2008年 12月 05日
移情閣
神戸垂水区の近代建築その4

明石海峡を望む舞子公園に薄緑色に塗られた八角形の楼閣が建っています。この楼閣とその隣に建つ洋館は明治~大正期に活躍した中国人貿易商 呉錦堂氏の別荘でした。現在は呉錦堂氏と所縁の深い孫文の記念館として公開されています。楼閣部分は大正4年、洋館は明治20年代の築とされています。
f0116479_19221447.jpg

もともとはこの場所から200メートル程離れた場所に建っていましたが、明石海峡大橋の工事に伴って移築されています。*建物詳細はこちらに詳しく掲載されています。
f0116479_1923812.jpg

広い芝生広場から北側を望みます。二つの建物は寄り添う様に並んでいます。
f0116479_1930384.jpg

f0116479_19311243.jpg

f0116479_19374212.jpg

f0116479_19312324.jpg

f0116479_1931548.jpg

楼閣1階の出入口
f0116479_19354278.jpg

f0116479_19361230.jpg

側面を回って建物南側へ
f0116479_19382877.jpg

f0116479_19335629.jpg

f0116479_1939433.jpg

敷地の外から南面を眺めます
f0116479_2092983.jpg

f0116479_209455.jpg

f0116479_2014516.jpg

f0116479_20103096.jpg

f0116479_2011369.jpg

下から見上げると大きな建物である事を実感します。
f0116479_20422168.jpg

洋館南面のクローズアップ
f0116479_20153632.jpg

f0116479_2016411.jpg

f0116479_20165135.jpg

f0116479_20171339.jpg

f0116479_20172668.jpg

f0116479_202049.jpg

f0116479_20194595.jpg

f0116479_20253954.jpg

楼閣の各窓はこのような頑丈な鉄製の窓蓋が付いています。
f0116479_20223782.jpg

公開施設なので館内も自由に見学できます。こちらは楼閣の内部。8角形である事が良く判ります。
f0116479_2027543.jpg

f0116479_20282977.jpg

f0116479_202945.jpg

洋館部分から楼閣を結ぶ階段
f0116479_20303275.jpg

f0116479_2031341.jpg

海に面したガラス貼りのテラスから望む明石海峡大橋のダイナミックな景色。淡路島はすぐそこです。
f0116479_20344546.jpg

f0116479_20353396.jpg

かってこの付近は多くの別荘や旅館が並ぶ海辺の景勝地でしたが、当時建てられた中で現存しているのはこの建物のみとなってしまいました。
孫文所縁のこの建物は近代の日中交流史の舞台となった貴重な文化遺産として記念館に生まれ変わりましたが、神戸発展の大きな力となった華僑の繁栄ぶりを偲ばせる貴重な建物でもあります。
f0116479_21194917.jpg


by sunshine-works | 2008-12-05 21:30 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/9833228
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 江崎灯台      旧日下部久太郎邸(舞子ホテル) >>