2007年 09月 26日
六甲ケーブル山上駅
神戸灘区の近代建築その10

神戸大学のキャンパスを過ぎてさらに山を登っていくと六甲山頂行きケーブルカーの乗り場に行き着きます。ここからケーブルカーに乗って山頂へ向かいます。
眼下に広がる神戸の市街地や港を眺めながら約10分で愈々六甲山の山上駅に到着します。この駅舎は昭和7年の六甲ケーブル開通時に建てられたものです。
f0116479_23322935.jpg

ケーブルカーやロープウエイの駅舎には山小屋風意匠が多いのですがこの駅舎はアールデコ様式でデザインされています。当時としては奇抜にも思える大胆なデザインですがリゾート地の開放的な雰囲気に良く似合っています。
f0116479_23332546.jpg

六甲山は明治中頃から別荘地やリゾート地帯として開発されていきましたが当初は外国人や一部の裕福な人達を対象としたエリアであって一般庶民には縁の無い所でした。さほど標高の高い山ではない(900米程)のですが徒歩以外に交通手段の無い当時は気軽に出かけるリゾート地と言う訳には行かなかったようです。
山頂への交通アクセスが整備され誰もが行くことが出来る様になるのはもう少し時代が経ってからになります。昭和初期に自動車道、ロープウェイ、ケーブルカーが相次いで開通すると大阪・神戸から一時間程度で行ける高原リゾート地として一機に発展していきました。
f0116479_2349297.jpg

大きく突き出た三角形の庇が特徴的です。
f0116479_2334447.jpg

美しくデザインされた建物各部。
f0116479_23453152.jpg
f0116479_23455513.jpg
f0116479_23462716.jpg
f0116479_23465146.jpg
f0116479_23472742.jpg

玄関部分です
f0116479_23501754.jpg

f0116479_23505715.jpg

コンコース内部。
f0116479_2354517.jpg

f0116479_23563973.jpg
f0116479_23571416.jpg
f0116479_23574358.jpg

照明具も当然アールデコ調です。
f0116479_015275.jpg
f0116479_022356.jpg

この扉からホームへ向かいます。
f0116479_0195215.jpg

f0116479_03854.jpg
f0116479_034369.jpg

六甲山頂への主要な交通機関の一つであったロープウェイは戦時中に廃止されてしまいましたがケーブルカーは運良く生き残りました。創業時の姿を留めるこの駅舎は六甲山の発展を支えた貴重な歴史遺産でもあります。
f0116479_019914.jpg


by sunshine-works | 2007-09-26 23:11 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/6431359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 神戸ゴルフ倶楽部 クラブハウス      神戸大学 六甲台本館 >>