この橋には明治中期に導入された英国規格の桁が使われています。
開設時に新造されたものか、他所からの移設かは不明ですが、耐加重に劣るこの形式でも、地方路線故に問題とされなかったのかもしれません。
f0116479_23162524.jpg

f0116479_23164971.jpg

f0116479_23165921.jpg

特徴的なポーナル桁の細部。津山線に導入された輸入桁や、徳島線鮎喰川橋梁のものとは異なり、細かい感覚で補鋼材が並んでいます。
f0116479_2317184.jpg

f0116479_23174333.jpg

f0116479_23175742.jpg

f0116479_2318868.jpg

f0116479_23182581.jpg

f0116479_23183494.jpg

f0116479_2321484.jpg


by sunshine-works | 2014-06-30 23:47 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)