2007年 07月 03日
旧山口吉郎兵衛邸(滴翠美術館)
芦屋の近代建築その6

芦屋川を越えて西へ、旧山邑邸と川を挟んだ反対側の山芦屋町も大きな屋敷が並ぶ古くからの邸宅街です。
この一角に陶磁器や日本の美術工芸品を展示する美術館が開かれています。この建物は山口銀行(三和銀行の前身)を創設した山口吉郎兵衛の邸宅を利用したものです。
設計者 安井武雄 昭和8年築。

f0116479_1975692.jpg


建物は2つの棟に分かれています。こちらは美術館として使用されている棟の玄関部分です。
f0116479_18522866.jpg

f0116479_19171549.jpg

f0116479_1964151.jpg

f0116479_19252569.jpg
f0116479_19243845.jpg

玄関扉にはこのようなオブジェ風の装飾が取り付けられています。
f0116479_1928222.jpg


美術館の側面部分です。
f0116479_204276.jpg

f0116479_20152273.jpg


安井武雄はかって大阪倶楽部や野村ビル等独特の様式のビルを手がけましたが、この個人邸も和と洋が渾然とした何とも不思議な雰囲気を持っています。
f0116479_20154669.jpg



東側部分。植栽と塀に囲まれた庭に面しています。
f0116479_19363145.jpg
f0116479_1937452.jpg

f0116479_19394661.jpg
f0116479_19403772.jpg

建物裏手、西側からの景色。
f0116479_19595431.jpg

f0116479_2001513.jpg


北側の棟は現在使用されていないようです。
f0116479_2082350.jpg

f0116479_2051314.jpg

こちらの玄関の柱は円柱です。
f0116479_2062779.jpg

天守のような塔屋
f0116479_20125956.jpg

北側からの眺め
f0116479_2030216.jpg

f0116479_20271799.jpg

f0116479_20275398.jpg


この邸宅の当主であった山口吉郎兵衛氏の個人コレクションを公開するために昭和39年に美術館として改装されました。個人の邸宅を美術館や博物館として転用する例は多く見られます。美しい美術品と優れた建築物を共に鑑賞出来るすばらしいコラボレーションです。
f0116479_19155162.jpg


by sunshine-works | 2007-07-03 21:19 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/5791233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 灘中学・高校      旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館) >>