2007年 10月 29日
旧ハンター邸
神戸市灘区の近代建築その18

かっての原田の森、現在の王子公園内には昭和26年に動物園が開設されています。この動物園の園内に一軒の洋館が公開されています。この建物は元々神戸の北野に建っていたのですが昭和38年に神戸市に寄贈され当地に移築されました。当初はドイツ人のA.グレッピー氏の邸宅として建てられたものですが2代目の所有者の名を称してハンター家住宅と呼ばれています。明治22年築。
f0116479_2246818.jpg

木骨レンガ造り二階建(塔屋を含むと三階建)、神戸市内に現存する洋館の中で最大級の大きさの建物です。国の重要文化財指定を受けています。
英国コロニアル様式に分類される建物です。この様式の特徴である広いテラスは当初開放式でしたが日本の気候に合わせてガラス窓で塞ぎサンルームに変えられています。
f0116479_22513896.jpg
f0116479_22522649.jpg

f0116479_2304429.jpg

ハンター氏はこの建物を明治40年に購入して同じ北野町内の他の場所に移築し(つまりこの王子動物園は3回目の移築になります)さらに改築しています。テラスにガラス窓を取り付けたのもこの時だったようです。ちなみにハンター氏が居住していた場所にはハンター坂の名が残っています。
f0116479_0131893.jpg

改築時に取り付けたガラス窓のフレームの幾何学的美しさがこの建物を一層美しく印象つけています。ガラス窓を付けたことで他のコロニアル式の建物とはかなり印象を異にするものとなっています。
f0116479_22524289.jpg
f0116479_2253613.jpg

f0116479_22583274.jpg
f0116479_2259584.jpg

ハンター氏は明治初年に来日し自身で設立した貿易会社ハンター商会を振り出しに事業家として活躍しました。日立造船の前身である大阪鉄鋼所も氏が創設した会社です。一族の企業グループは後に範田財閥とも呼ばれ三井や三菱と並ぶ勢いを誇っていました。
f0116479_22551861.jpg

f0116479_22542533.jpg

建物の美しさを引き立たせる手入れの整った前庭。
f0116479_224842100.jpg

f0116479_22554432.jpg
f0116479_22562826.jpg

玄関は西の端に設けられていますが建物に比べて小規模な造りです。
f0116479_23105629.jpg
f0116479_2311119.jpg
f0116479_23112634.jpg
f0116479_23114573.jpg

北野の高台に建てられた洋館の多くは海に面した南側にテラスを設けていました。きっとこの建物も大きなテラスから港を一望の下にしていた事と思います。
f0116479_2361287.jpg

f0116479_230019.jpg

テラスの内側の様子
f0116479_2344385.jpg
f0116479_235158.jpg
f0116479_2351560.jpg
f0116479_2353239.jpg

かっての姿を再現した室内の様子。調度品や家具類も当時を偲ばせる物です。
f0116479_231196.jpg

f0116479_233779.jpg
f0116479_2332788.jpg

北野に建てられた多くの洋館は時代の進行と共に減少の一途を辿ります。外国人貿易商と言う言葉も死語となった今日では実際に居住の途にある洋館はほんの一握りとなってしまいました。観光施設となって存続を図れた洋館はまだしも幾つかの洋館は主の無いまま放置されてしまったり取り壊して他の用途建物に替えられてしまっているのが現状です。
この建物の様に自治体が所有者となって他所に移築される例は以前は多く見られました。自治体によるこうした建造物の保存が積極的に推進される事を望みたいのですが、昨今の財政事情からは難しくなっているのでしょうか…・。
f0116479_0151345.jpg


*灘区の近代建築は今回でひとまず終了。次回からは中央区の近代建築を巡ります。

by sunshine-works | 2007-10-29 00:24 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/6706728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 昭生病院      旧関西学院チャペル >>