2008年 04月 30日
旧小寺家厩舎
神戸中央区の近代建築その43

県庁の北側、現在「相楽園」として公開されている庭園は明治初期に神戸一の資産家だった小寺泰次郎の邸宅があった場所です。この庭園の一角にレンガ造の厩舎(馬小屋)が保存されています。小寺家の屋敷跡で唯一残る当時の建物です。
f0116479_21423628.jpg

幕末期に三田藩は藩政再建を図るべく開港間もない神戸に藩の資金で貿易商社を設立し成功を収めます。
この時の中心人物の一人であった小寺泰次郎は独立後もそのまま神戸で事業を続け、当時まだ寒村だった神戸村一帯の土地を買い占めて行きます。(因みに、三田藩主だった九鬼隆義も同様に神戸で土地事業を進め、現在の主要な街区の大半はこの二人の所有となっていました。)土地取引で財を為し、大富豪となった小寺泰次郎は官庁が集まるこの場所に当時神戸で数々の建築を手掛けていた河合浩蔵の設計で壮大な邸宅を建てる事となります。
f0116479_2147575.jpg

邸宅が完成した明治44年、小寺泰次郎はすでに没し、息子謙吉が当主となっていました。小寺謙吉はその後衆議院議員を務め、戦後には神戸市長に就く事となります。また父祖の出身地である三田市に私学三田学院を創設します(このすばらしい校舎は改めて三田市編で紹介します)。
f0116479_23162586.jpg

建物についての説明板を抜粋すると「煉瓦造りの一階に木造の小屋組をのせたドイツ風の重厚な造りで、正面一階は馬車庫、二階は厩務員の宿舎、東側は吹き抜けの高い天井をもつ馬房」となっています。
こちらが馬車庫となっている正面側。円筒の塔は階段室です。
f0116479_21485341.jpg

f0116479_2158443.jpg

f0116479_220182.jpg

f0116479_2205196.jpg

屋根上のドーマ窓
f0116479_2159257.jpg

f0116479_23102462.jpg

f0116479_2310571.jpg

f0116479_23112390.jpg

f0116479_23115314.jpg

東側の馬房
f0116479_23133875.jpg

f0116479_2314478.jpg

f0116479_23143961.jpg

f0116479_23151211.jpg

馬車庫の裏側です
f0116479_23183158.jpg

f0116479_23191975.jpg

f0116479_23193722.jpg

f0116479_21581714.jpg

阪神間には明治以来数々の洋館が建てられましたが、その中でも小寺家邸宅は随一の規模に思えます。残念ながら主屋は戦災で失われ往時の姿を偲ぶことは出来ませんが厩舎にしてこのすばらしい造りですから、さぞかし豪奢な屋敷だったことでしょう。
f0116479_21571769.jpg


by sunshine-works | 2008-04-30 23:51 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/7965278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧ハッサム邸      旧兵庫県庁舎(兵庫県公館) >>