2008年 12月 27日
旧兵庫農工銀行洲本支店(淡路信用金庫洲本本町支店)
淡路島の近代建築その5

洲本市の中心街、本町通りの一角にピンク色に塗られた古びた銀行が建っています。この建物は旧兵庫農工銀行の洲本支店として昭和10年に建てられました。設計:国枝博
f0116479_415966.jpg

特殊銀行として全国に設立された農工銀行はやがて勧業銀行に統合され現在のみずほ銀行へ繋がります。兵庫農工銀行洲本支店も竣工後まもなく勧業銀行洲本支店と改められました。この勧業銀行も戦後に撤退し昭和28年からは淡路信用金庫の本店建物に転用されました。
f0116479_3395371.jpg

若干の手直しはされていますが竣工時の姿を良く留めています。古典様式に則ったこの時代の銀行建築の一般的な特徴を備えています。
f0116479_4371266.jpg

現在アーケードとなっている南側が正面です。玄関両脇にオーダー柱が添えられ、入口上部は三角ペディメントで飾られています。
f0116479_4153089.jpg

f0116479_4161493.jpg

f0116479_4183567.jpg

f0116479_4175620.jpg

f0116479_4305284.jpg

f0116479_4314329.jpg

f0116479_4362786.jpg

東側にはオーダー柱はありません。入口も控えめな造りです。この面にはアーケード屋根がない為に軒の装飾や壁面のレリーフが良く見てとれます。
f0116479_4475469.jpg

f0116479_4484775.jpg

f0116479_451484.jpg

f0116479_4503663.jpg

f0116479_4523768.jpg

窓枠は換えられているようですが面格子は当時のものと思われます。
f0116479_4542651.jpg

f0116479_4545559.jpg

f0116479_4552854.jpg

洲本の中心部であるこの周辺は明治以降多くの商業施設が建ち並びましたが、現存する戦前の建造物は数える程になってしまいました。連絡船で結ばれていたとは言え現在ほど交通アクセスが整備されていなかった当時、明石海峡を隔てた島嶼の一都市がこのような立派な銀行建築が建てられる程に繁栄していた事を今に伝える建物です。
f0116479_22253753.jpg


by sunshine-works | 2008-12-27 05:50 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/9995872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sy-f_ha-ys at 2008-12-27 06:12
この建物ははじめて拝見しました。
そして国枝博さんの作品という事で更に驚いています。
国枝さんの作品は、東京銀座にこちらの銀行店舗と同時期に建てられたビルディングがありましたが、数年前に解体されています。
銀行建築お決まりの古典主義の外観ですが、何となく全体的にアールデコというのでしょうか、尖った印象を受けました。
建物内の装飾も面白そうですね。
Commented by sunshine-works at 2008-12-27 17:44
sy-f_ha-ys さんこんにちは。
神戸の元町駅近くにも国枝博作の旧銀行建物が残っています。大阪市内では改修を手がけた旧大阪農工銀行(現在は八木通商ビル)が有名です。国枝博は大分の農工銀行も設計しており、農工銀行とは何らかの所縁があるのかも知れません。休日だったので建物内は未確認ですが何となく内部は改装されている雰囲気がありました。


<< 猪鼻ダム      旧鐘淵紡績洲本工場施設その2 >>