2008年 10月 06日
三菱重工神戸造船所本館
神戸兵庫区の近代建築その11

和田岬駅の南には三菱重工神戸造船所の工場施設が連なります。広大な敷地の入口に位置するこの大きなビルは昭和13年に本館として建てられ、今も現役施設として使われています。設計:三菱造船所。
f0116479_2271499.jpg

現在は神戸港の一部となっている兵庫港ですが、元々は兵庫津、その前は大輪田の泊と呼ばれ、瀬戸内海の海運の要衝でした。兵庫津の南側に突き出た和田岬は幕末には沿岸防備の砲台が置かれ、明治初年には灯台の設置場所となっていました。
この和田岬周辺を埋め立てて明治38年に開設されたのがこの造船所です。長崎に継ぐ三菱2番目の造船所として操業を開始した神戸造船所は数々の大型船舶・艦艇の建造を手掛け、同社の主力造船所として発展していきます。工場事務所としては非常に大きく立派なこの建物からしてもこの造船所の規模や位置付けが伺えます。
f0116479_229078.jpg

f0116479_2219265.jpg

緩やかにカーブを描く壁面に縦長窓が整然と並びます。装飾はほとんどありませんが曲面のラインと窓の配列のバランスが美しい建物です。
f0116479_2145162.jpg

f0116479_2152039.jpg

f0116479_2165360.jpg

f0116479_2154366.jpg

f0116479_2161757.jpg

塔屋に設けられた時計台が印象的です。この高さなら広い敷地のどこからでも見える事でしょう。
f0116479_2174710.jpg

f0116479_218738.jpg

f0116479_2184258.jpg

工場敷地の付近にある4号館と名のある付属施設。本館と同時期に建てられたものと思われます。
f0116479_21255599.jpg

f0116479_21282449.jpg

f0116479_21291955.jpg

全面に豆タイルが貼られています。
f0116479_2126501.jpg

f0116479_21272381.jpg

f0116479_21274335.jpg

国際貿易港として商業中心に栄えた神戸ですが、工業分野でも日本有数の出荷額を誇る都市として発展しました。とりわけ日本の基幹を成す大企業が多く集まり、工業に於いても日本の先端地域となっていました。優美で堂々としたこの三菱重工神戸造船所の本館は、造船が基幹産業と呼ばれていた時代の風格を感じさせる建物です。
f0116479_21325236.jpg


by sunshine-works | 2008-10-06 23:11 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/9293544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大輪田橋      JR和田岬駅 >>