2008年 07月 06日
旧アメリカ領事館官舎(北野美術館)
神戸中央区の近代建築その59

旧ドレウェル邸の東隣には北野には珍しい平屋建ての洋館が建っています。アメリカ領事館官舎として使われた事でよく知られていますが、最初はドイツ人のカール・ウエルケンス氏の邸宅として建てられました。明治31年築。
f0116479_21513816.jpg

平屋建てとは言え、下見板貼りのコロニアル様式です。南側を大きなピロティとして軒を深く取り、鎧戸式の窓で通風に配慮したこの様式は蒸し暑い日本には適していたようです。
f0116479_21534677.jpg

f0116479_21545830.jpg

f0116479_21571136.jpg

f0116479_2202823.jpg

f0116479_1441011.jpg

ウエルケンス氏の邸宅として建てられたこの家は戦後にアメリカ領事館官舎として使われ、その後ギャラリー・ホワイトハウスを経て現在は美術館となっています。
f0116479_222247.jpg

f0116479_2243890.jpg

f0116479_22483612.jpg

同じコロニアル様式でも2階の在る無しの違いで印象もかなり違って見えます。
f0116479_2234233.jpg

玄関を挟んで建物の西半分は軒が無く、大きなガラス窓が並んでいます。コロニアル様式の特徴の一つであるベイウインドウはこの建物には設けられていません。
f0116479_22461539.jpg

f0116479_22475182.jpg

f0116479_2363065.jpg

f0116479_2247113.jpg

f0116479_22493427.jpg

この建物も北野通りから石段を上った一段高い位置に建っています。
f0116479_231847.jpg

f0116479_2331155.jpg

f0116479_2343865.jpg

側面、裏手は典型的な下見板仕上げです。
f0116479_23115925.jpg

f0116479_23121562.jpg

f0116479_23132849.jpg

ほとんどが2階建てとなっている北野異人館の中でなぜ平屋造りなのか、その理由はよくわかりませんが純白の外壁色と相まって、すっきりとした涼やかなイメージとなっています。
f0116479_23155823.jpg


by sunshine-works | 2008-07-06 02:11 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/8554414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< その他の北野異人館1      旧ドレウェル邸(ラインの館) >>