2008年 10月 18日
加藤海運ビル
神戸兵庫区の近代建築その14

旧東京倉庫兵庫出張所の裏手には小規模な事業所や倉庫、工場が並んでいます。一昔ほど前迄この界隈には戦前に建てられたと思われる建物が数棟残っていたのですが、現在はほとんどが建て替えられてしまいました。唯一戦前の築と思われる建物がこの加藤海運ビルです。詳細データ不詳
f0116479_20221429.jpg

加藤海運は瀬戸内海を基盤とした内航運輸の中堅企業で古い歴史がありますが、この建物を竣工時から使用していたかは不明です。現在の同社の本社は中央区に移っていますので以前の本社あるいは営業所だったとも思われます。(傍らに「加藤梱包㈱倉庫」の看板が置かれている所を見るとその後に関連会社の施設となったようです。)
現在は使用されていない様子で各部に傷みが目立ちます。窓は破れ鉄部は錆でボロボロの状態です。おそらく近年の内に取り壊されてしまうのでしょうが、壊してしまうには惜しいモダンなデザインの建物です。
f0116479_20253792.jpg

f0116479_20245945.jpg

f0116479_20322526.jpg

f0116479_20325072.jpg

f0116479_20463531.jpg

防潮堤から道1本隔てて建てられたこのビルはアールを付けたコーナーが見晴らしの良い大きな窓となっており、そこから港が一望できる様になっています。コーナーの大きなアールはこの時代のモダンデザインによく見られる特色です。港や川辺に建てられたビルにこのデザインが多いのは船をイメージさせるからなのでしょうか。
f0116479_20294652.jpg

f0116479_20284756.jpg

f0116479_20291540.jpg

f0116479_20301176.jpg

f0116479_20303948.jpg

f0116479_20305621.jpg

水平方向に連なる窓を囲む縁取りも当時流行のデザインです。建物を取り巻く1階部分の庇、軒の張り出しと合わさって何層も重なる水平方向のラインの表現が特徴的です。
f0116479_20262540.jpg

f0116479_20235674.jpg

神戸港の風景としては中央区の新港地区や中央突堤、ポートアイランド等が思い浮かびますが、兵庫埠頭の周辺には古き時代の港の風情が色濃く残っています。最盛期には多くの小船や艀(はしけ)が行きかい、荷役人や船員達で賑やかだったこの場所もコンテナ船が主流となった今日では寂れた一角となってしまいました。当時建てられた中で唯一残ったこのモダンなビルも時代の移り変わりとともに消え去る運命にあるようです。
f0116479_20421813.jpg


by sunshine-works | 2008-10-18 21:07 | 近代建築 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/9418259
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひろ009 at 2008-10-20 21:22 x
こんばんは。
土曜日に、こちらのブログを参考にJR兵庫駅~和田岬~旧東京倉庫兵庫出張所などを見てきました。三菱重工の4号館なんて予習していなかったら見逃していたと思います。横の道をふと覗いて何か雰囲気がありそうだなと思ったら4号館でした。帰宅してから加藤海運ビルの記事のアップを見て、うーん見逃しで残念でした。兵庫区はいずれにしても再訪しないといけないので、次回はここも回ります。

貴重な情報を参考にさせて頂き、ありがとうございました。
Commented by sunshine-works at 2008-10-21 00:52
ひろ009さん、こんばんは。お役に立てて幸いです。
兵庫区の臨海部一帯は職と住が入り混じった下町ならではの雰囲気が良いですね。次回紹介する物件も なかなかにインパクトのある建物だと思います(22日アップ予定)。未見でしたら是非再訪時にお立ち寄り下さい。
Commented by 古本屋の常連 at 2012-11-05 23:06 x
はじめまして

古い建物大好きの者です。

いや、それにしましても歴史のある街には歴史を感じさせる建物があるものですね。

先ほど、サスペンスのロケで使われていたみたいで、中身の階段には真鍮で円筒形の手すりがあり、確かに古い建物なんだ、とおもったりしました。

これからも、どしどし珍しい建物のご紹介、楽しみにしております。
Commented by sunshine-works at 2012-11-06 12:26
古本屋の常連さん はじめまして。宜しくお願い致します。
現存していないとも思っていましたので、この建物がその様な使われ方をしたとは驚きました。
確かに、この只ならぬ雰囲気はサスペンスドラマ向きかもしれませんね。


<< ユアサ食料ビル      旧東京倉庫兵庫出張所 >>