2008年 11月 07日
旧二葉小学校
神戸長田区の近代建築その4

駒ヶ林の隣に位置するのが二葉町です。この地区を校区とした旧二葉小学校は統合によって廃校となってしまいましたが、学校創設時に建てられた校舎が現存しています。
昭和4年築、設計:神戸市営繕課。
f0116479_20512162.jpg

神戸市内には戦前に建てられた鉄筋コンクリート造の小学校が他にも数校残っていますが、この校舎の幾つものアーチ形が連なる優美な意匠は他に類のない随一の美しさです。
f0116479_20544591.jpg

中央に6連の大きなアーチを配し、その脇の階段室窓もアーチで象られています。更にその下の昇降口もアーチ形となっており、繰り返される曲線が心地よいアクセントを添えています。
f0116479_20485231.jpg

f0116479_20553589.jpg

中央部・脇の階段室・両翼部分 それぞれの高さに段差をつけ、前後方向にも一段づつセットバックさせる凝ったデザインです。
f0116479_2052271.jpg

校舎裏側。表側とほぼ同じデザインです。
f0116479_20563811.jpg

f0116479_20565297.jpg

f0116479_20571351.jpg

f0116479_20573225.jpg

f0116479_2058435.jpg

隣接する後年に建てられたと思われる別棟です。何故かこちらの方が古く見えます。
f0116479_2165781.jpg

f0116479_2185050.jpg

f0116479_2191719.jpg

廃校となったこの校舎については地域の交流拠点として活用していく方針が発表されています。戦災を乗り越え、阪神淡路大震災では地域の避難拠点として活躍したこの校舎はこれからも長く守り伝えられて行く事となりました。
f0116479_2110013.jpg


by sunshine-works | 2008-11-07 21:50 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/9603853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧西尾類蔵邸      旧駒ヶ林町公会堂 >>