2008年 06月 20日
旧シャープ邸
神戸中央区の近代建築その55

更に北野坂を上って行くと北野通りと交差します。この一角の見晴らしの良い高台に旧アメリカ総領事ハンター・シャープ邸として建てられた洋館が見えてきます。明治36年築。設計はA.N.ハンセルです。
f0116479_2171477.jpg

この建物は昭和62年の修復工事の際にオリジナルの色・萌黄色に復され、以来「萌黄の館」の愛称で親しまれています。下見板の外壁が白色で塗られている洋館が多い北野地区の中では独特の色合いです。
f0116479_2184219.jpg

1階を開放式、2階をガラス張りとしたベランダコロニアル様式。東側と西側には、それぞれベイウインドウが設けられています。
f0116479_2113276.jpg

f0116479_21121610.jpg

f0116479_2110174.jpg

アメリカ総領事の自邸として建てられた後、数回所有者が変わり最後は神戸電鉄社長の小林秀雄氏の所有となります。現在は小林家の名義のまま神戸市が借り受け、観光施設として公開されています。
f0116479_21104013.jpg

f0116479_21112090.jpg

f0116479_21152390.jpg

f0116479_2114549.jpg

f0116479_2116398.jpg

f0116479_21264615.jpg

f0116479_2124081.jpg

f0116479_21284162.jpg

2階のガラス枠の幾何学模様はこの館のシンボルマークに使われています。
f0116479_21252357.jpg

f0116479_21133124.jpg

f0116479_21135730.jpg

f0116479_2114267.jpg

この窓だけが蜂の巣模様の窓枠になっています。
f0116479_21171187.jpg

テラス中央の入口上部にはステンドグラスが嵌められています。
f0116479_21174919.jpg

室内の壁も萌黄色がベース。
f0116479_2119017.jpg

f0116479_21191510.jpg

f0116479_21193899.jpg

f0116479_2120176.jpg

こちらは裏側です
f0116479_21255981.jpg

f0116479_21272076.jpg

細かな部分まで手入れが行き届き、原形が良く保たれています。明治中期に続々と建てられた北野の異人館の典型例として、見所の多い建物です。
f0116479_2129080.jpg


by sunshine-works | 2008-06-20 01:37 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/8426254
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧トーマス邸(風見鶏の館)      旧シェー邸(北野物語館) >>