2008年 05月 27日
神戸回教寺院(ムスリム・モスク)
神戸中央区の近代建築その49

トアロードと交わるパールストリートを東へ進み北野を目指します。右手に見えてくるイスラム風の建築物は昭和10年に建てられた現存する日本最古の回教寺院です。設計J.J.スワガー
f0116479_21502756.jpg

設計者のスワガーは横浜の山手教会の設計者として知られています。他にも多くのカトリック系の宗教施設を手掛けているのですが、その中でこのイスラム建築は異彩を放つ存在です。
f0116479_21563538.jpg

中央に大きなドームが置かれ、周囲に4つの尖塔が並びます。
南アジア系のイスラム教徒が多かった事もあってか、どこかインド風のデザインを感じます。
f0116479_2154518.jpg

f0116479_21534622.jpg

f0116479_2231419.jpg

国際貿易港として発展した神戸には南アジアやトルコ出身の貿易商も数多く居住していました。これらの人々によって日本で最初の本格的な礼拝施設として建てられたのがこのモスクです。信教の自由が認められた明治に始まる日本のイスラム教はイスラム圏の外国人コミューンが存在した神戸がその中心となりました。
f0116479_2202013.jpg

f0116479_21525530.jpg

普段なじみの無いイスラム寺院ですが、宗教施設ならではの厳かさな雰囲気が漂います。
f0116479_2262562.jpg

f0116479_2321630.jpg

f0116479_238498.jpg

f0116479_2392484.jpg

f0116479_2384915.jpg

f0116479_23135214.jpg

f0116479_2315493.jpg

*内部の見学も出来るそうです。gipsypapaさんのサイトに詳しい写真があります。
f0116479_23543047.jpg

各派のキリスト教会が市内各地に点在する神戸ですが、神戸の国際性を象徴するのがこのイスラム寺院をはじめユダヤ教やジャイナ教、関帝廟など種々様々な宗教施設です。世界各国の人々によって支えられてきた国際都市神戸ならではの光景でしょう。
f0116479_2324286.jpg


by sunshine-works | 2008-05-27 23:37 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/8215229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧兵庫県信用組合連合会(神戸韓...      旧ビショップ邸(東天閣) >>