2008年 06月 28日
旧ハリアー邸(うろこの家)
神戸中央区の近代建築その57

北野の異人館街の最も北側には、これも有名な旧ハリアー邸(うろこの家)が建っています。風見鶏の館と同様に北野のシンボル的な存在です。詳しい施工データは不明ですが明治後期の築と言われています。
f0116479_20462958.jpg

この建物は元々は旧居留地に商館として建てられたそうです。大正11年に当地に移築され、その後は高級貸家として使われていました。最後の居住者の名前から旧ハリアー邸の名称で呼ばれています。
f0116479_20471255.jpg

下見板貼り、ベランダコロニアル様式の洋館が並ぶ北野地区にあって、外壁が魚燐のようなスレートで仕上げられているこの「うろこの家」はかなりユニークな建物です。
f0116479_20492923.jpg

f0116479_2051136.jpg

f0116479_20513525.jpg

建物中央に設けられた玄関の上は、ドーム屋根を乗せた展望塔となっています。
f0116479_20571690.jpg

f0116479_2056674.jpg

f0116479_20581937.jpg

f0116479_2059799.jpg

f0116479_210852.jpg

f0116479_20593542.jpg

f0116479_2105959.jpg

f0116479_2135469.jpg

f0116479_2141550.jpg

f0116479_2112396.jpg

小さいながらもガラス貼りのベランダが設けられています。
f0116479_0311890.jpg

屋根は和瓦で葺かれています。
f0116479_21924100.jpg

f0116479_219313.jpg

板張りの腰壁が落ち着いた雰囲気の廊下と階段
f0116479_21104516.jpg

窓からは遠く海が望めます。
f0116479_2121296.jpg

f0116479_21213022.jpg

f0116479_21224114.jpg

この建物は北野地区で最初に公開された異人館です。伝統的建造物郡保存地区として観光客で賑わう今日の北野をかたち作り、広く全国に知られる観光スポットに導いた点でも大きな意味を持つ建物です。
f0116479_2125421.jpg


by sunshine-works | 2008-06-28 00:36 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/8489855
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧ドレウェル邸(ラインの館)      旧トーマス邸(風見鶏の館) >>