2008年 06月 08日
旧グラシアニ邸
神戸中央区の近代建築その52

旧ハンセル邸の斜め向かい側に建つ白く塗られたこの建物は、フランス人グラシアニ氏の邸宅として建てられました。現在はレストランとして使われています。明治41年築。
f0116479_9572584.jpg

道路から一段上がった場所に建ち、白く塗られた外壁が良く目立ちます。規模としてはやや小ぶりですが大きなガラス窓やアクセントのバラスターが美しい洋館です。
f0116479_10264689.jpg

f0116479_1039969.jpg

f0116479_10135494.jpg

f0116479_10114522.jpg

f0116479_1013662.jpg

前庭に貼られたデッキはオープンテラスになっています。
f0116479_10184413.jpg

f0116479_1019936.jpg

f0116479_1019463.jpg

石段を上る玄関へのアプローチ
f0116479_10395816.jpg

f0116479_10121344.jpg

f0116479_1023941.jpg

f0116479_10234280.jpg

左手には鎧戸を持つ張出し窓
f0116479_10254935.jpg

側面、裏手の様子。下見板仕上げではない壁面は増築された部分と思われます。
f0116479_10345635.jpg

f0116479_10351140.jpg

f0116479_1036471.jpg

東天閣の例もそうですが、洋館と高級レストランの組み合わせは良く似合います。立地に恵まれればこのようなすばらしい転用事例になるようです。
f0116479_10432360.jpg


by sunshine-works | 2008-06-08 11:46 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/8324535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧ゲンセン邸(神戸華僑総会)      旧ハンセル邸(シュウエケ邸) >>