2007年 06月 29日
旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)
芦屋の近代建築その5

阪急線を越えて坂道を上っていくと大きな屋敷が並ぶ芦屋の山の手エリアになります。街並みを見下ろす斜面の頂上に建つこの建物はフランク・ロイド・ライトが日本に残した建築物の中で唯一完全な形で現存する邸宅です。*1974年、重要文化財指定
f0116479_136560.jpg

f0116479_042072.jpg

f0116479_0315940.jpg


清酒「櫻正宗」の酒造元である山邑家の別邸として大正13年に建てられました。
F・Lライトの基本設計を基に弟子の遠藤新、南信が引継いで完成させました。(着工時にはライトはすでに帰国していました)
f0116479_0324191.jpg

f0116479_0331755.jpg


大谷石を主材として全体を複雑な彫刻やレリーフで飾る外観は甲子園ホテル(設計:遠藤新)や帝国ホテルに共通するこの時代のライトに特徴的な様式です。
f0116479_0342673.jpg

f0116479_10368.jpg

f0116479_151331.jpg

f0116479_113663.jpg

f0116479_1233957.jpg


屋上のテラスの様子です。遥か大阪湾を望む街並や六甲の山並みが広がります。
f0116479_1134643.jpg
f0116479_113383.jpg
f0116479_1131954.jpg

f0116479_1173699.jpg

f0116479_1191998.jpg
f0116479_119534.jpg
f0116479_120934.jpg


整然と並ぶ石の門のような物は明かり取窓の飾り枠です。
f0116479_119392.jpg

f0116479_202940.jpg

f0116479_13168.jpg



建物北側及び裏側部分です。
f0116479_1274735.jpg
f0116479_1282554.jpg

f0116479_1261949.jpg
f0116479_1264763.jpg
f0116479_127834.jpg


山邑家がこの邸宅を使用していたのは大正13年の竣工から昭和10年までのわずか10年あまりでした。その後は進駐軍の接収を経て昭和22年に淀川製鋼所の所有となりました。
大規模な修復工事を実施したり、阪神大震災による被害を補修するなど80年以上前の建築物とは思えない良好な状態が保たれています。
優れた建築物を所有者の責務として大切に維持していくこの様な姿勢は大手企業ならではの良識を感じさせます。

f0116479_030566.jpg


by sunshine-works | 2007-06-29 23:43 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/5757588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧山口吉郎兵衛邸(滴翠美術館)      芦屋仏教会館 >>