2007年 07月 11日
菊正宗酒造本店

神戸東灘区の近代建築その2

東灘区には前回紹介した灘中学・高校の母体となった灘育英会の出資者である嘉納家(本嘉納家、白嘉納家)に関連する建物が残っています。その幾つかを順に紹介していきたいと思います。初回は清酒菊正宗の本嘉納家の本店建物です。
f0116479_20432360.jpg


区の南部、海岸線に沿って東側の魚崎郷から西の御影郷へ名だたる清酒銘柄の工場や酒蔵が続いています。御影郷にあるこの菊正宗酒造の建物は大正14年に建てられ現在も本店として使用されています。この界隈の酒造会社の中で唯一残る大正期の建物です。
f0116479_20462065.jpg

f0116479_21162080.jpg

設計施工は宮崎工務店となっています。宮崎工務店については当事兵庫県内でも幾つかの建築を施工しているようなのですが、いろいろ調べてみても詳細は判りませんでした。

建物の三方が道路に面しており東と北面に入り口が設けられています。こちらは東面です。
f0116479_2194761.jpg

f0116479_20474236.jpg
f0116479_20485849.jpg
f0116479_20492099.jpg


本館建物に隣接する別棟。倉庫か作業場なのでしょうか。
f0116479_20505360.jpg
f0116479_2051950.jpg


北側が正面入り口になります。
f0116479_20562762.jpg

f0116479_20523562.jpg

宮内庁御用達の看板が掲げられています。
f0116479_20451394.jpg

f0116479_20532063.jpg

f0116479_21132815.jpg

こちらは西側の面です。
f0116479_20543527.jpg
f0116479_20553421.jpg


建物裏側。奥が本館、手前が別棟です。
f0116479_2104455.jpg


大正14年の竣工当時、木造や漆喰塗の蔵が並ぶ中に現れたモダンな石張の建物はその後日本一の生産量を誇るに至った同社のシンボルとして大切に使われて来ました。今の規格からは少々使い勝手の悪い建物かもしれませんが伝統産業である酒造会社の本社に相応しい風格は何物にも代えがたい物だと思います。
f0116479_2142221.jpg


by sunshine-works | 2007-07-11 21:28 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/5859891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from においの事件簿 at 2008-05-08 08:57
タイトル : 戦略大熊猫
 地震で目が覚めたなんて久しぶりの体験でした。「おっ! これはキタか?」と思わず身構えてしまったほどの揺れでしたが、深刻な被害は発生しなかったようで何よりでした。  で、朝事務所にやってくると。……別にこちらも何事もなかったのですが、ぼちぼち始まってい...... more


<< 白鶴美術館      灘中学・高校 >>