2008年 02月 28日
昭和ビル
神戸中央区の近代建築その28

元町から神戸駅方面を結ぶ栄町通りと海岸通りに挟まれた乙仲通り一帯は小規模な事務所ビルが並ぶ地域です。現在は古い建物を利用したブティックやカフェが軒を連ねる商業地域に生まれ変わりましたが、かっては通関業務の仲立ちをする事業者(乙種仲立業)の街区でした。
当時の雰囲気を色濃く残す事務所ビルの典型が今回紹介するこの昭和ビルです。詳しい竣工データは不詳ですが昭和初期の築と思われます。
f0116479_0553331.jpg

f0116479_0562763.jpg

f0116479_1291419.jpg

f0116479_1264014.jpg

間口は狭く南北方向の奥行きが長い建物です。北面と南面に二つのエントランスが設けられていますが南側と北側ではかなりデザインが異なります。上記4枚の写真が北側入口、南側はこのようになっています。
f0116479_1123948.jpg

f0116479_11333.jpg

f0116479_1191082.jpg

f0116479_1195563.jpg

f0116479_1201113.jpg

隣接する建物に接していた側面はいたって普通の造りです。
f0116479_1204684.jpg

道路際の窓だけがアーチ窓。この部分は建物と接していなかったのかもしれません。
f0116479_1374163.jpg

タイムスリップしたかのような館内。ほとんど当時のままのようです。
f0116479_1225594.jpg

f0116479_1231871.jpg

f0116479_1241177.jpg

f0116479_1234918.jpg

f0116479_125735.jpg

f0116479_1275592.jpg

贅を凝らした大手企業の事務所ビルと異なって内装も外観もごくシンプルですが実際には当時の大半のオフィスビルがこのようなビルだったと思います。
地味で小規模ながらもそれぞれに個性的で、有名ビルとはまた異なった魅力があります。
f0116479_1115591.jpg


by sunshine-works | 2008-02-28 02:12 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/7562942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 岸本産業旧本社(KISCO株式...      旧住友銀行神戸支店 >>