2008年 12月 01日
旧日下部久太郎邸(舞子ホテル)
神戸垂水区の近代建築その3

舞子駅の北側の閑静な一角に現在はホテルとして使われている洋館が建っています。旧日下部汽船社長の日下部久太郎氏の別荘として大正4年に建てられました。設計者:不詳
f0116479_20552715.jpg

別荘兼迎賓館として使われていました。敷地には和館と洋館が並び、この洋館が主に接待施設となっていました。
f0116479_21185883.jpg
f0116479_21175853.jpg
f0116479_2120337.jpg

日下部汽船は日下部久太郎が一代で築いた中堅の海運会社でした。函館と神戸に拠点を構える同社は第一次大戦による海運景気で急成長しましたが、程なく破綻の憂き目を見ます。この建物が日下部久太郎氏の別荘として使われたのは実際には僅かな期間でした。

当時流行のセセッション様式の煉瓦造3階建て、表面は白タイルが貼られています。
f0116479_21365946.jpg

一部が半地下式となっています。建物に沿って掘り下げ、採光窓が設けられています。
f0116479_2149551.jpg

f0116479_21502250.jpg

f0116479_21513436.jpg

f0116479_2152120.jpg

大きく突き出した庇とステンドグラスが据えられた玄関周り。
f0116479_2155347.jpg

f0116479_21553618.jpg

f0116479_2156380.jpg

ステンドグラスに描かれているのは淡路島を望む舞子浜の風景でしょうか。
f0116479_2156366.jpg

f0116479_21565995.jpg

石とタイルで飾られた玄関ホール。
大きなアーチを4本の列柱で支える独特のデザインです。
f0116479_228944.jpg

f0116479_2251633.jpg

f0116479_2284179.jpg

f0116479_229935.jpg

港を軸に栄えた神戸には海運業縁の近代建築が数多く残されていますが、海運業の衰退に伴って多くは所有者が変わってしまいました。この建物も日下部汽船の手を離れた後の昭和17年にホテルに転用され現在に至っています。
船成金と揶揄された海運バブル期の象徴的な建物ですが、各部に贅を凝らしたこの素晴らしい洋館からは往時の海運業の繁栄ぶりを窺うことが出来ます。
f0116479_229456.jpg


by sunshine-works | 2008-12-01 22:39 | 近代建築 | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/9801562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 散策とグルメの記録 at 2014-10-13 09:20
タイトル : 舞子ホテルでのランチ on 2010-4-19
2010年4月19日(月)に和食から洋食に衣替えされた舞子ホテルでランチを食べてきましたので写真紹介します。住所:神戸市垂水区舞子台2-5-41  TEL:078-782-1155地図はこちら舞子ホテルは大正11年(1915)に日下部汽船迎賓館兼日下部久太郎別邸として明石海峡を一望できる高台に建設されました。その後昭和17年(1942)舞子ホテルとして開業そして戦後はGHQに接収されアメリカ軍将校用宿舎として使用されました。舞子ホテルの建築をテーマに取り上げたサイトにリンクさせていただきます 近代建築...... more
Tracked from CHIKU-CHANの岩.. at 2014-10-13 09:32
タイトル : 舞子ホテルでのランチ on 2014-8-25
2014年8月25日、久しぶりに舞子ホテルでランチをいただきましたので写真紹介します。 舞子ホテルの基本情報 住所:神戸市垂水区舞子台2-5-41  TEL:078-782-1155 料理ジャンル:イタリアン 公式HP:http://www.maiko-hotel.co.jp/?men=1 地図:https://goo.gl/maps/nb...... more
Commented by seiyo39 at 2014-10-13 09:26
いつも素晴らしい写真をありがとうございます 神戸在住のseiyo39です 下記サイトでリンク及びTBさせていただきましたのでよろしくお願いします
Commented by seiyo39 at 2014-10-13 09:35
いつも素晴らしい写真をありがとうございます seiyo39です。小生が書いている別のサイト(下記)でもリンク及びTBさせていただきましたのでご承認をよろしくお願いします   http://blog.goo.ne.jp/chiku39/e/22b70793a5da58a18c6cc736373d706e


<< 移情閣      福田橋 >>