2007年 08月 30日
旧三和銀行大石川支店(大正銀行灘支店)

神戸灘区の近代建築その3

国道2号線に沿ってさらに西へ歩を進めます。灘区のほぼ真ん中、大石川の交わる辺りに銀行が見えてきます。この建物は当初三和銀行の支店として建てられ、その後大正相互銀行の建物として最近まで使用されました。昭和11年築。設計者不詳。
f0116479_1641517.jpg

明治期から全国に建てられた銀行建築は時代を経るにつれそのスタイルも変化していきます。巨大な列柱を前面に並べ彫像やオーナメントを廻らせる典型的な銀行建築様式も昭和になると装飾要素が徐々に少なくなり、重厚で威圧的なイメージが薄まっていきます。昭和11年に建てられたこの建物もデザイン的にかなり表現を抑えた造りとなっていますが要所要所には従来様式の名残りが見られ、薄味ながらも旧来のスタイルを残しています。
f0116479_1642932.jpg

f0116479_17372761.jpg

銀行の象徴としてオーダー柱を備えていますが突出が少なく、壁の一部分のような印象です。
f0116479_1740265.jpg

f0116479_17413354.jpg

f0116479_18551264.jpg

f0116479_1741166.jpg

f0116479_17422937.jpg

エントランスは前面中央に1箇所。
f0116479_1744721.jpg

f0116479_1744498.jpg

1階窓の面格子です。捻り加減が一風変わっています。
f0116479_17451716.jpg

東側からの眺め
f0116479_1746143.jpg

f0116479_17474439.jpg

西側から。中央に煙突が見えます。
f0116479_17465695.jpg

昭和10年代前半は実質的には戦前建築の最終期(統制により軍事施設以外の大規模建造物の建設が禁止されます)であり、戦後再開された銀行建築は機能・実用優先の味気ないデザインが主流になっていきますのでこの建物は銀行が銀行然としていた時代の最後の姿かもしれません。
f0116479_1625650.jpg

残念ながら平成19年6月でこの支店は統合され廃店となってしまいました。新聞報道によると取り壊して売却されるそうです。神戸市内で最後の戦前築の銀行店舗だったこの建物、再生する手法はないものでしょうか。
f0116479_1754733.jpg


by sunshine-works | 2007-08-30 19:03 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/6238262
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 第二地方銀行 at 2007-10-13 08:36
タイトル : 大正銀行
地方の衰退が著しいです。地方が活性化するためには、第二地方銀行に頑張ってもらわないといけません。第二地方銀行とは、社団法人第二地方銀行協会の会員のことで、金融庁の「免許・登録業者一覧」に於いて「地域銀行/第2地方銀行」とされた銀行のことです。もちろん、地方..... more


<< 関西電気保安協会神戸支部      鈴木薄荷事務所・工場 >>