2007年 07月 23日
旧魚崎町役場

神戸東灘区の近代建築その5

現在の東灘区にあたる一帯は神戸市に編入される昭和25年までは幾つかの町や村に分かれていました。
区の中央に位置する魚崎もかっては魚崎町として独立した自治体でした。この建物は魚崎町役場として昭和12年に建てられたものです。設計:清水栄二設計事務所
f0116479_2255593.jpg

清水栄二の代表作である御影公会堂から4年後の作品ですが印象はかなり異なります。役場と公会堂という用途の違いからなのでしょうか。
f0116479_22554784.jpg

f0116479_2354216.jpg

f0116479_22525772.jpg

町役場として建てられたこの建物ですが、神戸市と合併後は診療所や文化センターを経て現在は区民センター分館として使用されています。
f0116479_2302452.jpg

装飾のほとんどは正面に集中しています。
f0116479_22575241.jpg

玄関ホールの庇
f0116479_22571727.jpg

ビスケットやウエハースを連想させる正面ファサードの飾り
f0116479_22581417.jpg

正面入口の飾り縁
f0116479_22582661.jpg

側面および裏面です。軒蛇腹以外は飾り気がほとんどありません。
f0116479_2332881.jpg
f0116479_234787.jpg

f0116479_235139.jpg

側面の入口
f0116479_23284991.jpg


御影公会堂もそうなのですが、この建物も水害、戦災、震災と3つの大きな災害を乗り越えて来ました。早くから耐震構造に着目していた清水栄二の設計した建物は同時代の建物の中でも頑丈な造りであった様です。(次回紹介する高嶋平介邸も阪神淡路大震災に際して周辺の建物郡が倒壊する中無傷で残りました)

***************************************
道を挟んで向かい側には同じく清水栄二が設計した魚崎小学校が建っていました。現在の魚崎小学校は元のイメージのまま2001年に建替えられたものです。清水栄二は神戸市内に数多くの学校を建てました。この魚崎小学校は市内で最後まで残っていた清水栄二設計の小学校でした。
f0116479_2312464.jpg

f0116479_23184167.jpg

中央の円筒形の階段室が印象的です。
f0116479_2313124.jpg


by sunshine-works | 2007-07-23 22:42 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/5959499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧高嶋平介邸(甲南漬資料館)      御影公会堂 >>