2008年 05月 19日
旧北野小学校(北野・工房のまち)
神戸中央区の近代建築その47

旧居留地と北野を結ぶトアロードの坂の中腹に廃校となった小学校を利用した観光施設が建っています。このモダンな校舎は昭和6年に神戸市営繕課の設計で建てられました。
f0116479_220559.jpg

市の中心部と洋館が立ち並ぶ山手の住宅街を結ぶトアロード沿いに位置するこの小学校は神戸の小学校の中でも都会の真中に建てられた代表的な小学校です。昭和初期には神戸市内に鉄筋コンクリートの校舎が続々と建てられて行きますが、この校舎は当時建てられた中でも随一のモダンなデザインが各所に表現されています。
f0116479_22105063.jpg

f0116479_228579.jpg

f0116479_2211729.jpg

f0116479_22132971.jpg

f0116479_22151081.jpg

f0116479_22135180.jpg

f0116479_2228739.jpg

都心に立地する他の多くの小学校と同様に、この北野小学校も生徒数の減少によって統合され廃校となってしまいます。残された校舎の再利用を模索した神戸市が出した結論は地元神戸の産品を紹介する商業・観光拠点とする事でした。かっての教室は物販施設に改装され多くの観光客が訪れる集客スポットとなりました。
f0116479_22161171.jpg

f0116479_22162741.jpg

f0116479_22164921.jpg

かって校庭だった裏側は観光バスの駐車場となっています。
f0116479_22294846.jpg

f0116479_2230549.jpg

f0116479_22562760.jpg

館内にも当時そのままの素晴らしい意匠が残っています。
f0116479_22202677.jpg

f0116479_22205412.jpg

f0116479_22211936.jpg

f0116479_22214556.jpg

小学校にしてステンドグラスが設けられています。
f0116479_22231144.jpg

この照明器具は後年の物でしょうか。
f0116479_2239899.jpg

f0116479_22244863.jpg

玄関周りをもう少し
f0116479_22254547.jpg

f0116479_2226335.jpg

f0116479_22264277.jpg

f0116479_2227166.jpg

f0116479_22581456.jpg

廃校となった校舎の再生方法として、条件に恵まれればこのように観光施設に転用が出来るのですが、むしろこれは稀有な例でしょう。観光地でも商業地区でもない、ごく普通の街中に残された廃校の多くは再開発の名の下で思い出が詰まった校舎の解体を余儀なくされているのが現実です。
f0116479_22303320.jpg


by sunshine-works | 2008-05-19 23:03 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/8136515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧ビショップ邸(東天閣)      旧国立神戸移民収容所(神戸移住... >>