2007年 11月 27日
関西電力旭変電所
神戸中央区の近代建築その7

JR三ノ宮駅から線路に沿って東に向かって程なく、マンションの隣に古びた変電所が置かれています。この建物は昭和11年に建てられ現在も関西電力旭変電所として使われています。
f0116479_1225261.jpg

神戸市の電力供給事業は明治22年、東京電燈(後の東京電力)に次ぐ全国2番目の電力会社である神戸電燈の設立によって開始されました。その後同社は競合会社であった神戸電気株式会社と統合、更に神戸市電気局、関西送電株式会社を経て現在の関西電力へと受け継がれて行きます。この変電所が作られたのが昭和11年なので神戸電気株式会社から神戸市電気局に移行された時代の建物となります。
f0116479_12295525.jpg

f0116479_1258215.jpg

当時は現在のような10電力会社制度が整う前で、全国の大小さまざまな電力会社が給電を行なっており、さらに神戸市の様に自治体が事業主となっている所もありました。またこの時代の特色として鉄道事業者が給電を行なっていたり電力会社が鉄道を運営していたりと複雑な仕組みとなっていました。
f0116479_12312023.jpg

神戸電気株式会社から電力事業と鉄道事業(神戸市電となりました)を引き継いだ神戸市は市域の拡大と都市化の進行に伴なって市内の変電施設を増強していきます。市内兵庫区には同じく神戸市電気局の有馬道変電所が同時代の建物として現存しています。
f0116479_12321062.jpg

側面にある出入口。庇の付いた玄関風の造りです。
f0116479_12324662.jpg
f0116479_12331190.jpg

道路に面した別の入口跡。現在は塞がれています。
f0116479_12345025.jpg

基礎の保護の為でしょうか、コンクリートで補強しています。
f0116479_12353597.jpg

f0116479_12394332.jpg

四隅に軽くアールをつけて蛇腹で飾っています。良く見ると最上部の軒蛇腹は金属の樋状の物を取り付けてあるようです。
f0116479_1240854.jpg
f0116479_12402650.jpg

f0116479_1242236.jpg

現在の感覚からすると居住の場でもなく人の出入りする事務所や商業建物でもない裏方の様な施設に凝った装飾を加える事は不思議な思いがしますが、当時のこの種の建物(水利施設などは顕著な例です)には様々な意匠を凝らした例が多く見られます。水や電気といった文明の恩恵が今よりも崇められていた時代に事業者としての威厳を示す意味があったのかも知れません(周囲の建物に溶け込む様にデザイン的配慮をしていたとも考えられます)。いずれにしても現在の無機質な変電施設を見慣れた目にはかえって新鮮に思えます。
f0116479_12431371.jpg


by sunshine-works | 2007-11-27 13:01 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/6936174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧神戸市立生糸検査所      帝国信栄本社ビル >>