2008年 09月 16日
川崎病院
神戸兵庫区の近代建築その6

旧神戸市森高等女学校のすぐ傍に昭和初期築の大きな病院が建っています。この病院は川崎造船所(その後は川崎重工)の病院として昭和11年に設立されました。設計:木下益次郎(木下建築事務所)
f0116479_20505478.jpg

明治以降に兵庫区の臨海部に進出した三菱・川崎両造船所によって工場周辺や後背地域は企業城下町として大きく発展していきます。当時の多くの大企業がそうであったように、やがてこの両社は病院を設立し、社員や周辺住民に向けた医療サービスを開始します。
f0116479_2047429.jpg

f0116479_20534182.jpg

この病院が建てられた当時の川崎造船社長、平生釟三郎は当時を代表する基幹産業の社長・会長を歴任した実業家ですが、社会奉仕にも積極的に取り組み、灘生協の創設や甲南大学、甲南病院の設立者としても知られています。
f0116479_20523766.jpg

f0116479_20541618.jpg

この川崎病院の設計者である木下益次郎と平生釟三郎は縁が深く、平生釟三郎が設立した甲南病院や川崎造船の系列会社である川崎汽船の本社(神港ビルヂング)も木下益次郎が設計しています。確かに、この川崎病院の全体の雰囲気は甲南病院に共通するものがあります。
f0116479_20551285.jpg

f0116479_20565671.jpg

f0116479_20552854.jpg

f0116479_20555083.jpg

f0116479_20573855.jpg

f0116479_20582828.jpg

f0116479_2058528.jpg

f0116479_20592590.jpg

f0116479_20595126.jpg

f0116479_215992.jpg

広大な敷地には本館の他にも付属棟が数棟建てられています。
f0116479_2124153.jpg

f0116479_2134136.jpg

f0116479_214264.jpg

f0116479_2143913.jpg

f0116479_2154927.jpg

f0116479_2161558.jpg

f0116479_21515485.jpg

f0116479_2172531.jpg

f0116479_2165728.jpg

現在では大規模な事業所が地域に自前で病院を設ける事例は数少なくなってしまいましたが、医療体制が現在ほど整っていなかった当時は大資本による企業立病院の存在は公共医療の隙間を埋め、先端医療の導入に大きな役割を果たしていました。
f0116479_20515265.jpg


by sunshine-works | 2008-09-16 21:54 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/9089766
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 神戸電鉄湊川駅      旧神戸市森高等女学校校舎(神戸... >>