2008年 01月 24日
旧日本郵船神戸支店(神戸郵船ビル)
神戸中央区の近代建築その19

海岸ビルから1ブロック西に建つこのビルは日本郵船の神戸支店として建てられました。大正7年築、設計は曾禰・中条設計事務所です。
f0116479_0535015.jpg

日本を代表する海運会社であり、三菱の基礎を築いた日本郵船の旧神戸支店です。世界に名の知れた大企業の社屋らしい風格を感じさせる堂々たる造りです。
f0116479_23504659.jpg

この建物を設計した曾禰・中条設計事務所はもともと三菱で建築設計技師を務めた曾禰達蔵が独立して開業した事務所です。大手企業の建物や官公庁を中心に全国に多くの作品を残し、戦前の日本を代表する設計事務所でした。
f0116479_2352119.jpg

建物正面を遠景から。竣工時にはこの上にドーム屋根があったのですが戦災で失われてしまいました。
f0116479_0185026.jpg

この建物は現在テナントビルとなっていますが、日本郵船の名はビル名に留められており、屋上のポールには社旗が掲げられています。
f0116479_0263370.jpg

f0116479_004868.jpg

正面側詳細。
f0116479_0201422.jpg

f0116479_0225393.jpg

f0116479_0232322.jpg

f0116479_0235290.jpg

f0116479_0242748.jpg

f0116479_0251141.jpg

美しい窓の面格子
f0116479_0285918.jpg

f0116479_0302819.jpg

海岸通りに面して奥行きが長く伸びます。
f0116479_0352999.jpg

f0116479_0361239.jpg

f0116479_0371014.jpg

海岸通り側の入口
f0116479_0383859.jpg

いかにも裏側といった趣の北面。
f0116479_0405994.jpg

f0116479_0415781.jpg

f0116479_0412156.jpg

こちらは西面。2階の一部だけがアーチ窓です。
f0116479_0435530.jpg

日本郵船をはじめとして、当時の海運会社の社屋はどれもさまざまに意匠を凝らした存在感のある建物となっています。海外航路の豪華客船に代表されるように当時の船内の内装や調度品は常に欧米の最先端のデザインが取り入れられ、海運会社は建築やインテリアに最も敏感な業種でもありました。
当時非常に贅沢品であった海外渡航を取り扱う海運会社には、夢や憧れを演出する装置としてこれら豪華な建物が必要だったのかも知れません。
f0116479_0364314.jpg


by sunshine-works | 2008-01-24 23:26 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/7338333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2008-02-07 20:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sunshine-works at 2008-02-08 02:47
石川様、はじめまして。そのような場にお使いいただけるとは大変光栄なことです。遠慮なくご利用ください。


<< 旧オール商会ビル(丸亀ビル)      旧三井物産神戸支店(海岸ビル) >>